iPadとプロジェクターの接続方法|有線無線どちらでも投影可能

iPadとプロジェクターの接続方法アイキャッチ

仕事やプライベートで使うことの多いiPadですが、家で映画を大画面で観たい時や仕事でiPadでプレゼンをしたい場合にプロジェクターと接続する方法を紹介します。

最近のiPadとプロジェクターであればたいていの機種で有線でも無線でも接続が可能なのでそれぞれの接続方法について解説していきます。

iPadとプロジェクターの接続方法

iPadとプロジェクターを接続する方法はiPhoneを接続するときと同様に大きく分けて「Lightning HDMIケーブル」を用いて有線で接続する方法と「Fire TV Stick」や「ドングルレシーバー」を用いて無線で接続する方法があります。

有線で接続する方法

シンプルにわかりやすいのが有線で接続してしまう方法です。

Apple公式のLightning-HDMIケーブルを用いて接続します。

あとHDMIケーブルも必要なのでこちらも持っていない方は購入する必要があります。

接続方法は簡単で、iPadの充電器を差し込むところとプロジェクターのHDMIの差込口を接続するだけです。

投影がうまくいかない場合は以下を試してみてください。

iPadとプロジェクターがうまく接続できない場合

以下の点をチェックしてみてください

  • プロジェクターの入力ソースがHDMIになっているか
  • 接触が悪くないか何度かコードを抜き差しする

うまく接続できればiPadの画面がそのままプロジェクターに表示されます。

画面の向きなども反映され、iPadに保存している写真や動画、アプリなどを楽しむことができます。

また接続のケーブルは有料サービスの動画(NetflixやHuluなど)を観ないのであればApple公式以外でもっと安いものもあります

電源を別途接続する必要などがありますが、安く済ませたい方にはこちらもオススメです。

無線で接続する方法

無線での接続は結構いろんな方法がありますが、いずれもwifi環境を用いての接続になります。

iPadとプロジェクターが接続できる製品は以下のような物があります。

iPadとプロジェクターが接続できる製品
  • Amazon Fire TV Stick
  • Apple TV
  • Chrome Cast
  • ドングルレシーバー

それぞれミラーリングという点では機能面ではほぼ変わらないです。

違いは製造元が違うぐらいなので価格やそれミラーリング以外の用途などで検討すると良さそうです。

製品製造元
Amazon Fire TV StickAmazon
Apple TVApple
Chrome CastGoogle
ドングルレシーバー様々(中国とか)

Amazon Fire TV Stickで接続する方法

Amazon Fire TV StickはAmazonプライムビデオなどを手軽にテレビやプロジェクターなどで楽しむことができる製品ですが、iPadやiPhoneの画面を投影するミラーリング(AirPlay)にも活用できます。

AirPlay用にFire TV Stickで300円ほどのAirRecieverというアプリを購入する必要があります。

このアプリを購入することでiPadのコントロールセンターの画面ミラーリングから簡単に接続が行えます。

iPadとFire TV Stickを同じWifiに接続する

まずAirPlayを行うために同じWifiに接続する必要があります。

これで準備の半分はできたような物です。

iPadのコントロールセンターから画面ミラーリング

iPad画面上部からスワイプすることで表示されるコントロールセンターから画面ミラーリングを選択してください。

表示されたデバイス名をタップすることで接続が可能です。

接続完了

Fire TV StickはAirPlayの構造を使っているため接続が非常にスムーズです。

このままiPadのプレゼン資料を流したり、画像や動画の再生が可能です。

普段はプロジェクターでNetflixなども観ているためFire TV Stickが一つであれば様々な用途で活用することができます。

Apple TVで接続する方法

Apple TVはAppleが出している製品で AmazonのFire TV StickのようにNetflixやAmazonプライムビデオが観られたりApple Musicを流したりすることができる製品です。

価格が20,000円弱するのでなかなか手が出しにくいですが、Apple好きの方にはオススメです。

Apple TVとiPadの接続方法はFire TV Stickと同様にAirPlayを使うのでやり方はほぼ同じです。

iPadとApple TVを同じWifiに接続する
iPadのコントロールセンターから画面ミラーリング
接続完了

非常に簡単ですね。

価格帯と用途を考えるとFire TV Stickの方がオススメにはなりますが、Apple製品で揃えたい方はApple TVも検討してみてください。

Chrome Castで接続する方法

Chrome CastをプロジェクターのHDMI口に接続して使用します。

接続方法はAirPlayで同様のため、クロームキャストとiPadを同じWifiネットワークに接続してiPadのコントロールセンターから画面ミラーリングで接続すればプロジェクターに投影が可能です。

ドングルレシーバーで接続する方法

ドングルレシーバーをプロジェクターのHDMI口に接続して使用します。

【2019最新4Kアップグレード版】 HDMIミラキャスト 2.4Gレシーバー クロームキャスト HDMIWifiディスプレイ モード切り替え不要 ドングルレシーバー ストリーミングデバイス Miracast/Dlna/Chrome cast/Airplayモード支持 HD1080P 4K TVプロジェクタ ワイヤレスドングル ミラーリングストリーミング iphone11 iOS Sansung Huawei Windows MAC OSシステムに通用
mirosor

ドングルレシーバーであればiPadだけでなくiPhoneやAndroidとも接続が可能です。

iPadの接続方法は他の機種と同様にAirPlayで接続を行うのでiPadとドングルレシーバーを同じWifiネットワークに接続しておけばミラーリングが可能です。

接続時の操作方法や注意点

iPadとプロジェクターを接続する際の注意点と操作方法について

有線と無線に夜接続方法に関して説明しましたが、いくつか注意点や操作に関しての補足説明を記載しておきます。

有線でNetflixなどを観る場合は純正ケーブルがオススメ

有線で接続する場合、Apple純正アダプタは結構な値段がしますがその分メリットも多いので有線の場合は純正アダプタを利用するのがオススメです。

Apple純正Lightning HDMIケーブルのメリット
  • Netflixなどの有料動画の投影が可能
  • 別途電源などが不要

純正で無い場合は無料動画などは投影が可能ですが、HuluやNetflix、Amazonプライムビデオなどは制限がかかっていて投影が行えません。

また、サードパーティ製(Apple以外)の製品はケーブル自体に電源の供給が必要になります。

動画やスライド、アプリなども投影可能

iPadをプロジェクターと接続した後はiPadを操作すればほぼほぼ全てがプロジェクターに投影されます。

映画やドラマなどから仕事で使うスライドなどの全画面投影が可能です。

有線と無線どちらの接続が良いか

用途やシーンに合わせて選ぶべきではありますが、仕事などで確実に投影する必要がある場合は有線での接続、友達と映画やドラマなどをみてワイワイ楽しむ際には無線での接続といった使い分けが良さそうです。

無線の方がなんだかんだ自由度が高いですからね。

まとめ

iPadとプロジェクターの接続方法について紹介しました。

Appleの製品はいずれもAirPlayでの接続が可能なのでiPhoneやMacなどもほとんど同様の方法で接続が可能です。

プロジェクターの大画面を仕事でもプライベートでも活かして楽しんでください。

【2019最新4Kアップグレード版】 HDMIミラキャスト 2.4Gレシーバー クロームキャスト HDMIWifiディスプレイ モード切り替え不要 ドングルレシーバー ストリーミングデバイス Miracast/Dlna/Chrome cast/Airplayモード支持 HD1080P 4K TVプロジェクタ ワイヤレスドングル ミラーリングストリーミング iphone11 iOS Sansung Huawei Windows MAC OSシステムに通用
mirosor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA