\仮想通貨は積立投資がオススメ/

格安プロジェクターをスペックで比較!価格帯別にホームシアターにおすすめの製品を紹介!

プロジェクター購入してからあまり見てなかったのですが、最近低価格のプロジェクターがかなり増えてきていますね!安いものだと、なんと、10,000円以下からあるよ。。

プロジェクターの選び方はこれだけ知っていればOK!ホームシアターにオススメのプロジェクターとは?

スペックで見るのと実際に投射された映像を見るのではまた差があるとは思いますが、スペックで見た場合に僕がおすすめするホームシアター用のプロジェクターを価格帯別に紹介していきます!

予算に合わせて検討していただければと!
※記載の価格はAmazonでの販売価格で記載しています。

プロジェクターとスピーカーのセットで予算別に見たい方は以下の記事でまとめているので参考にしてください。

予算別おすすめホームシアターセット!プロジェクターとスピーカーのオススメの組み合わせを紹介!

4K対応や超短焦点、モバイルプロジェクターなどは別記事でまとめているのでそちらも参考にしてください。

 

プロジェクター購入時にチェックするスペック

本記事でスペックとして着目するのは以下の点です。プロジェクター選びの参考にしてください。

プロジェクター選びのポイント
1.解像度
2.輝度=ルーメン(明るさ)
3.コントラスト比(映像の鮮やかさ)
4.補正機能(置き場の自由が効くか)
5.入力ソース(HDMI対応か ≒ FireTVStick使えるか)
6.音声出力(Bluetooth対応か否か)
7.その他独自機能など

これらはプロジェクターの基本的なスペックの項目となります。これは低価格帯の製品も高価格帯の製品も同様です。高価格帯の製品になればなるほど基本スペックが高くなり、またそれ以上に「フレーム補完」や「コントラスト調整」などの独自機能が多くつきます。

本記事で紹介するプロジェクターはいずれも低価格帯の製品のため、そこまで目立った独自機能はありませんが今後プロジェクターを見る際のポイントとして覚えておくと良いです。

10,000円以下の製品

激安ですね。この価格帯ならちょっとお遊び気分で買えますね!小型タイプも多いので外出先で使うとかに良いかもしれません。

フルHDに対応しているため、ブルーレイもバッチリ見れそうです。台形補正もだいたいの機種は垂直はカバーしており、一部機種では水平もカバーしています。

明るさは可もなく不可もなく、音声出力はbluetoothに対応している機種は無さそうなので直接有線で接続する必要がありそうです。

<blockquote class=”quote_silver”>※Bluetoothトランスミッターを利用すればBluetooth対応スピーカーと無線接続も可能!

【Anker Soundsyncレビュー】Bluetooth非対応プロジェクターをワイヤレス再生可能に!トランスミッターを活用しよう!
</blockquote>

DBPOWER ミニ プロジェクター

まずはAmazonのランキングでも上位に位置しているこちら!

DBPOWERのスペック
1.フルHD対応、2.1500lm、3.コントラスト比1000:1、4.垂直補正が可能、5.USB/SD/HDMI/AV/VG、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/軽量/リモコン

1万円を切っていてこのスペックであればかなり十分な気はします。補正が垂直のみなので、斜めに投影等の調整はできませんが、このサイズ感であれば、常設というよりかは適宜動かせそうなので問題ないですね。音声がBluetooth未対応なので先ほど紹介したトランスミッターを利用するかステレオプラグでスピーカーと接続する必要があります。

(音声は本体からも出るのでスピーカーは必須ではありません。)

また、このプロジェクターのメーカーDBPOWERは割と安定感のある製品を出しているところでも有名で実際の数値畳のスペックと実際に投影した時の差異があまりありません。なので、無難に推奨できるのが本製品です。

※DBPOWERのプロジェクターも提供いただいたので実際の写りをレビューしています。

【DBPOWER T20プロジェクター】8,000円以下でお手軽ホームシアター!実際の写りをレビュー(画像あり)

※DBPOWERを製造している会社と同じ会社が製造販売しているTENKERから商品提供いただいたのでその製品に関してもレビュー記事を記載しています。

格安ミニLEDプロジェクター「TENKER」試用レビュー/特徴などまとめ(クーポン情報あり)

 

VANKYO 2200ルーメン

こちらの機種は聞きなれないメーカーですが、スペックだけで見るとかなりコスパが良いです。
VANKYOのスペック
1.フルHD対応、2.2200lm、3.コントラスト比2000:1、4.垂直補正が可能、5.HDMI/USB/SD/AV/VGA、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/リモコン
3年保証も付いていたり、持ち運び用の専用バッグも付いていたりと細かいところですが、嬉しいポイントがいくつかありますね!

輝度とコントラスト比も1万円以下のモデルにしては十分すぎるほどあります。比較的コスパの良い製品ですね!

WIMIUS 小型LEDプロジェクター

少し値段が安めのも一つ紹介しておきます。

こちらのメーカーのWIMIUSは最近流行りの格安アクションカメラを製作しているメーカーでもあります。このWIMIUSのアクションカメラを以前購入して使用しているのですが、値段の割にはなかなかよかったので、恐らくこのプロジェクターもコスパが良いだろうと思って紹介します。もちろんスペック上でのコスパも上々です。

WIMIUSのスペック
1.フルHD対応、2.1200lm、3.コントラスト比1000:1、4.垂直補正が可能、5.AV/VGA/USB/TF/HDMI、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/三脚付き/天吊り/リモコン

値段が少し安い分ルーメンの値が少し低いです。ただ、2,000lm以下はある程度部屋を暗くする必要があるかと思うので結局は同じかなと。

ランプの寿命が近づいてきたときに差が出てきそうですね。

Quarice® LEDプロジェクター

なんと1万円以下でwifiでのスマホ接続に対応しているものもあります!スマホ投影がメインの方にはこれは良いかもしれません。少しでも有線での接続は減らしたいですからね。。

Quarice®のスペック
1.フルHD対応、2.1200lm、3.コントラスト比1000:1、4.垂直補正が可能、5.USB/SD/AV/HDMI/VGA/IR、6.Bluetooth未対応、7.Wifi/スマホ投影/リモコン
上下15度ずつですが、垂直補正も可能となっているので置き場所にも少し融通が効きそうです。

QKK 2200lm 小型プロジェクター

2200lmでフルHD対応のプロジェクターです。スペック的には先ほど紹介したVANKYOのプロジェクターと近いです。

QKKのプロジェクターはプロジェクターのランキングでは常にトップ層に紛れているほどの人気製品です。

コントラスト比がVANKYOに劣るのが多少気になりますが、人気があるだけあって買って間違いない製品です。

QKKのスペック
1.フルHD対応、2.2200lm、3.コントラスト比1000:1、4.垂直補正が可能、5.AV/VGA/USB/TF/HDMI、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/三脚付き/リモコン/3年保証

Bluetooth未対応なのでトランスミッターも合わせて購入したいですね!

 

1万円以下のプロジェクターの特徴まとめ

  • フルHDの入力に対応
  • 輝度は1500lm
  • コントラスト比は1000:1
  • 垂直補正(台形補正)に対応
  • HDMI / VGA / USBに対応
  • Bluetoothは未対応(スピーカー接続は有線)
  • スマホ投影 / リモコン / 天吊り

最近のプロジェクターは1万円のコスパが良いですねー。強いて言うならやはりBluetoothに対応していないのでスピーカーの接続どうしよっかなってぐらいですかね。35mmイヤホンプラグでスピーカーと有線で接続しても良いのですが、個人的にはBluetoothトランスミッターを利用するのをオススメしています!

トランスミッターを利用すると音声の無線接続が可能になります。これを使って家にあるBluetooth対応のスピーカーやヘッドフォンと接続すれば配線を気にせずに快適に映画が楽しめますね!

【Anker Soundsyncレビュー】Bluetooth非対応プロジェクターをワイヤレス再生可能に!トランスミッターを活用しよう!

ちなみに有線で接続する場合の音声ケーブルってのはこんな感じのやつです。

どの機種もHDMIは対応しているので映像の入力にはAmazonのFireTVStickが使えますね!Fire TV Stick使えばスマホ投影もwifiで可能になるので、個人的にはそこは重要なポイントでした。AmazonプライムビデオやYoutube、Netflixなどがお手軽に見れるってのももちろんあるけど!

プロジェクターとAmazon Fire TV Stickでプライムビデオを楽しもう!接続は簡単でミラーリングも可能!

 

10,000〜20,000円の製品

このクラスになると音声がBluetooth対応になったり、明るさが3,000lmを超えてきたりします。スペック面だけで見ると下手すりゃ10万円レベルと同程度のスペック誇ってたり。。。コスパっていう面でいうとこの辺りが一番良いかもしれませんね。

Artlii LEDプロジェクター 3500lm

この価格帯で3,500lmとかなり明るいプロジェクターです!

Artliiのスペック
1.フルHD対応、2.3500lm、3.コントラスト比1500:1、4.垂直補正が可能、5.USB/TF/HD/VGA/AV/TV/HDMI、6.Bluetooth未対応、7.HIFIスピーカー/スマホ投影/リモコン

低価格帯のプロジェクターはどうしてもコントラスト比が小さいので明るいほど綺麗な映像を楽しむことができます。その点でArtliiのプロジェクターは輝度が3,500lmとずば抜けた数値を誇っています。

コントラスト比は他の製品と同様に1,500:1のため他のプロジェクターと比較するとかなり綺麗に見えるかと思います。

これぞコスパの良い商品ですね!

 

LESHP LEDプロジェクター

1万円以下のモデルが値段分スペックアップしたような感じですね!

LESHPのスペック
1.フルHD対応、2.3200lm、3.コントラスト比3000:14.垂直補正が可能、5.USB/HDMI/AV/VGA/Y.Pb.Pr、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/リモコン
特段目立ったスペックはないですが、無難に良いスペックといったところです。Bluetoothに対応していればよかったのですが、そこが惜しいですね。。

3,200lmであればかなり明るいですね。僕が持っている8万円クラスのプロジェクターですら2,200lmなので。。。

プロジェクターって明るい?2200ルーメンの映りをシーン別に徹底比較-暗室・昼間・照明あり-

コントラスト比も1万円以下の製品と比べるとだいぶ向上しています。

WIMIUS プロジェクター

WIMIUSの上位機種ですね。こちらも先ほど紹介したものと同様に値段分スペックアップしています。

WIMIUSのスペック
1.フルHD対応、2.3200lm、3.コントラスト比2000:1、4.垂直補正が可能、5.USB/HDMI/AV/VGA/Y.Pb.Pr、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/リモコン
個人的にはWIMIUSは割と信頼しているメーカーですが、スペックだけで比較すると先ほどのLESHPの方が良さそうですね。

ELEPHAS LEDプロジェクター

聞きなれないメーカーですが、最近発売されたプロジェクターですね。他のプロジェクターと比べると形が少し独特でサイズ感も一回り小さいですね。

スペックも1080PのフルHD対応で明るく投影のスペックは高いですが、wifiもBluetoothも対応していないのでその点の使い勝手は微妙ですね。

ELEPHASのスペック
1.フルHD対応、2.3300lm、3.コントラスト比2000:1、4.補正の記載無し、5.USBx2/HDMIx2/AV/VGA/、6.Bluetooth未対応、7.リモコン
もう一つちょっとおもしろプロジェクター紹介します!

TopSuper® フルHD

手のひらサイズの小型プロジェクターです。充電式でフルHD対応、 最大90インチまで投影が可能です。

TopSuper®のスペック
1.フルHD対応、2.800lm、3.コントラスト比800:1、4.補正不可能、5.USB/HDMI/AV/VGA/Y.Pb.Pr、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/充電式70分
以前まで普通の四角い形だったのになぜか今はペンギン型になってますね。。

ただ、お値段据え置きでスペックだけ上がっているようです。前モデルは30lmという頼りなさでしたが、今回のペンギンモデルはなんと800lmもあります。

通常のプロジェクターと比べるともちろん物足りませんが、コンパクトサイズで持ち運び可となると場面によっては重宝しそうです。

【小型軽量で持ち運び可能】モバイルプロジェクターの選び方とおすすめ紹介!

 

1〜2万円のプロジェクターの特徴まとめ

  • フルHDの入力に対応
  • 輝度は1500〜3500lm
  • コントラスト比は最高で3000 : 1
  • 垂直補正(台形補正)対応
  • 入力口は豊富(USB/HDMI/AV/VGA/Y.Pb.Pr)
  • Bluetooth未対応
  • 充電式などバラエティー豊か

この価格帯だとまだwifiやBluetoothなどに対応できていません。

その代わり基本的なスペックが1万円以下の製品より上がっています。3,500lmとかまさにそれです。

また、補正機能に関しても垂直補正はあるものの、水平補正に関しての対応はできていないようです。

1万円以下のモデルと比べると確実にスペックアップしているが、まだ「便利な機能」を取るか、「便利機能はないけど投影機能がハイスペック」を取るか。といったところです。またコントラスト比はまだまだ低いので色鮮やかな映像には遠いかもしれませんが、ルーメンが3000台クラスの製品などはかなり明るく鑑賞が可能だと思います。

この価格帯も今までの大手の日本メーカーが出してきた製品と比べるとかなりコスパが良いと言えると思います。

 

20,000〜50,000円の製品

この価格帯まで来ると買うのを悩まれる方も出て来るかと思いますが、今までの日本メーカーの製品と比べるとこの価格帯でもかなり安いです。(技術の発展って素晴らしい。。)

EUG 高解像度プロジェクター

目立った特徴はありませんが、価格の分だけ無難にスペックが上がってきていますね。ルーメン自体は下位のものとそこまで変わりませんが、コントラスト比が上がっています。つまり下位のものよりより鮮やかな映像が投影できます。

EUGのスペック
1.フルHD対応、2.3600lm、3.コントラスト比4500:1、4.垂直補正可能、5.USBx2/HDMIx2/VGA-In/AV、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/天吊り

EUG 高画質プロジェクター

またしても、EUGのものになってしまったのですが、これは先ほどのモデルに+でWifiとBluetoothがついたような製品になります。その分お値段が上がっていますが、十分その価値を発揮できるかと思います。

EUGのスペック
1.フルHD対応、2.3600lm、3.コントラスト比4500:1、4.垂直補正可能、5.USBx2/HDMIx2/VGA-In/AV、6.Bluetooth対応、7.Wifi/スマホ投影/天吊り
WifiとBluetoothに対応していれば、接続用のケーブルも不要だし、配線に悩む必要もありません。この価格帯でそれが実現できているので使い勝手はかなり良いのではないかと思います。

個人的には結構良さげな製品だと思います。あとはBluetoothのスピーカーもあわせて買っておきたいですね。

ホームシアターにおすすめのスピーカーシステム!!5.1chやワイヤレス対応機種も紹介!

 

EPSON プロジェクター EB-S05

5万円あれば有名メーカーEPSONのプロジェクターも候補になりますね!本来はビジネス用のプロジェクターですが、家庭用としても十分使えます。

スペックに関してはやはりEPSON。。。コントラスト比が15000:1と他のプロジェクターより圧倒的に数値が高いです。さらに3LCD方式というEPSONの投影技術が採用されているため、他のプロジェクターより鮮やかな映像が投影できることが分かります。

どうせなら綺麗な映像で楽しみたいですしね!!予算があるのであれば、このクラスは欲しいですね。

EPSONのスペック
1.フルHD対応、2.3200lm、3.コントラスト比15000:1、4.垂直/水平補正可能、5.USB/HDMI/VGA/AV、6.Bluetooth未対応、7.3LCD/Wifiはオプションで可能/天吊り
ビジネス用途のため、Bluetoothは未対応となっているのが残念なところ。それ以外に関してはかなりの高スペックですね!

2〜5万円のプロジェクターの特徴まとめ

  • フルHDの入力に対応
  • 輝度は1500〜3600lm
  • コントラスト比も良いもので15000 : 1
  • 垂直補正(台形補正)対応
  • 入力口は豊富(USB/HDMI/AV/VGA/Y.Pb.Pr)
  • Bluetooth対応機種も一部あり
  • wifiや3D、充電式などバラエティー豊か

明るさの基準であるルーメンに関しては、1〜2万円台のものとそこまでの差はありません。しかし、コントラスト比が上昇しているため、より鮮やかで綺麗な映像が投影可能となっています。また、大手EPSONの製品もこの価格帯だと視野に入ってきます。

これより上位モデルは投影方式が高級仕様になっていたり、コントラスト比が更に大きくなったり映像の鮮やかさ、綺麗さが向上していきます。予算が許す範囲でできるだけ良い製品を探してみてください。

ただ、今回この記事に置いて紹介させてもらった機種はどれもAmazonで良い評価をされているものになるので、この中から選べば失敗はないかなと思います。

予算が決まっており、スピーカーもあわせて買うつもりであれば以下の記事も参考にしてください。

予算別おすすめホームシアターセット!プロジェクターとスピーカーのオススメの組み合わせを紹介!

プロジェクターと一緒に買うべきもの

このあたりは一緒に買っておくのがオススメです!

あわせて買いたい
  1. Fire TV Stick
  2. Bluetoothトランスミッター
  3. Bluetooth対応のスピーカー
  4. スクリーン

1.Fire TV Stick

一番のおすすめはこれ!!プロジェクターがwifiに対応してなくても、これをプロジェクターに指すだけでスマホ映像の投影もできるし、AmazonプライムビデオやHulu、NetFlix、Youtube、U-NEXTなどの動画を楽しむことができます。

プライム会員であればAmazonプライムビデオも見放題となるのでおすすめです。

Amazonプライムビデオのおすすめ人気作品を紹介!月額325円でここまで観れる!!

月額たったの325円で映画・ドラマ見放題、音楽聞き放題、電子書籍読み放題で損することはほんとないです!
※プライム会員でなくても使用は可能です。

Amazonプライム会員がお得すぎ!オススメしたい12個のメリットを紹介!【30日間の無料体験あり】

プロジェクターを購入する人はホームシアター目当てで買う人が多いと思うのですが、最近の映画はDVDももちろんですが、ほとんどがネット上のストリーミングサービスで鑑賞が可能で、その料金も月額たったの1000円とかです。

で、その主要なサービスは上記であげた、プライムビデオ・Hulu・NetFlix・U-NEXTが主流です。それらを全てプロジェクターで鑑賞可能にできるFireTvStickはプロジェクターとの相性が抜群と言うわけです。

ついでに今、挙げた映画やドラマが月額制で見放題のサービスに入るのもおすすめです。だいたいのサービスは無料体験が可能なのでその期間だけ契約とかかなりありかと。

ホームシアターで観よう!!動画配信サービス(VOD)の特徴まとめ!無料体験も活用しよう!

 

2.Bluetoothトランスミッター

低価格帯のプロジェクターはBluetoothに対応していない製品が多いため、これを持っておくとかなり役にたつかと思います。

価格も4,000円程度なので気軽に試せますね!

初心者にオススメ!SONYのEマウント単焦点レンズを紹介!

 

3.Bluetooth対応のスピーカー

ホームシアター用のおすすめスピーカーを以下記事でまとめています。昔からあるAVアンプと5.1chのスピーカーを組み合わせてというのももちろん良いのですが、最近は一体型のシアターバー(サウンドバー)が人気となっています。

一体型にも関わらずまるで独立スピーカーかのように音を響かせる技術が使われています。

ホームシアターにおすすめのスピーカーシステム!!5.1chやワイヤレス対応機種も紹介!

4.スクリーン

映像を投影できる白い壁があれば特段いらないのですが、一応買い忘れが内容に記載しておきます。

スクリーンも壁に固定するものだったり自立式のものだったり種類があります。そのため、設置する環境に合わせて選んできださい。

他にもHDMIトランスミッターなどあると便利な製品をまとめているので参考にしてください。

【入門者必見】ホームシアターを楽しむために「必要なもの」「あると良いもの」のオススメを紹介!

以上、長文になりました!

素晴らしいホームシアター生活を!!

 

あわせて読みたい

ホームシアターを始める方はまずこの記事から読んでください。

ホームシアターを始めよう!ワンルーム一人暮らしにもオススメ!映画を大画面で観よう!

格安プロジェクターとEPSONとかの高いプロジェクターって何が違うの?って方はこちらを読んでください。

【徹底比較】中華製格安プロジェクターとEPSONのホームシアター用プロジェクターの映りの違いを見比べてみた

よくある質問なので記事にしました。

プロジェクターでテレビを見る方法!地上波もBSもCSも!ブルーレイレコーダーを使用した接続方法を解説!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA