\仮想通貨は積立投資がオススメ/

【Cryptact(クリプタクト)】仮想通貨の税計算・確定申告はこれで楽々!バイナンスやCoinExchangeなどの海外取引所も対応!

ついに確定申告の時期がやってきました。

やらなきゃなーと思っていた仮想通貨の税計算をようやく始めました。。

仮想通貨の税計算用のサービスやツールなどは色々と出ていますが、今回使って見てかなり使いやすいサービスがあったので紹介します。

他のサービスやツールとの違いも含めて紹介します。

Cryptact(クリプタクト)とは

f:id:taaaaho:20180214235809p:plain

元ゴールドマンサックスのエンジニアが創業に関わっているサービスです。

国内外の対応取り扱い取引所の多さが特徴です。

日本のCoincheckやZaif、Bitflyerなどはもちろんのこと海外大手取引所のBinanceやBittrexなど主要な取引所に対応しています。

f:id:taaaaho:20180215000635p:plain

仮想通貨・ブロックチェーンの将来を信じ自身も投資をしている専門家集団が、自分たちが使いやすいと信じるシステム(ツール)を日々創っています。
急速に成長する仮想通貨・ブロックチェーン、そしてスマートコントラクト。大きな可能性を持つこれらの技術に対する一般の認知は始まったばかりで、その仕組みについて人々が抱く疑問や不安をクリアにしていく必要があると私たちは考えています。

クリプタクトの中心メンバーは、ゴールドマン・サックスにてヘッジファンドの運用や様々な金融システムの開発を経験。「シンプルで使いやすい」ツールを皆様にお届けすることで、仮想通貨、ブロックチェーン、およびスマートコントラクトを身近なものとし、私たちの生活を豊かにしていく。日本にさらなる好循環をもたらすための一助となる。クリプタクトを通して、そんな社会の実現に少しでも貢献していきたいと願っています

Cryptact Ltd. | 仮想通貨を次のステージへ

Cryptactの特徴

国内外14の取引所(+1サービス)に対応(バイナンスやCoinExchangeにも対応)

f:id:taaaaho:20180214235904p:plain

国内の取引所にしか対応していないサービスも多い中ダントツの対応数です。

未対応の取引所も「カスタムファイル」を使用することによって税計算が可能となっているところも魅力的です。

それぞれ取引履歴ファイルを出力してCryptactにアップロードをするだけで完了です。
※一部の取引所はファイル出力に対応していないため、コピペで対応する必要があります。

対応している国内取引所
・Coincheck(コインチェック)
・Zaif(ザイフ)
・Bitflyer(ビットフライヤー)
・Bitbank(ビットバンク)
・QUOINEX(コインエクスチェンジ)
・GMOコイン

対応している国外取引所
・Binance
・Kraken
・Poloniex
・Bittrex
・Bitfinex
・Cryptopia
・HitBTC
・Changelly
・CoinExchange
・Changelly

移動平均方・総平均方どちらにも対応

確定申告時に推奨されている計算方法は移動平均方ですが、総平均方で計算して納税も可能となっています。

Cryptactでは簡単な設定で計算方法を切り替えて計算を行うことが可能です。

f:id:taaaaho:20180215000055p:plain

計算方法は年度を跨いで変更などはできないため、基本的には移動平均法で計算して納税するのがベターです。

人によっては総平均法の方が利益が安く算出されますが、長い目で見るとどちらにも大差は出てこないのでベターな方を選ぶと良いです。

カスタムファイルでICOやマイニング、未対応取引所も計算可能

対応している取引所は、取引履歴をダウンロードしてきてCryptactにアップロードすれば完了ですが、それ以外の取引に関しても「カスタムファイル」というフォーマットに合わせて取引の記録を入力することで計算を行うことが可能です。

そのため、ICOやAirDrop、マイニングなども計算に含めることができます

カスタムファイルは手動での作成のため、多少手間はかかりますが、Cryptact上で一括管理できるのは非常に助かります。

無料で使える

他にも上記に記載されているように

これらのサービスが無料で使えます。

アカウント登録制となっており、一度アップロードしたデータはログインすることでいつでも確認が可能となっています。

Cryptactの使い方 -確定申告用ドキュメントの作成方法-

1.Cryptactに登録する

公式サイト:tax@cryptact – Cryptact

f:id:taaaaho:20180215000803p:plain

上記のリンクから新規登録が可能です。

ユーザー名とメールアドレス、パスワードのみで登録可能です。

2.各取引所から取引履歴をダウンロード

ヘルプから各取引所の履歴ファイルのファウンロード方法が確認できます。

Cryptactの優秀な点はヘルプがかなり丁寧に書かれているんですよね。

f:id:taaaaho:20180215001009p:plain

各取引所からの取引履歴のダウンロードは多少めんどくさいですが、自力で計算することを考えるとはるかに楽なのでめんどくさがらずにやりましょう。

一部取引所はExcelを利用してコピペでcsvファイルを作成する必要があるのですが、Excelを持っていない人はオンラインのExcel使うと良いです。

アカウントの登録だけで無料でMicrosoftの製品が使い放題です。

Microsoft Excel Online – Excel スプレッドシートで共同作業

※日付のフォーマットだけCryptactに対応していないので手動でやる必要があります。

3.Cryptactに取引履歴をアップロード

各取引所からファイルをダウンロードしたらあとはCryptactにアップロードするだけです。

アップロードボタンをクリックすると、対応している取引所が表示されるので、ファイルをアップロードする取引所を選択してファイルします。

f:id:taaaaho:20180215001824p:plain

アップロードが完了すると計算も自動で行われ、結果が表示されます。

仮想通貨同士の売買も課税対象ということによる利益の膨らみの恐ろしさを感じました。

ここまで利益を出したつもりはないのですが、、、大人しく支払います。

f:id:taaaaho:20180215001800p:plain

使って見ると、めちゃめちゃ簡単です。

画面自体も非常にわかりやすいUIとなっています。

アップロードしたファイルが誤っていないかのチェックなども自動で行われ、エラーである場合には理由と共に赤く表示されます

今回も一部取引所のファイルアップロードが漏れており、エラーが出たおかげでそのミスに気づくことができました。

Cryptact上で計算した結果ファイルはダウンロードすることが可能となっているため、確定申告時には印刷して保管しておくことが可能です。

まだ、仮想通貨の確定申告の準備でできていないかたはぜひ利用してみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です