\仮想通貨は積立投資がオススメ/

【ブックマーク必須】仮想通貨の情報を調べるのに便利なサイト・ツール・アプリを紹介

仮想通貨を始める人がまず行き当たるのが情報の仕入れ方になると思います。

Twitterとかブログとかで情報を仕入れる人が多いと思いますが、一括でまとまっているものがなかったので本記事でまとめておきます。

各サイトはブックマーク必須です!

1.仮想通貨の情報を調べる(時価総額/取扱取引所など)

基本はこれ「CoinmarketCap」

Cryptocurrency Market Capitalizations | CoinMarketCap

Coinmarketcapで確認できる情報(一部)
1.時価総額ランキングの確認
2.各仮想通貨の取扱取引所の確認
3.取引所毎の取引量の確認
4.24時間の値上がり率の確認
and more…

素人から玄人まで誰もが使用するサイトです。

「CMC」と略されることもあります。

CMCではとにかくいろんな情報が参照できます。

これがメイン画面です。時価総額のランキングが確認可能です。

ヘッダー部分の「Price」や「Volume」をクリックすることで各項目でソートして確認が可能です。

f:id:taaaaho:20180108145313p:plain

続いて、仮想通貨の時価総額の確認はこの画面。

ご覧の通りの右肩上がりで、仮想通貨は今もなお発展途上にあることがわかります。

f:id:taaaaho:20180108145449p:plain

よくTwitterで大御所たちがいっているドミナンスも確認可能

ビットコインのドミナンスが下がってくる大御所たちが警告を開始します。

ビットコインは王者だから調整が入ると言われているためです。

今現在もドミナンスが過去最低になっているため、そろそろ王が動き出すという言葉をちらほら見るのはこれが要因。

f:id:taaaaho:20180108145557p:plain

また、各通貨毎の情報を調べるのにもよく使います。

名前を知らない通貨を見つけたらまずはここで検索をして、現在価格や発行量、取扱取引所の確認をします。

詳細な情報が知りたければ、リンク先に飛ぶことでより多くの情報が得られます。
(基本英語の情報になります。)

f:id:taaaaho:20180108150215p:plain

どこの取引所がメインで取引が行われているのかもここから確認します。

上の画像の「Markets」をクリックすると、取り扱っている取引所とボリュームが確認可能です。

f:id:taaaaho:20180108150341p:plain

QASHの場合は、Huobiでの取引がもっとも行われているようです。

それ以外にも取り扱っている取引所は多そうですが、取引ボリュームがもっともあるところで取引を行うのがベターです。

独自の観点でランキングを公開「CoinGecho」

CoinGecko: 暗号通貨チャートのあらゆる側面を網羅した360度的概要

上記のCMCでは、実際の取引データによる情報でランキング付けなどがされていますが、CoinGechoでは独自の観点で仮想通貨の点数付けを行い、ランキングを形成しています。

投資先に悩んだ場合はこういった情報を元にするのもありですね。

f:id:taaaaho:20180108150943p:plain

2.チャートを一覧で表示する

今どの通貨が上がっていて、どの通貨が下がっているのか。

各取引所やアプリのウィジェットなどで確認が可能ですが、ツールとしても提供されています。

FXやるなら「黒まチャート」

黒マチャート

FXをやるように作られたツールです。

各取引所のチャートが一目で確認できるようになっています。

f:id:taaaaho:20180108151405p:plain

各取引所のチャートを一覧で見るなら「CCDeck」

CCDeck

こちらはコインチェックでの取扱銘柄のチャートを1画面で見ることができるサイトです。

姉妹サービスで他の取引所もあるのでつかってみてください。

f:id:taaaaho:20180108151623p:plain

3.ICOの情報を仕入れる

ICOの予定とレーティング「ICO Drops」

ICO Drops – Calendar of active and upcoming ICO. Complete list with Token Sales

こちらのサイトでは「実施中」「近日実施」「終了済」のICOをそれぞれ確認できます。

また、独自にICOのレーティングもされており、有望なICOを探すことが可能です。

f:id:taaaaho:20180108152208p:plain

日本語でICOの情報を確認するなら「COIN JINJA」

まだプレオープンとなっていますが、見やすいサイトです。

日本語でICOの説明が記載されているので英語が苦手な人でも安心です。

ICO情報のCOIN JINJA – ビットコイン仮想通貨ICOトークンの日本語情報検索サイト

f:id:taaaaho:20180108152227p:plain

4.仮想通貨のイベントを確認する

仮想通貨の値動きがあるのは、プロジェクトの進展が会った時や、新規取引所への上場時など特定のイベントに連動することが多いです。

以下のサイトでは仮想通貨に関するイベントがまとめられており、今後の値動きを予想する際の参考にすることが可能です。

ただこの手の情報は噂程度のものだったりFUD(嘘)も混じっているため、迂闊に信用するのも禁物です。

「Curyptcurrency Calender」

Cryptocurrency Calendar

f:id:taaaaho:20180108152659p:plain

「Coin Calender」

こちらも上記のサイトと似たようなものです。

見やすいと思う方を利用すると良いです。

Important Cryptocurrency Events – Coin Calendar

f:id:taaaaho:20180108153000p:plain

5.アプリでポートフォリオを管理する

日本語対応で使いやすさ抜群「Cryptfolio」

Cryptofolio(クリプトフォリオ)仮想通貨資産管理アプリ

Cryptofolio(クリプトフォリオ)仮想通貨資産管理アプリ
開発元:AppRuns inc
無料
posted with アプリーチ

仮想通貨のポートフォリオ管理はこれで完璧。

自分が保有している通貨を登録しておくと、その価格や資産水位、割合などの確認がサクッと行えます。

また、仮想通貨関連のニュースもパッと確認することが可能です。

ウィジェット機能も優秀で、好きな通貨をウィジェットの表示に追加できます。

細かい説明は省きますが、キャプチャだけどうぞ。

f:id:taaaaho:20180108154355p:plain
f:id:taaaaho:20180108154403p:plain

パッと見て非常にわかりやすいUIをしています。

f:id:taaaaho:20180108154409p:plain
f:id:taaaaho:20180108154347p:plain

これは取っておいて損はないと思います。

多くの人がこのアプリを使用していますしね。

海外勢が使用している仮想通貨管理はこれ「BlockInfo」

Blockfolio Bitcoin / Altcoin App

Blockfolio Bitcoin / Altcoin App
開発元:Blockfolio, LLC
無料
posted with アプリーチ

クリプトフォリオを使う前はこちらを使っていましたが、今ではもう使っていません。

ただこちらの方がよりシンプルですっきりとしているので普通にUIのこのみで使い分ければ良いと思います。

こちらも資産推移などの確認可能です。

f:id:taaaaho:20180108155136p:plain

まとめ

思いつくものをバーっとあげましたが、これら以外にも有用なツールやサイトなどは存在しています。

これらのツールを駆使してスマートに取引をしていきたいですね。

仮想通貨は情報が命です。

SNS上でのポジトークに翻弄されないよう、情報の裏を取る癖をつけましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です