\Instagram初めました/

格安ミニLEDプロジェクター「TENKER」試用レビュー/特徴などまとめ(クーポン情報あり)

TENKER様から商品を提供していただいたのでレビューします。

同時に1,000円割引のクーポンもいただいたので、購入を考えている方はぜひ利用してください。

TENKERのプロジェクターは、最近人気の中華製の格安プロジェクターの一つです。

中華製のコスパの良い製品が続々と販売され、ホームシアターもお手頃価格で楽しめるようになってきました。

「ホームシアターに興味はあるけど、何を買っていいか分からない」
「1万円以下のプロジェクターって実際映りはどうなの?」

と言う方はこの記事を読んで参考にしてください。

TENKERとは

中国の家電製品のメーカーです。

家庭用品を中心に扱っており、DBPowerを製作している会社と同じ会社になります。

そのため、プロジェクターに関しては格安プロジェクターの中でも安定の評価があります。

※本記事執筆時点でTENKERのプロジェクターは9位にランクインしています。

TENKERのスペック

簡単に製品のスペックを記載します。

明るさ 1800ルーメン
コントラスト比 2000:1
解像度 800*400(フルHDまで対応)
台形補正 あり(垂直補正±15度)
投影サイズ 38 – 100インチ
投射距離 1.16 – 3m
入力ソース USB/SDカード/HDMI/AV/VGA
製品サイズ 198*158*68
重量 950g

わずか7,990円(クーポンで更に1,000円引き)で1800ルーメンかつ、フルHD対応という点はかなりコスパが良いと評価できますね。

HDMIの入力にも対応しているのでAmazon FireTVStickを利用しての映画鑑賞も可能となっています。

唯一気になるのはスピーカーの接続がBluetoothではなく、有線というとこですね。

付属品等

パッケージは真っ黒で金色の文字というちょっと高級感ある見た目。(最近の中国メーカーはこういうパッケージが多いイメージ)

f:id:taaaaho:20180304174915j:plain

実際の中身を観てみると、本体とリモコンなどの付属品及び取り扱い説明書が入っています。

f:id:taaaaho:20180304174929j:plain

開けて観てまず驚いたのが本体の小ささです。想像していたより遥かに小さくて軽いです。このサイズと軽さなら持ち運んで出先でプロジェクターの映像を楽しむということもできなくもなさそう。

f:id:taaaaho:20180304174948j:plain
iPhone7を隣に置くと小ささがわかる

付属品は、以下の4つ
・取扱説明書
・リモコン
・電源ケーブル
・音声用ケーブル

f:id:taaaaho:20180304175040j:plain

リモコンは電池が付属しておらず、別途単四電池が2つ必要です。

取扱説明書は全て日本語での記載があるので安心してください。

ケーブル系は側面に差込口があります。

f:id:taaaaho:20180304175135j:plain
左からスピーカー/AV/SD/HDMI/USB/VGA

正面のレンズにはキャップが付いています。

f:id:taaaaho:20180304175316j:plain
キャップを外した状態(手前のがキャップ)

プロジェクター上部には、電源などの各種操作ボタンや垂直台形補正用のレバーとピント調節用のダイヤルがあります。

f:id:taaaaho:20180304175836j:plain

TENKERでAmazonプライムビデオを観る

さっそく、実際にTENKERのプロジェクターで映像を楽しんで観ました。

プロジェクターの電源を接続して、FireTVStickを差し込むだけで準備は完了です。

f:id:taaaaho:20180304181149j:plain

電源ボタンを押すと起動します。

関連記事:プロジェクターとAmazon Fire TV Stickでお手軽ホームシアター!

起動時は多少音が気になりましたが、実際に映像を楽しんでいるとそこまで気にならなくなります。

f:id:taaaaho:20180304175949j:plain
暗めのシーンでもこれだけ映ります(文字もしっかり読める)

実際の映像自体もピントを調整してあげると結構くっきりと映ります。

真正面から投影しないと、画面の端にいくほどピントが緩くなるので置き場所には注意が必要ですが、この価格帯にしては十分な映像が楽しめます。

f:id:taaaaho:20180304180054j:plain
この価格帯にして十分な映り

いろんなシーンを観てみましたが、いずれも十分綺麗な映像を楽しむことが可能です。

f:id:taaaaho:20180304182111j:plain

f:id:taaaaho:20180304182133j:plain

FireTVStickを使用すればスマホとの接続も簡単なため、ホームシアターだけでなく、人が集まったタイミングでスマホ内の写真や動画を大画面での楽しむといった使い方も可能です。

これ一つあるだけで楽しみ方は大幅に広がりますね。

試用して感じた特徴まとめ

・小さくて軽いので持ち運びも可能
・映像観ている時は音はそんなに気にならない
・映像は価格帯にしては十分すぎるほど綺麗
・角度調整は可能だが、基本は真正面から投影する必要あり
・ピントが画面の端にいくほどゆるい
・ある程度周りを暗くして利用するのがお勧め
・HDMI対応でFireTVStickの利用が可能
・スピーカーは有線で接続する必要あり
・リモコンの受電部分が背面にある

TENKERの1000円割引クーポン(2018/5/31まで)

今回はTENKER様から1000円引きのクーポンも提供してもらっています。

Amazonでの購入時に以下のクーポンを入力してください。

f:id:taaaaho:20180304181534p:plain

クーポンが適用されると、請求金額から1000円割引が行われます。

f:id:taaaaho:20180304181604p:plain

TENKER 1000円割引クーポン:ZDDRHDZK

まとめ

実際に試用して観ての率直な感想は、ホームシアター用のプロジェクターを買うか悩んでいる人にとっては買いだと思います。

僕みたいにテレビの代わりに使うという人だと、もっと上位機種を買うべきだと思いますが、ホームシアターとしてたまに映画を大画面で観たいという方にはお勧めです!

クーポン利用で7,000円で購入可能なので試しに買ってみても良いかなと思います。

本記事で紹介した商品

 

あわせて読みたい

格安プロジェクターとEPSONのホームシアタープロジェクターって実際映り違うのか?を検証しました!

【徹底比較】中華製格安プロジェクターとEPSONのホームシアター用プロジェクターの映りの違いを見比べてみた

各種格安プロジェクターをスペックで評価してみた。

格安プロジェクターが続々と!スペックで見た各価格帯のおすすめプロジェクターを紹介するよ!

プロジェクターさえも声で起動できるようにしました!お手軽IoTでスマートホーム化してます。

Nature Remo(ネイチャーリモ)とAmazon Echo(アレクサ)を連携して声でエアコンなどの家電を操作する(Nature Remo Smart Home Skill)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です