1万円以下から始めるホームシアター

【Really Simple SSL】mixhostならSSL化もワンクリックでOK!プラグイン利用で手順も簡単!

つい先週はてなブログからmixhostに乗り換えました。

目的としてはサイトスピードの強化とSSL化です。

はてなブログからSANGOに乗り換えたらサイトが爆速になった件

もちろんデザイン面などもありましたが、どちらかと言うと上記の2つを意識しての乗り換えでした。

そしてサーバー移転からほんの1週間でSSL化も完了させました。

驚くほど簡単に完了してあっけない感がありましたが、一旦環境的な面では目標としている部分に近づいたかなと思っています。

SSL化とは

SSL(Secure Sokets Layer)はインターネット上でデータを暗号化して送受信するプロトコルです。

「https」から始まるURLの事を指しており、第三者にデータを盗み見られたり、改ざんされるリスクを減らすことができます。

ECサイトなどで個人情報やクレジットカードの情報を入力するページなどでSSLが活用されています。

にゃー

個人のブログは個人情報とか入力しないからSSLとか意味あるの?
SSL化することがブロガーのメリットにも繋がるようになってきてるよ

師匠

SSL化のメリット

SSL化のメリット
  1. 安全性の証明を提示できる
  2. 表示速度の向上に繋がる
  3. SEOの強化

1.安全性の証明を提示できる

SSL化は第三者から情報を盗み取られるリスクを大幅に低減させるだけでなく、なりすましのサイトなど詐欺のサイトではないと言う証明を行えることを指します。

SSL化を行うには証明書が必要であるためです。

パッと見ただけでこのサイトはしっかりしていて安全なサイトだと訪問者に認識してもらえるようになります。

もちろんこのサイトはSSL化済みなので安心してください。笑

2.表示速度の向上に繋がる

SSL化すると表示速度が遅くなるといった話しを聞いたことがある方もいると思いますが、技術的には速度の向上が期待できます。

SSL化を行うと、「HTTP/2」と言う高速表示のプロトコル(通信の規格)が使用できるようになります。

そうすることでサイトの表示速度の向上が期待できます。

また、mixhostの場合、HTTP/2の欠点を補った上位のプロトコル「QUIC」も併用して使用されるため、SSL化することでよりサイトの高速表示が期待できます。

※QUICはGoogleが開発した最新のプロトコルで、日本のレンタルサーバーではmixhostが初の導入となっています。

 

3.SEOの強化

これをよく聞く人もいるかと思いますが、Googleが明言している内容になります。

ただ、それって2014年から言われているので実際どの程度の影響があるかは分からないし、今更感はあります。
(現状だとhttpでも上位表示しているサイトは普通にあるので。)

ただ、近年Googleのhttp廃止感が激しくなってきているので、今後はSEOにも影響してくる可能性が考えられます。

※2018年7月からはhttpのサイトはツールバー上に「保護されていない通信」と表示されるようになるようです。
(「Not secure」が日本語だと「保護されていない通信」になります)

サイトを訪れている訪問者としては、訪れているサイトに「保護されていない通信」とか表示されていたら嫌ですよね。。。

なので直接的にSEOに影響がなくとも、間接的に影響が出てくる可能性があります。

そのため、可能であれば早い内にSSL化を進めておくのが○です。

 

mixhostでSSL化を行う手順

mixhostも推奨している「Really Simple SSL」と言うプラグインを使用することで一瞬でSSL化が完了できます。

参考 WordPressのSSL対応方法mixhostヘルプセンター

mixhostはエックスサーバーなど他のレンタルサーバーが採用している「Let’s Encrypt」ではなく世界シェアNo.1の「COMODO社」のSSLを使用しています。

mixhost

 

1.SSL証明書の取得

mixhostで独自ドメインなどを登録してしばらくすると、「AutoSSL certificate installed!」といった件名のメールが届きます。

このメールが届いた段階でSSLの証明書が発行されているのでSSLが可能となります。

 

2.Really Simple SSLのプラグインをインストール

プラグインを検索してインストールしてください。

このプラグインを有効化すると次のような画面が表示されます。
この画面で「はい、SSLを有効化します。」をクリックすればSSL化は完了です。

 

Really Simple SSLがやってくれること

だいたい以下のようなことを勝手にやってくれます。

Really Simple SSLがやること
  • サイトのURLを「http」から「https」に更新
  • 「http」のページから「https」のページにリダイレクト
  • リンクの自動置き換え

試しに一般設定などを見てみると、実際に書き換わっています。

また、httpのアドレスにアクセスしようとすると勝手にhttpsにリダイレクトされることも分かります。

本当にボタン一つだけなので10秒程度でSSLが完了してしまいます。mixhostさんさすがっす。

 

SSL化すると速度が遅くなる?

これちょっと困惑したので共有しておきます。

先ほど記載したようにSSL化はサイトの表示高速化に繋がりますが、SSL化直後は安定しないのか表示速度が急激に落ちたりします。

サイトの表示速度を計測するGTmetrixで計測したところ、SSL化前はBだったものがSSL化後にDにまで劣化しました。
(狼狽してなぜかmixhostにヘルプの問い合わせしたらサポート対象外とあしらわれましたww)

ただ、現在はまた表示速度は元の水準程度には戻っているので安心して良いと思います。

SSL化前

SSL化直後

 

SSL化から数日後

 

こうしてみると、若干だけ速度向上(0.2秒)してますね。ゆうて誤差程度ですが。

とは言えSSL化した上で速度が劣化していないのであれば単純にプラス効果が期待できます。

 

まとめ

  • SSL化することで複数のメリットが教授できる。
  • mixhostならSSL化は3分あれば余裕で行える
  • SSL化直後は速度落ちるかもだけど回復するから安心して

基本的にSSL化がメリットが多いです。mixhostであればSSL化の手順も簡単(と言うかボタン押すだけ)なのでまだSSL化を行なっていない人はサクッとやってしまうと良いと思います。

特にSSL化した時の高速表示プロトコル「QUIC」はエックスサーバーでも採用されていない機能なので、SSL化するならmixhostに乗り換えとかもありかなーと思います。(宣伝)

あわせて読みたい

はてなブログからワードプレスに乗り換える全手順を細かくまとめてます。

はてなブログからmixhost × WordPress × SANGOへの移行手順を完全解説!

ワードプレスに乗り換えたら入れておきたいプラグイン達を紹介してます。

mixhost × SANGOにおすすめのWordPressプラグイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA