\Instagram初めました/

Nature Remo(ネイチャーリモ) スマートリモコンで家中のリモコンを一括管理!

前から気になっていたスマートリモコン買いました!

プロジェクターとかスピーカー、レコーダー、照明など家電買うたびにどんどんリモコンの数が増えていき、良くリモコンを紛失するのは僕だけでしょうか。

結構あるあるだと思っていて、見つけたと思ったら違うリモコンだったり。。

寝る前に照明やオーディオを消すためにわざわざ布団から出たり。

こういったちょっと面倒な一手間を解消してくれるのがスマートリモコンです。

さらにAmazon AlexaやGoogle Homeなどのスマートスピーカーと組み合わせることで声だけで全ての家電を操作するスマートホームも実現可能です。

スマートリモコンとは

テレビやエアコンなどのリモコンの赤外線を学習し、学習したコマンドをスマホのアプリから操作が可能となる製品です。

つまり一度登録してしまえば、あとはスマホ一台あれば家中の家電が操作可能となります。

また、スマートリモコンの機種にもよりますが、「タイマー機能」が付いていたり「Amazon Echoとの連携」や「Google Homeとの連携」も可能となっています。

最近流行ってきているIoTやスマートホームを先駆けて実現している製品です。

Nature Remoとは

Nature株式会社が製造・販売を行なっているスマートリモコンになります。

もともとMakuakeというクラウドファンディングからスタートしたプロジェクトで今では公式サイトやAmazonなどで購入が可能となっています。

調達目標額の600%を達成するほど人気のプロジェクトでした。

f:id:taaaaho:20180218150745p:plain

下の動画は公式から出されている動画になります。

エアコンのための製品として演出されていますが、実際にはテレビやオーディオなどリモコンで操作を行う製品であれば同様に操作は可能です。


Nature Remo

Nature Remoの特徴

スマートリモコンは各社から販売されていますがNature Remoはその中でも高機能かつ多機能な製品となっています。

「温度センサー」や「湿度センサー」だけでなく、「モーションセンサー」「照度センサー」「ノイズセンサー」など様々なセンサーに対応しています。

f:id:taaaaho:20180218151227p:plain

現段階ではこれらのセンサーによる操作などは実装されていませんが、今後は「暗くなったら照明をつける」などセンサーを利用した機能が付くことが想定できます。

現在は、「タイマー操作」と「GPSによる操作」に対応しており次のような使い方が可能となっています。
※Nature Remo上ではこれらの操作は「ルール」と表示されています。

Nature Remoの設定可能ルール例
「朝7時になったらエアコンを起動する」
「家から1km離れたらエアコンの電源を落とす」
「家から500m以内に近づいたらエアコンの電源を入れる」

f:id:taaaaho:20180218151926p:plain
f:id:taaaaho:20180218151919p:plain

各種センサーの活用は今後も期待したいです。

Nature Remoの使い方

僕が購入した時はまだAmazonで販売されていなかったので公式サイトで購入し、約1ヶ月半ほどしてから届きました。

今から買う人はAmazonで買えるのですぐ届くと思います。

小さい箱で届きます。
f:id:taaaaho:20180218153237j:plain

中身は、本体とACアダプタ、設置用の両面テープ、スタートアップガイドです。
f:id:taaaaho:20180218153420j:plain

iPhone7と比較したサイズ感。とても小さいです。
f:id:taaaaho:20180218153507j:plain

Nature Remoのセットアップ方法は公式サイトで文章と動画で説明されています。

動画のクオリティがなんというか素人っぽいですが、設定方法はわかりやすいです。

はじめてのRemo — Nature

初期設定が完了すればあとはひたすらリモコンを学習させていく作業になります。

と言っても我が家はテレビが無くプロジェクターだけなので、電源のオンオフぐらいで済むのでそこまで時間はかかりませんでした。

とりあえず、よく使う4つのリモコンを簡単に登録しました。

f:id:taaaaho:20180218154901p:plain

エアコンは最初から各種ボタンが設定されており、他の製品は自分でボタンを追加していく必要があります。

f:id:taaaaho:20180218154911p:plain
f:id:taaaaho:20180218154916p:plain

これでスマホから簡単に各種家電の操作が可能になりました。

寝るときも布団に入った状態でスマホから照明やエアコン、オーディオの電源を落とすことが可能です。

特に照明落とすのが個人的にすごい手間だったのでそれだけでも非常に助かっています。

Google HomeやAmazon Echoと連携すれば全ての家電が声で操作可能に

Nature Remoはスマートスピーカーとの連携も可能となっています。

Google HomeやAmazon Echoなどと連携させることにより、スマホのアプリさえ不要で声だけで全ての家電の操作が行えます。

設定方法は公式がわかりやすくまとめてくれています。

スマートスピーカー連携 — Nature

この設定を行うことで以下のように声での操作が可能です。

スマートスピーカー連携
「ねぇ、グーグル、エアコンつけて」でエアコンを起動
「アレクサ、リモを使ってエアコンをつけて」でエアコンを起動

AmazonのAlexaは命令するときに「リモを使って」などの特定のワードをいう必要があるので少し手間です。

また、エアコン以外のリモコンを操作する際にもGoogle Homeの方が何かと操作性が良いので、Nature Remoと合わせてスマートスピーカーを購入される方にはGoogle Homeをおすすめします。

IoTグッズを活用すればリモコンが無くともスマートリモコンでの管理が可能

物理的なスイッチでオンオフを切り替えるような照明器具やこたつなどはそのままだとスマートリモコンでの管理ができませんが、以下のような商品を利用することによって通常のコンセントをリモコンでON/OFF可能にできます。

このリモコンをNature Remoで記憶させれば、こたつでもなんでもコンセントにさして利用する製品は全てスマホ一台で管理が可能になります。

また、部屋に備えつきの電気など、もともと家に付いているスイッチ式の照明も物理的にスイッチを押してくれるIoT製品を利用することでスマホ一台での管理が可能です。
※スイッチボットはリモコンでは無く専用アプリでの操作になるのでNature Remoでの管理はできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スマートリモコンを一つ用意するだけで各種家電の操作性が大幅に向上します。

さらに様々なIoTグッズを使うことでリモコンに対応していない製品でもスマホアプリからの操作が可能になります。

ぜひ一度その便利さを試して見てください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です