MyEtherWallet(マイイーサウォレット/MEW)とMetamask(メタマスク)の連携が便利すぎた!

イーサリアムを利用したICOが増加してきており、MyEtherWalletを使う人も増えてきたかと思います。

MyEtherWalletを作成したタイミングでMetaMaskの存在自体は知っていたので、よくわからないから別にいいやと思っていました。

でも、実際に使ってみると、かなり便利で逆になんで今まで使ってこなかったんだろうと過去の自分を反省しました。

初めはとっつきにくいかもしれませんが、慣れると便利なのでこのタイミングでぜひ設定してみてください。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは

なんとなく名前から想像がつきますが、イーサリアムのウォレットになります。

頭文字をとって「MEW」と表現されることもよくありますね。

イーサリアムのウォレットとしてはもっとも知名度があり、使用している人も多いイメージです。

イーサリアムのトークン形式ERC-20に対応したウォレットのため、ICOに参加するときに必要となります。

取引所でイーサリアムを購入して、MEWに送金して使用します。

MyEtherWalletで警告が表示されるように

MyEtherWalletは複数のログイン方法があるのですが、これがある時から警告が表示されるようになりました。

「秘密鍵を入力したりするのはセキュリティ上問題となる可能性があるので、MetaMaskなどを使ってね」という警告です。

f:id:taaaaho:20180129230151p:plain

私はこの警告が出るようになり、MetaMaskを使うようになりました。

MetaMask(メタマスク)とは

MetamaskもMEWと同様にイーサリアムのウォレットとなります。

Chromeの拡張機能として使用でき、シンプルで使いやすいため人気があります。

Chromeへの追加は以下のリンクから行えます。

chrome.google.com

拡張機能として追加してあげると、ブラウザの右上にキツネマークが出てきます。

クリックするとこんな感じで残高や保持トークンが表示されます。

送金などもここから簡単に行うことが可能です。

f:id:taaaaho:20180129231943p:plain

MetaMaskの設定方法

Metamaskの設定は以下の手順で行なっていきます。

1.Chromeストアからアプリを追加する
2.Metamaskのパスワードを設定する
3.MetamaskのSeedをメモする
4.MEWのアドレスを追加する

1.Chromeストアからアプリを追加する

以下のリンク先からMetamaskのアプリをChromeに追加してください。

chrome.google.com

2.Metamaskのパスワードを設定する

新規アカウントの作成を選択します。

8桁以上のパスワードの設定画面になるので、パスワード生成ツールなどを使用して強力なパスワードを設定してください。

パスワード生成(パスワード作成)

3.MetamaskのSeedをメモする

次に12個のキーワードが表示されるので、これを無くさないようにメモをとってください。

万が一のときにMetamaskを復元する際に必要となります。

これを無くしてしまうと、もしもの時に資産が取り出せなくなってしまいます。

ここまで来るとMetamask自体の導入は完了となります。

4.MEWのアドレスを追加する

Metamaskのアイコンをクリックして、画像の赤枠部分をクリックしてアカウントを追加します。

f:id:taaaaho:20180129233539p:plain

MEWの秘密鍵を入力して「IMPORT」をクリックすると追加は完了です。

f:id:taaaaho:20180129233745p:plain

MEWでは以下の画像部分で表示されているのが秘密鍵です。
(Metamask以外の外部で秘密鍵を求められても入力は要注意です)

f:id:taaaaho:20180129234222p:plain

これでMEWとMetamaskの連携は完了です。

MetaMaskでMyEtherWalletを開く方法

続いてMEWをMetamaskで開く方法です。

これが楽すぎてこのためだけにMetamask設定しても良いぐらい。

1.Metamaskにログイン
2.MyEtherWalletを開く
3.「MetaMask / Mist」を選択
4.「MetaMaskに接続」をクリック

これだけでパスワードの入力やファイルの選択などが一切不要でMEWにログインできます。

f:id:taaaaho:20180129234638p:plain

これだけでもかなり便利。

MetaMaskでMEWを開いた場合、送金時にMetaMaskでも承認が必要です。

f:id:taaaaho:20180129235421p:plain

Metamask使えばわざわざMEW使う必要も無いといえば無いですが、あらかじめガスリミットやプライスを設定しておいて、アドレスだけ入力して即送金したい場合などにMEWのが使いやすいこともあるのでそういう使い分けをしています。

人気ICOの場合は1秒が勝負になりますからね。。

まとめ

MyEtherWalletとMetamaskの連携方法について記載しました。

MyEtherWalletをメインで使う場合でもMetamaskと併用する場合でも設定自体はやっておいて損は無いかなーと思っています。

特にセキュリティ的にMetamaskが推奨されているパターンも多いので早いうちに設定をして操作に慣れておくと良いですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です