\仮想通貨は積立投資がオススメ/

はてなブログからmixhost × WordPress × SANGOへの移行手順を完全解説!

Googleに愛されるため(?)にはてなブログからワードプレスに乗り換えました。

その際にサーバーとテーマをmixhostとSANGOにしています。

はてなブログからSANGOに乗り換えたらサイトが爆速になった件

手順をまとめてくださっている方の記事を読みながらやったのですが、一部記載に漏れがあったりしてなかなか移行が完了しなかった(みなさんが1〜4時間程度で完了する処理で丸1日以上かかった。。。)ので今回自分でもまとめることにしました。

始めに

サイト移行は早い方が良い

はてなからワードプレスの乗り換えは本当に早いうちにした方が良いです。

乗り換えが早い方が良い理由
  1. 何かあった時のリカバリが少なく済む
  2. 記事の書き換えが最小限で減らせる
  3. 面倒なパーマリンクの修正も少なくできる

「いずれは乗り換えようと思っている」という人は今すぐ乗り換えることをおすすめします

 

乗り換えで一番の壁はDNSの切り替え

逆にここさえちゃんと理解できて作業ができれば後は単純作業です。

理解できない人は移行を有料で請け負ってくれる人に頼めば良いですが、正直はてなからワードプレスに乗り換えている人なんてごまんといるわけでそれなりにナレッジが溜まっていて実際そこまで大幅に失敗してデータが飛ぶなんてそうそうないかと。

DNS自体もそこまで難しいものではありません。

DNSの切り替えを行ったタイミングではてなブログのサイトにアクセスできなくなるので切り替えのタイミングは注意してください。
(1~2日程度サイトにアクセスできなくなったところで検索順位などにはそこまで影響しないので安心してください。)

はてなからmixhostへ乗り換える手順

簡単に言えば、サーバー契約してネームサーバーを切り替えるだけです。簡単。だけでは済ませられないので手順を記載していきます。

mixhostの契約(30日間無料体験あり)

まずはここからです。

mixhost公式サイトから「クレジットカード不要で今すぐ30日間無料お試し」をクリックしてください。

初期費用なども発生しないため、30日間は無料で使用できます。

途中で本契約に進むこともできますし、やっぱり微妙だなと思ったら契約を辞めることもできます。

プランはスタンダードで十分です。

この先はドメインを入力する場面などもありますが、独自ドメインで移行する場合は適当な値で大丈夫です。

それ以外は画面の指示に従って必要な情報を入力していけば登録は完了です。

これでサーバーの契約は完了です。簡単ですね。

 

独自ドメインの追加

続いて、契約したmixhostのサーバーにワードプレスをインストールします。

これもワンクリックで簡単にできるようになっています。

mixhostのcPanelにログインしてください。これはmixhost契約時のメールなどから飛べます。

「アドオン ドメイン」をクリックしてください。

表示された画面で現在はてなブログで使用している独自ドメインを入力します。

「ドメインの追加」をクリックすればドメインの追加は完了です。

 

WordPress(ワードプレス)のインストール

cPanelのメニューの下の方にワードプレスがあるのでクリックしてください。

するとワードプレスのアプリが開くので「Install Now」をクリックしてください。

どのドメインにワードプレスをインストールするかを入力する欄が表示されます。

はてなブログで独自ドメインを運営していた方は「プロトコルの選択」に「http://www.」を指定してください。

ドメインは先ほど追加したドメインを選択し、ディレクトリは「wp」と入力されているのを消して空白にしてください。

サイト名とサイト説明は好きなように入力してください。

管理者のアカウントはワードプレスのログインに使用するものです。ここも好きなように設定してください。

他の項目は特に設定する必要はありません。画面一番下の「インストール」をクリックすればワードプレスのインストールは完了です。

 

DNS設定変更(2箇所)

この作業をするとはてなブログ側のサイトにアクセスできなくなるので、記事の移行を先にやりたい方はここは一旦スキップしても大丈夫です。

この作業はドメインを取得したサイトでDNSの設定を変更する作業になります。

ただし、設定が即反映するわけではなく、早い人で1時間、遅い人で72時間かかる作業になります。

インターネット全体に設定が反映されてタイミングではてなブログに完全にアクセスできなくなり、代わりにワードプレスのサイトにアクセスできるようになります。

僕は「お名前.com」でドメインを取得したため、今回はお名前.comをサンプルに手順を紹介します。

基本的には他のサイトでも同様の設定を保持しているので設定箇所を探してください。

1.ドメインNaviにログインします。

「DNS」をクリックし、表示されたポップアップは「更新画面から移動する」をクリックしてください。

2.「ドメインのDNS関連機能設定」を変更する

基本は画像に従って進めてください。

僕は既に設定を変更したのでないですが、はてなブログで独自ドメインを設定する際に「CNAME」のレコードを設定しているかと思うので、そのレコードを削除してください。

「確認画面へ進む」をクリックして設定を反映させれば、DNSの2つの設定のうち1つが完了です。

3.ネームサーバーの設定を変更する

いよいよこの作業をするとサイトの切り替えが行われます。

「ネームサーバーの変更」をクリックし、設定変更するドメインを選択してください。確認画面は青い方をクリックしてください。

「他のネームサーバーを利用」をクリックし、「ネームサーバー情報を入力」の欄にmixhostのネームサーバーを指定してください。

以上で設定は完了です。

設定変更直後はまだはてなブログの方にも繋がりますが、時間が経つに連れてどんどんと繋がらなくなっていきます。

祈りながらひたすら待機

あとはひたすら祈りですね。

これがなかなか切り替わらなくて、設定間違えたのではないかと何回も設定確認したりしてました。。。

ちなみに僕は最初CNAMEのレコード削除が漏れていてネームサーバーの設定変更だけしていました。

そのため、10時間ほど立ってはてなブログにアクセスできなくなったのですが、はてなの404ページに飛ぶようになりました。

そのタイミングで何かおかしいと思って見てみたらCNAMEの設定が残っていたため、そのレコードを削除してほぼ丸1日後にやっと切り替えが完了しました。

まぁここが失敗していても記事がぶっ飛んだり、復旧不可能なレベルにはならないはずなので気長に待ちましょう。

記事の移行手順

サーバーの切り替えで待っている間に記事の移行作業をやってしまいましょう。

はてなから記事をエクスポート

まずはてなブログから記事をエクスポートします。

はてなブログの管理画面上から

設定 > 詳細設定 > エクスポート から記事のエクスポートが可能です。

「記事のバックアップと製本サービス」てとこです。

エクスポートした後にダウンロードをしてください。

 

WordPressで記事をインポート

続いて先ほどはてなブログからエクスポートした記事をワードプレスにインポートしていきます。

ワードプレスの管理画面から「ツール > インポート」と進んでください。

「Movable Type と TypePad」の「今すぐインストール」をクリックしてください。

そのまま「インポーターの実行」をクリックしてはてなブログでエクスポートしたファイルをアップロードしてください。

記事の移行自体はこれで完了です。

 

パーマリンクの編集作業

度々みなさんに騒がれているパーマリンクの設定作業です。

はてなブログでデフォルトのパーマリンク(日付形式)を使用していた記事はパーマリンクの修正が必要となります。

1.パーマリンクの設定を行う

「設定 > パーマリンク設定」からカスタムパーマリンクの設定を行います。

2.既存記事のパーマリンクの修正

ワードプレスのパーマリンクは通常「/]を入力することができないため、日付形式の「/」が全て削除されています。

そのため、一つずつ手動でリンクを修正してあげる必要があります。

Enhanced Custom Permalinksのプラグインをインストールすることでパーマリンクに「/」の入力が行えるようになります。

この作業が完了すれば記事の移行も完了です。

SANGOの導入

続いてワードプレスのテーマ「SANGO」を適用します。

これが終われば一旦の移行作業は完了です。
(アイキャッチの設定や目次の設定などの細かい作業はありますが、、、)

SANGOは導入からカスタマイズまで公式ページでかなり丁寧に解説されているのでわからないことがあれば調べてみるとだいたい答えが載っています。

これもSANGOの良い点の一つですね。

参考 SANGOカスタマイズガイドsaruwaka

公式サイトからダウンロード

公式サイトからダウンロードしてください。

お値段は10,800円です。子テーマも合わせてダウンロードしておいてください。

参考 SANGOダウンロードページsaruwaka

WordPressにテーマを適用

購入してダウンロードしたテーマのzipファイルをそのままワードプレスにアップロードします。

 

子テーマも忘れずに適用しよう

子テーマも同様にアップロードして適用しておきましょう。

子テーマを入れるのはカスタマイズを行うためです。

ここまでくればほぼほぼサイトの移行は完了です。

あとはネームサーバーが切り替わるのを待つのみ。

 

その他にやっておいた方が良いこと

結構色々あります。。僕は色々とやってたら地味に時間がかかってしまいました。

サイト移行時にやるべきこと
  1. アイキャッチの設定
  2. SANGOのデザインカスタマイズ
  3. WordPress各種プラグインの導入
  4. サイトマップの作成
  5. カエレバ・ヨメレバの置き換え
  6. SSL化(アクセスが落ち着いてから)

詳細は今後追記していきます。

SSL化については以下の記事に記載しました。

【Really Simple SSL】mixhostならSSL化もワンクリックでOK!プラグイン利用で手順も簡単!

ワードプレスのオススメのプラグインも紹介してます。

mixhost × SANGOにおすすめのWordPressプラグイン

ネームサーバーが切り替わった後にやること

完全にサイトが移行できたら後処理もしておきましょう。

それははてなブログ側の記事の整理です。

移行しっぱなしではてなブログにも記事を残していた場合、重複コンテンツとしてGoogle様から低評価を受ける可能性があります。

そのため、はてなブログ側からは移行した記事を消しておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です