ペイペイ(PayPay)第2弾100億円キャンペーンを最大限に活用するには?

昨年末に100億円ばら撒きキャンペーンとして利用額の20%を利用者に還元していた電子マネーのPayPay(ペイペイ)ですが、2月12日から100億円ばら撒きキャンペーンの第2弾が実施されることが発表されました。

第1弾は「100億円還元した時点でキャンペーン終了」だったのでキャンペーンに参加できずに終わった方も多いかと思います。

第2弾はキャンペーン内容が前回とは少し異なっているため、キャンペーンの詳細と最大限に活用する方法を紹介します。

お得なキャンペーンを最大限に利用していきましょう。

 

第2弾100億円キャンペーンの概要

2月4日に発表されたのが第2弾100億円キャンペーン。

開始は2月12日の午前9時からとなっています。

キャンペーンの内容は大きく2つです。

  • PayPayで支払い時に最大20%還元
  • PayPayで支払い時に抽選で最大1,000円還元

 

PayPayで支払い時に最大20%還元

20%還元は第1弾と同様ですが、第2弾は最大20%還元となっており支払い方法に応じて還元率が異なります。

そのため、お得に活用するにはPayPay残高で支払うかYahoo!JAPANカードで支払う必要があります。

PayPay残高で支払う方法

20%の最大還元率を受けられる方法ですが、残高をチャージするまでの手順が少し手間です。

  1. Yahoo! JAPAN IDの連携を行う
  2. 銀行口座/Yahoo! JAPANカードを登録する
  3. PayPay残高にチャージする
  4. PayPay残高で支払う

詳細はPayPay公式サイトを参照してください。

 

Yahoo!JAPANカードで支払う方法

PayPay残高の還元率には劣りますが19%と十分な還元率が得られるのがYahoo!JAPANカードでの支払いです。

PayPay残高チャージと比べるとクレジットカードをPayPayに登録するだけなので非常に楽です。

個人的におすすめなのもYahoo!JAPANカードでの支払いです。

Yahoo!JAPANカードは年会費永年無料でカードを作るだけで4,000円、カードを3回利用すると更に6,000円、合計1万円相当のTポイントがもらえます

PayPayで支払い時に抽選で最大1,000円還元

第1弾でもあった抽選での還元が今回もあります。

支払い方法に応じて還元確率が異なり、PayPay残高かYahoo!JAPANカードでの支払いの場合のみ当選する可能性があります。

高還元を狙うならPayPay残高での支払いかYahoo!JAPANカードでの支払いがオススメです。

 

第1弾100億円キャンペーンとの違い

第1弾100億円キャンペーンはPayPayのサービスがリリースされた直後に実施されており、その後セキュリティ的な問題なども発生したためPayPayでの支払いに利用制限などが追加されています。

ここでは第1弾キャンペーンとの違いについて記載していきます。

一定期間内のクレジットカードでの利用限度額が設定されている

第1弾キャンペーンはクレジットカードの利用限度額の制限が無く、単純に「PayPayでの支払いで20%還元、還元の最大金額は5万円まで」となっていたため20万前後の高額家電などを購入する人が多くいました。

キャンペーンを最大限に活かすためには25万円分PayPayで支払って5万円の還元を受けるのがお得だったからです。

しかし、クレジットカード利用に関するセキュリティ的な問題が見つかるなどしたため、クレジットカードの利用は一定の制限がかかるようになりました。

※2019年2月7日現在は既にセキュリティ対策がなされているため、PayPayでクレジット払いをすること自体は問題ありません。

具体的には以下の対応が行われています。

  • クレジットカードのセキュリティコードを一定回数間違えるとロックする
  • 本人確認の手順を追加(本人確認をしていない場合は利用可能額に大幅な制限をつける)

そのため、現在は以下のように利用制限が設けられています。

本人認証をされたクレジットカードでのお支払い時の上限金額は、過去24時間で2万円、過去30日間で5万円になります。
本人認証をされない場合、クレジットカードでのお支払い時の上限金額は、過去24時間および過去30日間で5千円になります。
クレジットカードご利用時の上限金額の変更について

5万円以上の支払いをPayPayで行いたい場合はPayPay残高に銀行口座からチャージするかYahoo!マネーを利用する必要があります。

 

Yahoo!クレジットカード以外のクレジット利用時の還元率が10%に

第1弾ではどのような支払い方法でもPayPay経由であれば還元率が20%となっていました。

そのため、残高チャージなどが不要な手持ちのクレジットカードを登録して支払いをしていた人が多いかと思います。

しかし、今回はYahoo!JAPANカード以外のクレジットカードだと還元率が大幅に下がります。

そのため、チャージ不要で簡単に支払いを行いたい場合はYahoo!JAPANカードを作成する必要があります。

幸いYahoo!JAPANカードは入会金・年会費が無料で今なら作成するだけで4,000円分のポイントももらえるためこの機会に作成しておくのも良いかと思います。

 

 

決済時に確率で当たる還元の上限が1,000円に

第1弾では抽選で当たれば支払い金額が全額還元(最大10万円まで)となっていましたが、今回はそこが大幅に削減され、還元の上限が1,000円となっています。

その代わりに抽選の当選確率が大幅に上がっています

前回はYahoo!プレミアム会員で「10回に1回の確率で当選」となっていなかったのが、第2弾はPayPayユーザーでPayPay残高またはYahoo!JAPANカードでの支払いであれば「10回に1回の確率で当選」となっています。

さらにはYahoo!プレミアム会員に至っては「5回に1回の確率で当選」とかなり当選の確率が上がっています

第1弾は高額商品を購入して大きく還元を得るようなキャンペーンとなっていましたが、第2弾はコンビニなどの日常の支払いでコツコツと還元を得るキャンペーンになったと言えそうです。

 

Yahoo!JAPANカード以外は確率還元が無しに

PayPay残高、Yahoo!JAPANカードでの支払いの場合は当選確率が第1弾と比べると大幅に上がりましたが、Yahoo!JAPANカード以外のクレジットカードで支払いをした場合は当選還元が無しになりました。

第1弾で大盤振る舞いした分、第2弾は着実に固定ユーザーを増やそうとキャンペーンの内容を変えているようです。

 

100億円キャンペーンを最大限に活用するには

以上で第2弾100億円キャンペーンの内容と第1弾との違いを説明しました。

ここからは「じゃあどうすればもっともお得にキャンペーンを活用できるのか」です。

 

Yahoo!JAPANカードの作成がオススメ

まずPayPayで支払いをする下準備として以下の2つが考えられます。

PayPayキャンペーンを活用するための下準備
  • Yahoo!JAPANカードを発行する
  • Yahooプレミアム会員に登録する

上記の下準備を行うことでPayPay支払い時の高還元・高確率当選が期待できます。

しかしYahooプレミアム会員は月額税抜462円と有料会員になるため、普段からYahooを利用しない場合はあまりオススメしません。

個人的にはYahoo!JAPANカードの発行がオススメです。

Yahoo!JAPANカードの発行は無料で行えて、さらに最大1万円分のポイントも得られるためです。

Yahoo!JAPANカードであれば、少額決済時はPayPay経由のクレジットカード払い、5万円以上の高額決済時はPayPay残高にチャージしてのPayPay残高支払いがオススメです。

 

日常的な買い物で少額決済をしていくのがオススメ

PayPayはクレジットカードを登録しておくと、いちいちチャージなどをしなくても決済金額を自動的にクレジットカードから引き落としてくれるのが便利な点です。

そのため、クレジットカードをPayPayに登録してそれで支払いを行うのがオススメです。

また、セキュリティの観点より一定期間での利用上限が決まっているため、前回のように高額決済よりもコンビニや外食など日常的な支払いでの利用がオススメです。

PayPayで支払いを行うたびの確率当選で支払った金額が戻ってくることもあるため、とにかく利用回数を増やすのがお得に利用するポイントとなりそうです。

Origami PayやLINE Payなど様々な電子決済サービスが増えてきている中でPayPayを日常的に使わせるためのYahooとソフトバンクの戦略が見えますが、お互いに利益のあるキャンペーンなので是非とも乗っかりたいところです。

僕自身第1弾の時は高額決済でカメラなど購入しましたが、第2弾では日常的に利用することを意識しています。

【α7Ⅲレビュー】初心者にもオススメ!ソニーのフルサイズミラーレス機の特徴と使い方

第1弾はあっという間にキャンペーンが終わりましたが、第2弾は長く続きそうですね。

お得なキャンペーンを最大限に活用していきましょう!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA