\Instagram初めました/

薄い財布ならGANZO(ガンゾ)がおすすめ!二つ折りも長財布も!最高品質の革で評判◎!!

GANZO(ガンゾ)って知ってますか?財布に品質を求めた人が最終的に辿り着くのがGANZOと評判のある財布です。

僕は一目惚れでした。社会人になって、スーツを着るようになり、少し大人っぽい財布が欲しくなりました。そんな時に百貨店で見つけたのがGANZOの二つ折り財布でした。

とても綺麗な財布で、有名ブランドみたいにギラついてはいないけど、良い製品であることが見るだけで伝わります。

スーツの内ポケットに入れてもスーツが崩れないそのコンパクトさも高評価です。

百貨店で一目惚れし、色々と調べた結果、GANZOの財布を購入しました。

調べるまで全く名前も聞いたことのないブランドでしたが、調べれば調べるほどその評判の良さ、製品の魅力に惹かれていきました。

GANZO(ガンゾ)とは

日本の職人による最高級のメンズ革製品 GANZO(ガンゾ)
GANZOでは一切妥協する事なく本物を追求した最高級の革製品、コードバンやブライドルレザーを取り揃えています。

GANZOは皮革製袋物製造卸売業のAJIOKAが2003年に作ったオリジナルブランドです。革質だけでなく、製法までとことんこだわって作られています。質の良い財布が欲しい場合に選んでおけば間違いないブランドになります。

GANZOで扱っている革はヌメ革・ブライドルレザー(牛革)・コードバン(馬革)の3種類になります。それぞれ特徴があるので簡単に記載します。

ヌメ革

f:id:taaaaho:20171111020407p:plain

ヌメ革とは、染色や塗装をしていない革のことを指します。加工がされていないため、経年変化による革の味わいを最も出すことができる革です。
丈夫で、使い込むほどに味が出て、馴染んでくる特徴があるため、手入れによっては何十年と長く愛用することも可能です。

ブライドルレザー

f:id:taaaaho:20171111021138p:plain

ヌメ革よりは油分が多い革になるため、光沢と艶があります。
革の表面にワックスを擦り込むことで浮かび上がる「ブルーム」という白い粉が特徴です。元々、馬の手綱などに使われていた製法のため、強度があります。また見た目も強くしなやかで美しい表情が特徴的です。

ブルームは使っていくうちに馴染んで白い粉は見えなくなりますが、購入時に店員さんに頼むことで磨いて落とすことも可能です。
※私が最終的に購入したのもこのレザーの商品になります。

コードバン

f:id:taaaaho:20171111021122p:plain

馬のお尻部分の革。コードバンの特徴は質感と耐久性です。
特に磨いた後の艶は惚れ込むレベルで綺麗になり、長く使える製品です。
欠点としては水にひたすら弱い。濡れた手で触るのもはばかられるレベルで水に弱いのでデリケートな革とも言えます。

GANZOの商品は以下から購入できます。

GANZO(ガンゾー)の評判は◎

紹介したように革に強いこだわりを持つGANZOですが、調べていて感じたのは、GANZOは本当に品質が良く、悪い評判が無い点。

僕は商品買うときに結構レビューとか色々調べてから実際に購入するか決めたりするのですが、GANZOは悪い評判がほぼ無いんですよね。

実際に購入して1年以上経っていますが、特段悪いところはなく、エイジングも進んできてとても良い買い物をしたなと思っています。

なんなら長財布も欲しくなりました(笑)

ただ、一昨年の私と同様にGANZOについて全く知らないという方も多いと思うので私がGANZOに辿り着いた経緯を軽く書いておくので参考までに読んで見てください。

社会人になりスーツに似合う薄い財布が欲しくなる

学生の頃はずっとイルビゾンテの長財布を使用していました。イルビゾンテも革の品質に定評のある良ブランドで、かなり気に入って使用していました。イルビゾンテの財布って見た目も触った時の革の質も、革のにおいまでも何もかも良いんですよね。

※以前まで使っていたイルビゾンテの財布はこれ

この財布も本当おすすめなのですが、仕事でスーツを着るようになったため、普段から持ち運ぶには少し大きすぎるなと思うようになりました。このサイズだとスーツの内ポケットとかに入れると重さでスーツの型が崩れるし、分厚いから見た目が不自然になってしまいます。サイズ的にも内ポケットギリギリだし。。。

そこでスーツの内ポケットに入れても自然な感じの薄い財布を探すことにしました。薄い財布ってなんだが大人っぽいという印象もあったのも買い替えた理由の一つです。

また、スーツを着ない普段使い時に尻ポケットに入れても大丈夫なように二つ折りの薄い財布を探すようにしました。長財布だと座った時に形が変わっちゃったら嫌だなと思ったので。

薄い財布のメリットデメリット

物事を身長に進める僕はここでメリットデメリットを考えるわけです。

メリットは先ほど話した内容と同様になってきますが、

薄い財布のメリット
1.スーツの内ポケットに入れていても自然
2.尻ポケットにすっぽり収まるし、型もつかない
3.カバンに入れてもかさばらない
4.大人っぽい←
逆にデメリットとしては、よく聞くのが以下
薄い財布のデメリット
1.カードの枚数が入らない
2.小銭は大量には入れられない

個人的には、このデメリットは正直そこまでデメリットとは感じませんでしたがここは気にする人もいるとは思います。

カードの枚数入らない問題は実は大したことない

今では全然気になっていませんが、学生時代は結構なカードの枚数を財布に入れていたので収納場所無いと困るなーと最初は考えていました。ただ、実際に日常から使うカードってかなり少ないんですよね。

銀行のキャッシュカードやクレジットカード、運転免許証ぐらいは日々使うかも知れませんが、それ以外のカードは実際持ち運ぶ必要が無いんですよね。更にいえば、電子マネーやApple Payなども普及してきており、クレジットやキャッシュカードでさえも必ずしも財布に入れておく必要もなくなってきていると感じています。

実際僕はキャッシュカードは一応持ち歩いていますが、ここ数ヶ月使って無いです。ほぼクレジットカードで支払いをしています。日本人は現金派が多いという調査結果を見たことありますが、利便性とか考えると俄然クレジット派です。

何に使ったかわかる明細残るし、アプリと連携すれば全部スマホで確認可能ですしね。

MoneyTreeが便利すぎる!!スマホアプリで銀行も証券もクレジットも一括管理!!

話しがそれましたが、特に平日で仕事の日などは、キャッシュカードかクレジットカードかどちらかさえあれば問題ありません。

そのため、私は別にカードケースを持っていてそこに普段使わないやつは全部入れています。休日などのカードを使いそうなタイミングだけそのカードケースも持っていきます。これが以外と便利でずっと続けています。(なんだかんだカードケースのカードも余る使いませんが。)

小銭は別で小銭入れを持つしかない

小銭に関しては正直小銭入れを分けるしかないかなと思っています。2つ折りの薄い財布でも小銭入れ付いているやつはあるのでそれを使えば解決といえば解決ですが、小銭入れの分どうしても財布が厚くなってしまいます。

なのでそこは財布の薄さと小銭入れを分けなくても良いという利便性のトレードオフです。どちらを選ぶかはその人の好み次第!

僕は出来るだけ薄い財布が欲しかったので、小銭入れは別で持つことにしました。(というより以前から小銭入れは別で持っていたので問題なかった!)

ただ、スーツの内ポケットに入れるとかを考えると可能な限り薄い財布の方が良いかなとは思います。

 

薄い財布を比較してみた

ここに来てようやく薄い財布探し。百貨店やネットで調べてGANZO以外にも良いなと思ったのがYUHAKU(ユハク)です。

 

YUHAKU(ユハク)の特徴

ブランドの名称は代表である「仲垣友博」の名前からきています。「友博」を音読みにして「ユウハク」それをアルファベットに置き換えて「YUHAKU」と名付けられています。

2006年に「ameno spazio (アメノスパッツィオ)」を立ち上げ、オンリーワンの革製品作りを目指していました。そして2009年に名称を「YUHAKU」に変更し、現在に至ります。

YUHAKUの特徴は何と言っても色合いです。革製品なのにグラデーションが非常に綺麗に表現されています。

YUHAKUのグラデーションは絵画を描く技術を用いて行われています。染色方法はベラトゥーラ技法と呼ばれており、商品のシリーズの名称にもなっています。非常に高い技術力で海外でも評判になっています。
※実際に染めている様子がYouTubeで公開されています。

YUHAKUの製品について、詳しくは以下から確認できます。

見た感じが良いですよね。非常に綺麗です。実店舗でも実際に商品を触って確認しましたがグラデーションの色合いは非常に良かったです。

GANZOにするかYUHAKUにするかは悩みましたが、やはり「最高品質の革」というフレーズに心が惹かれていたのでGANZOを購入することにしました。

最高品質の革を求めてGANZOを購入

タイトルとかにも書いていますが、最終的にはGANZOを購入しています。YUHAKUの見た目が良くて高い技術力で作られているってのもかなり惹かれたのですが、GANZOはそれを上回る最高品質。これを買っておけば間違いない!!財布自体無駄なところがなく、とてもシンプルに作られているところに惹かれました。実際に使ってみてほんと間違いない財布だと思います。

最近は財布をカバンに入れることも多くなってきたので、長財布もいずれは欲しいなとか考えています。コレクションしたくなるぐらい良い製品です。

GANZOのエイジングは?

そんなお気に入りのGANZOですが、1年以上使用しているため、軽くエイジングが進んできました。いい具合になってきているので自慢がてら載せておきます!カードを入れていた部分だけ元の色をしているのでエイジングの具合がわかりやすいかと。
※GANZOはブライドルレザーの製品でも内側はヌメ革のため、このようにエイジングが分かりやすく出ます。

f:id:taaaaho:20170807005515j:plain

外側はそこまで変化がありませんが、美しい艶は健在です。

f:id:taaaaho:20170807005325j:plain

やっぱり社会人になって持つなら本当に良いものを持ちたいですよね。GANZOであればその品質は問題なしです。ブランドロゴを全面に押し出したブランドブランド主張が激しいものが好きな方には向いていませんが。

番外編:GANZO以外の薄い財布

せっかく調べたので紹介しておきます。

YUHAKU

今回は購入しませんでしたが、ちょっと財布もお洒落にしたい場合はYUHAKUいいですよ。

abrAsus

薄い財布の代表としてabrAsusも流行っているみたいですが、個人的には実際どうなのやら。薄さ追求してて見た目がそこまでかなと個人的には思ってしまいますが、、良い意見も多いので候補にしても良いかも知れませんね。

BELLROY

BELLROYは「財布をスリムに」する事を使命としたオーストラリア発の本格革財布ブランドBELLROY(ベルロイ)になります。

首都圏のLOFT,東急ハンズやBEAMSなど大手リテーラーでの取扱いが急速に広がり知名度が急上昇中の注目ブランドです。

新しい財布で良いQOL上げていきましょ。

 

この記事もおすすめ

革靴の白いシミは水で丸洗いすればOK!!必要なもの・洗い方を実際に試してみた! 薄い財布ならGANZO(ガンゾ)がおすすめ!二つ折りも長財布も!最高品質の革で評判◎!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です