1万円以下から始めるホームシアター

Switch Bot(スイッチボット)家のスイッチをIoT化!使い方・操作方法を解説!

スマートリモコンやスマートスピーカーなどお手軽IoTを活用したスマートホーム化を進めています。リモコン関連の操作であればスマートリモコンで事足りるのですが、スイッチやボタン式の家電、部屋や廊下の照明の壁に付いているスイッチなど物理ボタンはスマートリモコンでは操作できません。

そこで活用したいのが「Switch Bot(スイッチボット)」です。スイッチボットを利用することで壁のスイッチなどもスマホやAmazon EchoやGoogle Homeから操作が可能になります。

これで布団に潜った状態で廊下の電気も消せますね!!!←

 

Switch Bot(スイッチボット)とは

スイッチボットはその名の通り、スイッチを押してくれるロボットです。IoTグッズと聞いて初めて聞いた時はワクワクしながら商品を見ましたが、本当にそのままスイッチを押すだけのロボットでびっくりしたのを覚えています。笑

公式の紹介動画を貼っておきます。

シンプルなロボットのわりには結構値段しますが、実際にあると便利なのは間違いないです。

ベットに潜ったあとに廊下の電気ついているのに気づいた時とかね、本当消しに行くのめんどくさいからですね。←

とまあ僕の使い方はリモコンに対応していない照明の操作ですが、スイッチ式のものであればだいたいの家電は操作が可能です。そのため、使い方によって活用方法はかなり広がりますね。

 

物理ボタンのON/OFF操作が可能

メイン機能であり、唯一の機能です。

スイッチボットは「スイッチを押す」だけでなく、「引っ張る」ということも可能です。つまりスイッチの形状に関わらずオンとオフの操作が可能ということです。

 

 

スイッチボットの付属品等

付属品は以下の画像の通りで、本体と説明書、設置用の両面テープなどになります。

本体は小さくて、裏面に両面テープが貼ってあります。3Mの強力なやつです。

説明書は1枚ぺらの簡単なものと替えの両面テープ、スイッチオフで引っ張るタイプのスイッチ用のテープが付属しています。

シンプルな内容です。

スイッチボットの使い方

実際にスイッチボットを取り付けて使用してみます。

設置方法は両面テープ

付属品の両面テープを使用してスイッチボットを取り付けます。取り付ける前に念のため、実際に動作をした時にスイッチを押すことが可能かはチェックするようにしてください。

この両面テープがなかなか強力なため、一度付けると付け替えが大変です。。。

 

 

専用アプリでオンオフを制御

SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

 

スイッチボットの操作は専用のアプリを用いて行います。Bluetoothでの接続及び操作です。

アプリを立ち上げると勝手に近くのスイッチボットを認識して画面上に表示されます。後はタップするだけで動作します。

歯車マークをタップすると設定画面になり、そこで名称やタイマーなどちょっとした設定が可能です。

 

 

Amazon Echoを利用して声での操作も可能

スイッチボット単体ではAmazon EchoやGoogle Homeからの操作は行えませんが、以下のどちらかの方法で連携が可能です。

スイッチボットを声で操作する2つの方法
  1. Switch Linkを利用する
  2. Raspberry Piを利用する

1.Switch Linkを利用する

Switch Link(スイッチリンク)はスイッチボット専用の製品でWifiと接続が可能となっています。スイッチリンクを利用することでスマートスピーカーを経由して声でスイッチボットを操作したり、外出先からもスイッチボットの操作が行えるようになります。

Amazon Echoではスマートホームスキルとして登録されているので、「アレクサ、廊下の照明消して」とかで消すことが可能です。

設定方法は公式サイトに解説があります。(英語ですが。)

参考 How to connect to AlexaSwitchBot

※Google Homeとの接続にも対応しています。

2.Raspberry Piを利用する

Raspberry Piは通称「ラズパイ」と呼ばれるもので小型のPCになります。こちらの方ができることは汎用性がありますが、ある程度プログラミングに対しての知識や理解が無いと厳しいです。

僕はラズパイを既に持っているのでラズパイを利用してスイッチボットを操作しています。

ラズパイ(Raspberry Pi)からSwitch Bot(スイッチボット)を操作する手順を解説

ラズパイからスイッチボットを操作する際には、IFTTTというサービスを利用すします。IFTTTはスマートホーム以外にも各種サービスを連携するのにも使えるため、興味がある方はぜひ触ってみることをオススメします。

IFTTT(イフト)とは?Amazon EchoとNature Remoを連携できる便利サービスの使い方

よくある活用方法がスマートスピーカーとスマートリモコンの連携ですね。僕も使い始めはそこからでした。

 

まとめ

スイッチボットはシンプルにスイッチを押すだけのボットですが、活用方法はかなり広いです。アイディア次第でいろんな製品がIoT化できますね。

スイッチボット以外にも様々なIoT製品が簡単に使えるようになってきており、スマートホームの波を感じています。

まだ、家庭にIoTを取り入れている方は少ないかと思いますが、Amazon EchoやGoogle Homeが普及したことにより需要がだんだんと高まってきています。今後はより生活が便利になるIoT製品が続々と発売されていくと思っています。

便利な生活をしたい方やガジェット好きにはオススメしたいですね。

IoT製品は以下の記事でまとめているので参考にしてください。

オススメのIoT製品を紹介!スマートホームを実現して生活の質をあげよう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA