iPhone 12 Pro パシフィックブルーレビュー | 特徴とiPhone XSとの違いについて紹介

iPhone 12 Proレビュー

iPhone 12 Proを予約開始直後に予約して発売日当日(10/23)に自宅に届いたので早速レビューします。

今まで2世代前のiPhone XSを使っていたのでその進化が楽しみです。

本記事では今までiPhone XSを使っていた筆者がiPhone 12 Proを実際に使ってみて感じたことなどを記載していきます。

iPhone 12 Proの特徴

iPhone 12 Proの特徴を僕自身が気になった点を上げていきます。

デザイン

iPhone 12 Proのパッケージ
iPhone 12 Proのパッケージ

まず今回パッケージからして今までのiPhoneと異なります。

毎回付属していたEarPodsやACアダプタが付属しておらずUSB-C to Lightningケーブルのみの付属となっています。

そのため、箱の厚みが今までより薄くスタイリッシュになっています。

iPhone 12 Proの箱は今までより薄い
iPhone 12 Proの箱は今までより薄い

これによって一度に運送できるコストカットにもなり環境面へも良い効果があるようです。

デザインは今までの丸みを帯びたエッジではなく角張ったデザインとなっています。

裏面は磨りガラスになっておりマットな感触で指紋も付きにくくなっています。

iPhone 12 Proの背面
iPhone 12 Proの背面

側面はステンレススチールが採用されており艶があって高級感があり、指紋もつきやすくなっています。

iPhone 12 Proの側面
iPhone 12 Proの側面

側面には今までのiPhoneと同様に電源ボタンと音量ボタン、SIMカードの挿入口、サイレントモードのスイッチが付いています。

ディスプレイは従来のiPhoneの4倍の落下耐性となっており以前よりも衝撃に強くなっています。

iPhone 12 Proのディスプレイ
iPhone 12 Proのディスプレイ

ディスプレイ自体のスペックとしてはSupre Retina XDRディスプレイの6.1インチ、2,532 x 1,170ピクセルで2,000,000:1の高コントラスト比で大画面で鮮やかな表現が可能となっています。

充電端子は今までと同じようにLightningケーブルで行います。

iPhone 12 Proの充電端子
iPhone 12 Proの充電端子

色は今回パシフィックブルーを選択しましたが、背面のマットな質感と相まって上質な雰囲気があります。

カメラ

iPhone 12 Proのトリプルレンズ
iPhone 12 Proのトリプルレンズ

iPhone 11 Proから引き続きトリプルレンズが採用されています。

それぞれのレンズのスペックは以下のようになっています。

iPhone 12 PROのトリプルレンズ
  • 超広角:焦点距離12mm / F2.4
  • 広角:焦点距離26mm / F1.6
  • 望遠:焦点距離52mm / F2.0

またレンズ自体もスペック自体は高いですが、それに加えてiPhone12 ProではAIやLiDARセンサーを活用した以下のような撮影機能が付いています。

  • ナイトモード(Deep Fusion)
  • ポートレート
  • Apple ProRAW

ナイトモード(Deep Fusion)

iPhone 12 Proのナイトモード
iPhone 12 Proのナイトモード

ナイトモードとDeep Fusionは並行して書かれているところもありますが、AIとLiDARセンサーを活用した技術がDeep FusionでDeep Fusionを利用した撮影がナイトモードにあたると解釈しています。

よくiPhoneのカメラと一眼で画質の綺麗さだったりが比較されることがありますが、iPhoneのカメラはAIやLiDARセンサーなど技術を活用しています。

具体的にはiPhoneで写真を撮った際にシステム的には複数の明るさの異なる写真を撮影し、それらを組み合わせて解像度の高い写真を合成するHDRの技術に加えてAIによってさらに解像度を補強して暗闇での撮影を可能にしています。

合わせてLiDARセンサーを使うことで暗い場所でもどこに何があるかをiPhoneが認識できるため、オートフォーカスが迷わずナイトモードのポートレートの撮影が可能となっています。

ポートレートモード

iPhone 12 Proのポートレードモード
iPhone 12 Proのポートレードモード

ポートレートモードは被写体の背景をぼかして一眼カメラで撮影したような綺麗な写真を撮影することができるモードのことです。

ポートレートモード自体以前からついている機能になりますが、iPhoneのポートレートモードはAIによって被写体と背景を区別しておりAIの機能がどんどん進化してきています。

Apple ProRAW

iPhone 12 Proから追加された新機能になります。

通常の一眼カメラやプロのカメラマンなどが撮影で使うRAW形式での撮影が可能となっています。

デジタルカメラでは一般的に「写真」としてJPEG画像を生成するが、RAW画像はJPEG画像を生成する元となる「生」の画像データである。

ある程度の写真知識がある(プロフェッショナル、ハイアマチュアなど)ユーザーが、露出、コントラスト、ホワイトバランス、カラーバランス、明度、彩度などの補正や加工、ノイズや歪曲など除去をパソコン上で思い通りに行ないたいという要望に応え、カメラメーカーが用意している機能のひとつ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/RAW%E7%94%BB%E5%83%8F

RAW形式で撮影しておけば後からLightroomなどの現像ソフトで写真を好きなように色付けすることができます。

語弊がある可能性はありますがボケ感などの表現以外の多くはRAW撮影であれば後から編集が可能です。

普段からRAWで撮影して現像している人たちからするとこの機能は非常に期待してます。

iPhone 12 ProとiPhone XSの違い

2機種の違いをざっくりと記載します。

詳細は公式サイトの方が見やすく詳細に記載してあるのでより詳しく見たい方はApple公式からご確認ください。

特徴iPhone 12 ProiPhone XS
スクリーンサイズ6.15.8
通信5G4G
カメラトリプルレンズ
超広角・広角・望遠
ダブルレンズ
広角・望遠
ズーム光学4倍光学2倍
ナイトポートレート×
チップA14 BionicA12 Bionix
本体素材Ceramic Shield
耐落下性能が4倍向上
ガラス

スクリーンサイズと本体サイズ

iPhone 12 ProとiPhone XSの大きさ
iPhone 12 ProとiPhone XSの大きさ

スクリーンがiPhone XS 5.8インチに対してiPhone 12 Proは6.1インチと少し大きくなっています。

伴って本体サイズも高さ3.1mm、幅0.6mm、厚さ0.3mmほど変わっていますが、持った感覚としてはそこまで変わらずに使えそうです。

iPhone 12 ProとiPhone XSの厚さ比較
iPhone 12 ProとiPhone XSの厚さ比較

見た目的には全体がiPhone XSが曲線を描いていましたが、iPhone 12 Proは角張った構造になっています。

この構造はiPhone 5以来のデザインとなっており、iPhone 5も使用していたのでなんだか懐かしさを感じます。

また、本体サイズ以外の話しをすると電源ボタンや音量ボタンなどの配置は変わっていません。

唯一SIMカードの挿入口がiPhone XSでは電源ボタン側にあったのがiPhone 12 Proでは音量ボタン側に変わったぐらいです。

SIMカードも機種の買い替え時ぐらいしか触らないと思うのでこの変更自体で使い勝手は変わらないので特段気にする必要の無いマイナーチェンジです。

通信

以前から噂されていた5Gの通信にiPhone 12シリーズから対応しています。

とは言っても実際に5Gの電波が使えるのは一部の地域だったり日本では5Gの中の高速通信に対応していなかったりとここに関しての恩恵はあまりなさそうです。

ちなみに家のWifiとかにつないでいる場合は通信の速度差などは全く無いです。

iPhone XSとiPhone 12 Proで何度か速度の比較をしましたが、結果はバラバラでやはり違いは無いように思えます。

ここは今後5G自体が広がってきたときにようやく真価を発揮できる機能になります。

カメラとズーム

iPhone 12 ProのトリプルレンズとiPhone XSのダブルレンズ
iPhone 12 ProのトリプルレンズとiPhone XSのダブルレンズ

ここ2、3世代のiPhoneで最も力が入っているのがカメラです。(というよりはスペック面は結構飽和してきていてカメラ以外性能あげるところが無い?)

iPhone 11 からトリプルレンズが採用されていますが、iPhone 12 Proもトリプルレンズを採用しています。

3つのレンズはそれぞれ役割が違っており以下のスペックになっています。

iPhone 12 PROのトリプルレンズ
  • 超広角:焦点距離12mm / F2.4
  • 広角:焦点距離26mm / F1.6
  • 望遠:焦点距離52mm / F2.0

焦点距離とF値の説明は簡略化すると以下のような感じです。

  • 焦点距離:値が小さいほど広く写せる
  • F値:値が小さいほど背景がぼかせる

一眼レフなどのカメラではF値が小さいほど性能が良く高級なレンズとされています。

それぞれのレンズで撮影したものを載せておきます。

超広角レンズ

超広角レンズで撮影
超広角レンズで撮影

広角レンズ

広角レンズで撮影
広角レンズで撮影

望遠レンズで撮影

望遠レンズで撮影
望遠レンズで撮影

対してiPhone XSのダブルレンズのスペックは以下です。

iPhone XSのダブルレンズ
  • 広角:焦点距離26mm / F1.8
  • 望遠:焦点距離52mm / F2.4

iPhone 12 Proと比較すると広角と望遠の焦点距離は同じもののF値がiPhone 12 Proの方が小さくなっており明るくボケやすい良いレンズになっていることがわかります。

加えて超広角のレンズがついている形でここに関しては大きく違いが見られます。

実際にそれぞれ2機種で各レンズを用いて撮影した物を載せておきます。

超広角は単純にその画角だけでインパクトありますよね。

広角と望遠に関してはレンズのスペックが上がっているとは言ってもそこまで大きな違いはなさそうです。

本体素材

iPhone XSでは前面と背面が共にガラスで背面などは指紋が付きやすかったのですが、iPhone 12 Proは背面が磨りガラスになっており反射を抑えて指紋も付きにくくなっています。

代わりに側面は艶のある感じでこちらは指紋がつきやすくなっています。

ディスプレイはCeramic Shieldと呼ばれる新素材が使われていて耐落下性能が従来の4倍と言われています。

iPhoneを落としてディスプレイを割ってしまうという人に取ってはディスプレイの強度が上がるのは嬉しいことですね。

僕自身はまだディスプレイ自体割ったことは無いですが、いつか自分の身にも起こりうることと考えると強化されているに越したことはありません。

iPhone 12 Proと合わせて買いたいもの

iPhone 12 Proを購入する際に合わせて買っておきたいものを紹介しておきます。

NIMASO液晶保護強化ガラスフィルム

iPhone XSからお世話になっており誰でも綺麗に貼れて安くて強度が高いガラスフィルムです。

実際に使ってみてのレビーも記載しています。

iPhone12 Pro Nimasoのガラスフィルム
iPhone 12 Proにオススメのガラス液晶保護フィルム|ガイド枠付きで絶対に失敗しないNIMASO

まとめ

iPhone 12 Proの特徴とiPhone XSとの違いなどについて紹介しました。

個人的にはカメラの超広角レンズとDeepFusionを活用したナイトモード、Apple ProRAWなどのカメラに関する機能がiPhone XSより大幅に強化されたのが満足です。

今後LiDARセンサーを活用したARアプリや処理能力を活かした機能などにも期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA