ポケットサイズのカメラ付きジンバル Feiyu Pocket 2 レビュー|手軽に映像を残すならこれ1本で十分

この記事では現在クラウドファンディングのmakuakeでプロジェクトがスタートしたカメラ付きジンバル、Feiyu Pocker 2の紹介をします。

カメラ付きジンバルはその名の通りカメラとジンバルが一体化した製品になっており、特徴としては通常のジンバルより小型なのにちゃんとしたカメラが付いていて非常にコンパクトに纏まっているという点になります。

VlogやYoutubeの撮影、旅行、子供の記録を残すのに最適な商品です。

この記事はこんな方におすすめ
  • ジンバルまたはカメラ付きジンバルに興味がある
  • Feiyu Pocket 2を買おうか迷っている
  • Feiyu Pocket 2のレビューを見たい

※本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

Feiyu Pocket 2とは

カメラの手ブレを補正するジンバルのパイオニアFeiyuTeck(フェイユーテック)社から発売されるカメラ付きジンバルです。

現在クラウドファンディングのmakuakeで応援購入が可能となっています。

クラウドファンディングもたった1日で7262%の大人気
クラウドファンディングもたった1日で7262%の大人気
ワクワクが止まらない!カメラ付きジンバルの新しい形Feiyu Pocket
最大25%OFFで購入可能

Feiyu Pocketはジンバルとカメラが一体化した製品になっておりこれ1台で手ブレの無い綺麗な動画を撮ることができます。

iPhone用や一眼カメラ用のジンバルなどもありますが、それらの製品はジンバルだけでも結構かさばるサイズ感になってしまうため、より手軽にコンパクトに持ち運んで綺麗な映像を撮りたい方にはカメラ付きジンバルがおすすめになります。

製品自体はかなりシンプルで正面にはタッチ操作が可能なディスプレイとカメラ操作用のジョイスティック、シャッターボタンが配置されています。

手のひらに収まるサイズ
手のひらに収まるサイズ

右側面には電源ボタンとスピーカー

右の側面に電源ボタンとスピーカー
右の側面に電源ボタンとスピーカー

左側面には充電やデータ転送用のUSB-CとmicroSDカードの挿入口があります。

左側面にはUSB-C端子とマイクロSD
左側面にはUSB-C端子とマイクロSD

※Feiyu Pocket 2は内蔵のHDが無いため撮影にはmicroSDカードが必須です。

シンプルな構成なため、本体がほんとに小さいです。

iPhoneと比較してもその小ささがわかるかと思います。

iPhoneよりもコンパクト
iPhoneよりもコンパクト

それでいて130度の超広角レンズが内蔵されていて4K/60fpsの動画撮影が可能というハイスペックに仕上がっています。

また、今回紹介するのは本体とカメラが完全に一体化したFeiyu Pocket 2ですが、makuakeでは本体とカメラ部分が分離でき、よりアクションカメラ風や自由自在な撮影が行えるFeiyu Pocket 2Sも販売されています。

ベーシックな2とアクションカメラ風にも使える2S
ベーシックな2とアクションカメラ風にも使える2S

Feiyu Pocket 2Sの場合は手に持たずに体に固定したり、車や自転車などに固定して臨場感のある動画を撮ることができます。

Feiyu Pocket 2と2Sはカメラの分離以外に細かい違いはありますが、撮影性能としてはほぼ同等となっています。

ワクワクが止まらない!カメラ付きジンバルの新しい形Feiyu Pocket
最大25%OFFで購入可能

それでは次にFeiyu Pocket 2の特徴と実際に使って見た際の良い点悪い点などを紹介していきます。

Feiyu Pocket 2の特徴

さっそくですが、Feiyu Pocket 2の特徴をさらっと紹介していきます

  • iPhone 12 Proより小さくて軽いため持ち運びも楽々
  • 130度超広角レンズかつ4K / 60fpsで綺麗な映像の撮影が可能
  • 3軸メカニカルジンバルでなめらかでブレの少ない撮影が可能
  • USB-C充電対応、大容量バッテリーで最大220分の連続撮影が可能
  • タイムラプスやスローモーションなどの撮影にも対応

iPhone 12 Proより小さくて軽いため持ち運びも楽々

まずは見た目からでなんといってもその小ささがなんといっても良いです。

言葉通りのポケットサイズのコンパクトな仕上がり
言葉通りのポケットサイズのコンパクトな仕上がり

カメラとか気合い入れて一眼とか買っても結局出かけるときに荷物が増えるからといって次第に持ち運ばなくなって使わないという話しをよく聞きます。(自分も割とそのタイプ)

Feiyu Pocket 2は厚みこそiPhoneより大きいですが、全体的にコンパクトなのでポケットにも小さめの鞄にもすっぽりと収まります。

重さもiPhoneより軽く、付属のケースに入れても175g程度(iPhone 12 Proはケース込みで234g)

本体のみだと133g
本体のみだと133g
付属のケースに入れると175g
付属のケースに入れると175g

そのため、さっと持ち出せてさっと使うことができるというのは地味ですが結構強いメリットかなと思います。

130度超広角レンズかつ4K / 60fpsで最新の綺麗な映像の撮影が可能

自撮りをするにしても、風景などを撮るにしても広角は映像に迫力が出ます。

そのため、GoProなどのアクションカメラだけでなくiPhoneなどのスマホにも搭載されてきている超広角撮影にももちろん対応しています。

各カメラの撮影画角
  • iPhone 12 Proの超広角撮影:120度
  • GoProの広角撮影:148度
  • Feiyu Pocketの広角撮影:130度

GoProほど広角では無いがiPhone 12 Proの超広角撮影よりさらに広角で撮影が可能

個人的にはiPhone 12 Proの超広角撮影はよく使っていて、十分広角だと思っているのでその数値を上回っているだけで大満足です。(広角撮影はよくもわるくも隅に歪みが出るのでほどほどの値が好み)

また、解像度に関しても4Kに対応しており60fpsでの撮影が可能なため、大画面でもスムーズに流れるような動画の撮影が可能となっています。

最近はテレビもPCのモニターも4Kが増えてきているのでここの対応は必須です。

GoProとかだと5Kなどにも対応し始めていますが、正直5K対応のテレビやモニター持っている人は現在だとほぼいないため解像度的には4Kがあれば十分と感じています。

3軸メカニカルジンバルでなめらかでブレの少ない撮影が可能

3軸メカニカルジンバル
3軸メカニカルジンバル

Feiyu Pocket 2はジンバル機能もしっかりしています。

3軸でブレを抑える効果があるため、非常に滑らかな映像の撮影が可能です。

ジンバルのモードも3つ用意されています。

3軸メカニカルジンバルの3つのモード

  • TFモード:上下左右カメラの向きに柔軟に追従
  • HFモード:横方向のみカメラの向きに追従
  • AFモード:360度カメラの向きに柔軟に追従
iPhoneよりも綺麗にブレの無い撮影をしたいならTFモードがおすすめ
iPhoneよりも綺麗にブレの無い撮影をしたいならTFモードがおすすめ

カメラの回転などをさせずに普通にiPhoneなどより綺麗に滑らかな映像を撮りたい場合はこのモード

カメラの動きに合わせて柔軟に追従してくれます。

そのため、歩いたりすると微妙に上下の揺れが発生します。

主役などを決めた映像作品を撮りたいならHFモードがおすすめ
主役などを決めた映像作品を撮りたいならHFモードがおすすめ

高さが固定され横の動きのみ追従してくれるのがこのモード

個人的にジンバルの強みが出るのとプロ感が出るのがこのモードになるかなと思います。

空を仰いだりはできないですが、歩いても上下が全くブレず綺麗な映像が撮れます。

カメラの回転などより自由な映像作品を撮りたいならAFモードがおすすめ
カメラの回転などより自由な映像作品を撮りたいならAFモードがおすすめ

TFモード+カメラの回転などにも対応しているのがこのモード

通常のVlogなどを撮影する分にはあまり使わないモードになるかなと思います。

上に貼ってある映像のようにカメラを回転させるなど少しトリッキーな動きを撮影したい場合に使用します。

USB-C充電対応、大容量バッテリーで最大220分の連続撮影が可能

USB-Cでの急速充電に対応
USB-Cでの急速充電に対応

地味に嬉しいのがUSB-Cでの充電対応です。

最近のPCや電気機器の多くがUSB-C対応となっているため、USB-C1本だけ持っていれば全ての端末との接続や充電ができるようになります。

約70分の充電で最大220分間の撮影が可能(最大値はフルHD30fpsで撮影した場合)

また、USB-Cを接続してPCに映像を取り込んだり、PCの外部カメラとして使うことも可能です。

USB-Cは転送速度を速くできたり、大容量の給電ができるため現時点での接続対応としては最も優れた形式と言えます。(iPhoneも早くUSB-Cに対応して欲しい)

タイムラプスやスローモーションなどの撮影にも対応

Feiyu Pocket 2は通常の撮影だけでなく、タイムラプスやスローモーションなど特殊撮影にも対応しています。

通常撮影以外に以下の撮影に対応しています。

  • パノラマ
  • タイムラプス
  • モーションラプス
  • ハイパーラプス
  • スローモーション

Feiyu Pocket 2のイマイチな点

実際に数日使って見ての感想です。

もう少し使いこなしたらまた変わってくるかもなのでその際には更新していきます。

  • タッチパネルが操作しにくい
  • マイクの精度が少し物足りない
  • 防水仕様ではない(防水専用ケースは今後発売予定)
  • アプリの反応が悪い / アプリでしか設定できない項目がある

タッチパネルが操作しにくい

カメラの向きの操作と撮影の開始終了以外は基本的にはタッチパネルでの操作になるのですが、タッチパネルが小さいため操作の煩わしさを感じるシーンがあります。

そこまで頻繁にタッチパネルの操作を行うことは無いかもしれませんが、物理ボタンでの操作は以下の内容しか行えないためこれ以外の操作は全てタッチパネルで行うことになります。

物理ボタンで可能な操作

  • 電源ボタン:ビデオ、カメラ、スローモーションの切替
  • ジョイスティック:カメラの上下左右の操作、センタリング、フリップ、ロック
  • シャッターボタン:撮影開始・終了、wifiモード

多少物理ボタンが増えても良いのでこの辺りの操作性が改善されるとさらに良い製品になるかなと思います。

マイクの精度が少し物足りない

Vlogなど自分の声も入れたい場合にはマイクの精度に少し物足りなさを感じる可能性があります。

自分の場合は主に旅行などを記録してそれらを編集してBGMつけてといった使い方をするので特段不満はないですが、内蔵マイクに期待しすぎない方が良いかなと思います。

マイクは外付けマイクアダプターなどを用いた方が良さそうです。

防水仕様ではない(防水専用ケースは今後発売予定)

これはダメなとこというよりかは念のため程度の記載ですが、本体は防水仕様ではないのでその点は注意する必要があります。

防水対応するには防水専用ケースを用いる必要があります。

アプリの反応が悪い / アプリでしか設定できない項目がある

まだクラウドファンディング中で未発売のため開発中の部分もあるのかもしれませんが、アプリの反応が多少悪いかなという印象です。(iPhone 12 Pro / iOS 14.7.1)

軽く触って見ただけでも以下の課題が見つかりました。

  • アプリの画面が固まる
  • 映像が数秒遅れて連携される
  • モードの切り替えなど操作の反映に数秒程度の時間がかかる

基本は本体のみで操作して、フォームウェアのアップデートやアプリでしか操作できないこと(プロモードの設定など)を行いたい際にアプリを使うといった活用方法が良いのかなと思いました。

アプリも単純なプラスアルファの機能と考えればこれによって評価がマイナスになることはないかなという印象です。

Feiyu Pocket 2の付属品等

最後になりますが、機能面やメリットなどは上記に記載したので簡単な付属品などの説明を入れておきます。

まず、パッケージはシンプルな印象

今時のシンプルなパッケージ
今時のシンプルなパッケージ

中には簡単な説明書と付属品が収まっています。

説明書と本体とケースがまずは登場
説明書と本体とケースがまずは登場

不足品を全て取り出すとこんな感じで、本体、ソフトケース、USB-C充電ケーブル、ストラップが入っています。

ACアダプターは付属していないので自分で準備する必要があります。

ケース以外の付属品は充電ケーブルとストラップ

ソフトケースは外面がプラストックっぽい感触で内側は本体が傷つかないような作りになっています。

ケースは外側はかっちりしていて内側は本体が傷つかないようになっている
ケースは外側はかっちりしていて内側は本体が傷つかないようになっている

実際に本体を入れるとすっぽり収まります。

ケースに本体を収めるとこんな感じ
ケースに本体を収めるとこんな感じ

また、ケースに入れた状態での充電も可能となっています。

ケースに入れた状態で充電が可能
ケースに入れた状態で充電が可能

ストラップは本体下部につけることができ、本体の落下防止に役立ちます。

ストラップ装着で落下防止に役立つ
ストラップ装着で落下防止に役立つ

また、本体の底には三脚用のねじ穴があるため、三脚に固定してタイムラプスなどの動画を撮ることもできます。

Feiyu Pocket 2レビューまとめ

ポケットサイズの小型のカメラ付きジンバルなので気軽に持ちはこべて簡単にちょっとした記録を手軽に残すことができます。

本体が小さくてもカメラの性能は抜群で超広角130度で4Kの綺麗さかつ60fpsのなめらかな映像の撮影が可能となっています。

せっかく動画を残すなら綺麗に残したいけど一眼カメラとかビデオカメラとか大きくて重たいのを持ち運ぶのは気が引けるという方に是非ともおすすめしたい商品です。

Feiyu Pocket 2は現在クラウドファンディングサイト、makuakeで購入が可能なのでサイト自体ものぞいて見てください。

ワクワクが止まらない!カメラ付きジンバルの新しい形Feiyu Pocket
2021年10月30日まで開催中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA