【NEM/XEM】NanoWallet(ナノウォレット)の設定〜zaif/coincheckからの送金〜ハーベストの設定まで

最近のビットコイン200万到達だとか、モナコイン、ビットゼニーの暴騰など仮想通貨界隈は相変わらず賑わってますね!今年だけで仮想通貨が凄まじいスピードで世界に認知され、広がっていっているなと感じます。。

取引量が増えるに連れて取引所がダウンするなどの問題も出てきました。僕は、今後さらに仮想通貨が普及するであろうことを見越して短期での取引などはそこまでやっておらずがっちりと色々な通貨を保持しています。

そこでどうせ取引しないなら取引所より安全かつ、ハーベストによってお小遣いも得られる可能性のあるNano Walletに取引所のNEMを移すことにしました。

NanoWallet(ナノウォレット)とは

簡単にいうとNEMの財布。仮想通貨が購入できるZaifcoincheckは取引所。現金だったら銀行に預けていて、必要な分を引き出して財布に入れて使っていると思います。

仮想通貨の場合はネットワーク上での送金なども可能なので必ずしも財布に入れておく必要はありませんが、過去には取引所から仮想通貨が盗まれるという事件も発生しています。(現実でいうと銀行強盗ですね。)

その際に銀行に預けていたお金は返ってこないかもしれませんが、財布に入れていたお金は自分で守ることができますよね?

Nano Walletも同様に取引所にもしものことがあった場合に自分の資産(NEM/XEM)を守るためのものとなります。

NEMのハーベストとは

Nano Walletで資産を守ると記載しましたが、Nano Walletで保管することによって得られるメリットがもう一つあって、それが「ハーベスト」になります。

NEMはPOI(Proof of Importance)という仕組みで動いており、保有NEM量や取引した額に応じて報酬がもらえます。この報酬がもらえるイベントのことをハーベストと言います。

もう少し簡単にいうと、10,000NEM以上保持していて、かつNano Walletで保管している場合、NEMが勝手に増える場合があるということです!

ちょっと意味不明に聞こえるかも知れませんが、仕組み上そうなってます。

ならばその仕組みを利用しないと勿体無いよねってお話し。

NanoWalletを使う方法(セットアップ)

それでは実際にNano Walletの使用方法から実際に送金、ハーベストの設定方法などを説明していきます。4つのステップでさくっと作れます。

Nano Walletのセットアップ
1.Nano Walletのダウンロード
2.Nano Walletのアカウントを作成
3.Nano WalletにZaifcoincheckから送金
4.ハーベストの設定を行う
Nano Walletを設定するだけなら10分あれば余裕で作れます。

送金やハーベストの設定も20分もあれば余裕です。

1.NanoWalletのダウンロード

まずはNEMの公式サイトからNano Walletをダウンロードします。

f:id:taaaaho:20171209185814p:plain

ダウンロードしたファイルを展開して、「NanoWallet.app」を開いてください。

2.NanoWalletのアカウントを作成

Nano Walletのアプリを起動すると以下の画面が表示されます。

右上の「アカウント作成」をクリックしてください。
※初期は英語ですが、右上のLangageから日本語に変えられます。

f:id:taaaaho:20171209200235p:plain

「アカウント作成」をクリックするといかの画面が表示されるので、「シンプルウォレット」を洗濯し、「ウォレット名」と「パスワード」を入力して「シンプルウォレットを作成」をクリックしてください。
※「ネットワークを選択してください」の項目は設定不要です。

f:id:taaaaho:20171209200355p:plain

「シンプルウォレットを作成」をクリックすると、画面が遷移し、「”入力したウォレット名”.wlt」のダウンロードできるようになります。これはダウンロードして無くさないように保存しておいてください。

下の2つにチェックして先に進んでください。

続いて、ログインを行います。先ほど作成したウォレットを選択し、パスワードを入力して「サインイン」をクリックしてください。

f:id:taaaaho:20171209200903p:plain

すると、以下のようなNano Walletのメイン画面が表示されます。

f:id:taaaaho:20171209201556p:plain

画面の構成はこのような感じですね。もちろん作りたての時はNEMが0になっていますので早速Nano WalletにNEMを送金してみましょう。

3.NanoWalletにzaif、coincheckから送金

NEMを買うなら手数料などを考えてZaifがお得ですが、最初に開設した取引所がcoincheckでそこでも購入していたので、両取引所からNano Walletに送金しています。

f:id:taaaaho:20171209203134p:plain

Nano Wallet側の入金用のアドレスは、メインメニューの「送信」をクリックし、「請求書」のタブを開くことで確認できます。ここに表示されている「支払先」に対して送金すると、Nano Walletに入金が可能です。

送金側は、coincheckなら「ウォレット」>「コインを送る」>「NEMを送る」で送金先リストに先ほど確認したアドレスを入力して送金します。

f:id:taaaaho:20171209203241p:plain

Zaifの場合は、取引画面からだと「入出金」>「XEMを選択」>「出金」から下に表示される「出金アドレス」に先ほど確認したアドレスを入力して送金します。

f:id:taaaaho:20171209203345p:plain

いずれも、3分程度でNano Wallet側に着金しました。それなりに早くて安心。
※Nano Walletは着金があると「チャリーン」て音がします。

ここまで来たらあと一歩ですね。ハーベストの設定を行うのみです。

4.NanoWalletでハーベストの設定を行う

以下からハーベストの設定を行います。

f:id:taaaaho:20171209204222p:plain

「デリゲートアカウント(委任アカウント)管理」をクリックすると以下の画面が表示されます。

f:id:taaaaho:20171209204310p:plain

ここで、「モード選択」が「委任有効化」となっていることを確認して、「パスワード」を入力して「送信」をクリックしてください。

1分ほどで「チャリーン」と音がして、右側の「収穫パネル」の「リモートステータス」が「有効化中」と表示されます。

「リモートステータス」が「有効」になると実際にハーベストが行えるようになるのですが、ここが有効になるまで6時間ほどかかるようです。

なので、作業としては一旦ここで終了となります。

リモートステータスが「有効」となったら、あとはノードを選択して、パスワードを入力すればあとは勝手にハーベストが行われて運がよければNEMが増えていきます!

気長に待ちましょう!!

以上で NanoWalletの設定及びNEMの送金、ハーベストの設定までの一連の流れでした!!ハーベストで報酬得られるのが楽しみですね!NEMの価格も2018年まだまだ伸びていくと思われるので今後に期待です!!

Nano Walletを設定したらスマホアプリでも管理しよう

Nano WalletはあくまでもPC上での管理になります。スマホでも残高やハーベストの報酬額などがかくにんできるようにアプリがあります。

それが「Nem Wallet」です。

NEM Wallet

NEM Wallet
無料
posted with アプリーチ
初心者に分かりやすく、有望な仮想通貨を多く取り扱っている取引所
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
NEMの手数料が安い。仮想通貨の積立投資もできる使い勝手の良い取引所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です