\仮想通貨は積立投資がオススメ/

コインチェックからBinance(バイナンス)に早く安く送金するのに適しているのはBitCoin(ビットコイン/BTC)かRipple(リップル/XRP)か。

アルトコインへの投資が加熱しており、バイナンス(Binance)を利用する方が増えてきました。ただ、バイナンスって中国の取引所なので、日本円の入金を直接行うことができません。

そこでよく紹介されているのが、ビットコインの送金。ただこれって結構手数料かかっているんですよね。

特に販売所でビットコイン購入してバイナンスに送金している人は下手したら数万円の単位で手数料を払っている可能性もあります。

今回比較対象としてあげるのは、そもそも送金目的で作成されている仮想通貨「リップル(Ripple/XRP)です。両者を購入・送金した場合の手数料を見ていきましょう。

手数料についての理解を深めてお得に送金しましょう!

バイナンス(Binance)取引所とは

この記事を見ている肩に説明は不要かと思いますが、軽く触れておきます。

バイナンスは中国の取引所であり、多くのアルトコインを取り扱っています。

扱っている仮想通貨に将来性があるものが多く、取引時の手数料も安いことから人気爆発中の取引所です。

コインチェックで発生する手数料とは

手数料取られてるけど実際いくらぐらい取られてるか把握してますか?

ざーっと手数料計算して見ましょう。

コインチェックで手数料が発生するのは以下の3つ

コインチェックの手数料
1.入金時の手数料
2.コイン購入時の手数料
3.送金時の手数料

1.入金時の手数料

コインチェックに日本円を入金する場合は以下の4つの方法があります。

f:id:taaaaho:20171224122310p:plain
※「海外からの入金」は今回は比較対象とはしません。

銀行振込

最も手数料が安いのが「銀行振込」です。

コインチェック側での入金手数料は無料となっており、各銀行の振込手数料のみで済みます。

多くの銀行では高くても400円程度でしょうか。

「住信SBIネット銀行」を利用している場合は振込手数料も0円のため、入金時の手数料は最安で0円に抑えることができます。

ただし、コインチェック側での確認作業が入るため、即時では反映されません

また、土日は銀行が休みのため、入金もされません。

仮想通貨は値動きが激しく、買いたいタイミングで買えないだけでも結構な機会損失になるため、銀行振込の場合は余裕を持って振込を行っておく必要があります。

コンビニ入金

土日でも入金できて、支払い完了後はすぐに残高に反映されるため、すぐに取引を行うことができます。

手数料は入金額によって異なりますが、今すぐにコインを購入したい場合にはありな手段です。

3万円以上の入金で手数料が1,000円かかり、コンビニまで支払いにいくという手間はかかりますが、即時反映というのが強みです。

f:id:taaaaho:20171224123232p:plain

クイック入金

個人的には一番おすすめの入金方法です。

手数料自体はコンビニ入金と変わりませんが、クイック入金はコンビニに行かなくても、自宅のPCや出先のスマホでサクッと完了することができます。

こちらも支払い完了後、即残高に反映されるため、今すぐ買いたいと思った3分後には取引が行えるような状態になっています。

ネットバンキングに対応している銀行であれば、だいたいで可能だと思います。

私は東京三菱UFJ銀行のネットバンキングから振込を行っています。

2.コイン購入時の手数料

コインチェックはビットコインのみ取引所があり、それ以外は全て販売所となっているので基本的に手数料が結構がっつりと取られます。

コインチェックでの購入手段はビットコインの場合は取引所、販売所、クレジットカードの3通り、それ以外のアルトコインに関しては、クレジットカードでの購入か、販売所での購入のみです。

以下の3枚のキャプチャは同じ時間帯に取得したものですが、購入方法によって値段差がかなりあるのがわかると思います。

ビットコイン取引所

ちょっとキャプチャ見にくいですが、左端がビットコインですね。

この時取引所であれば「1,693,982円」で購入が可能です。

f:id:taaaaho:20171224124633p:plain

ビットコイン販売所

コインチェックで販売所で買ってしまうのは初心者あるあるですが、ウォレット > コインを買う から購入するビットコインが販売所の値段になっています。

販売所での価格は「1,720,279円」となっています。取引所で購入するより約26,000円ほど高いです。これえげつないですね。約1.5%ほど手数料取られていますね。

f:id:taaaaho:20171224124853p:plain

ビットコインをクレジットカード購入

続いて、日本円の入金をせずにクレジットカードで直接コインを購入する場合です。これが最も手数料が高く、最もおすすめできない購入方法になります。

銀行振込の手数料が発生しないものの、その価格はなんと「1,841,750円」になります。

取引所で購入するより、約147,000円も高い。。。14万ですよ!!恐ろしい。。。

クレジットカード購入は約7%ほど手数料がかかるようです。。

f:id:taaaaho:20171224125223p:plain

リップル(Ripple/XRP)を販売所で購入

続いて、送金通貨のリップル。リップルはコインチェックでは取引所が存在せず、販売所で日本円で購入するか、クレジットカードでの購入のみになります。

リップルの販売所の価格は以下。

「123.22円」です。取引所の価格では「118.97円」となっていたので、約4円ほど手数料がかかっている計算です。1XRPにつき、4円なので、100XRP買えば400円、1000XRP買えば、4,000円となかなか馬鹿にできない手数料

約3.5%の手数料が発生しています。

f:id:taaaaho:20171224125912p:plain

リップル(Ripple/XRP)をクレジットカードで購入

先ほどのビットコインでは、ずば抜けて手数料取られることがわかったかと思いますが、こちらも一応載せておきます。

1XRP=134円ですね!販売所より10円も高い。取引所より15円も高い。1000XRP購入したら、手数料だけで14,000円。アホかってなりますね。。

約12%の手数料が発生しています。

f:id:taaaaho:20171224130324p:plain

3.送金時の手数料

続いて、送金時の手数料。ここはビットコインとリップルで比較した場合、ビットコインが圧倒的な高価格。。。

ビットコインの送金手数料は「0.001BTC」となっています。先ほどの取引所のレートで言うと、約1,700円ほどが一回の送金で手数料として発生します。高い。。
さらにビットコインは送金詰まりが発生することが多く、その場合手数料が上がります。ここ数日間はビットコインの送金詰まりが発生しており、送金手数料が「0.002BTC」となっています。

約3,400円ですね。。。

それに対してリップルの送金手数料は「0.15XRP」となっています。

先ほどのレートで計算すると、一回の送金で手数料が約18円。激安です。。

ビットコインを購入して送金する場合の合計手数料は?

クイック入金(またはコンビニ入金)で10万円を入金して、取引所でビットコインを購入してBinance(バイナンス)に送金する場合の手数料を計算します。

10万円をビットコインでBinanceに送金する手数料
・入金手数料:1,000円
・購入手数料:0円
・送金手数料:約3,400円
→合計:約4,400円
※送金手数料は0.002BTCで計算しています。

10万円入金してもBinance着く頃には95,600円ぐらいに減っているわけです。。

リップルを購入して送金する場合の合計手数料は?

前提はビットコインと揃えるため、クイック入金(またはコンビニ入金)で10万円を入金して、販売所リップルを購入してバイナンスに送金する場合の手数料を計算します。

10万円をリップルでBinanceに送金する手数料
・入金手数料:1,000円
・購入手数料:約3,446円
・送金手数料:約18円
→合計:約4,464円
※10万円でリップルを811枚購入する計算です。(1XRP=123.22円で計算)

販売所で1XRP毎に手数料が発生しているため、枚数を多く買えば買うほど手数料が増加していきます。

10万円の場合は購入手数料が約3,446円ですが、20万円、30万円と購入資金を増やしていくと売買で手数料が増えていく計算です。

これが販売所の怖いところですね。。

(コインチェックはビットコイン以外は手数料の発生する販売所)

現在10万円分を送金するのであれば、ビットコインでもリップルでもそこまで変わらないことがわかります。

「なら、わざわざリップルで買う必要なくない?」と思うと思いますが、送金速度で圧倒的にリップルに軍配が上がります

ビットコインとリップルの送金時間は

10万円分の仮想通貨をバイナンスに送金する際にビットコインでもリップルでもそこまで変わらないことがわかりました。

「意外と価格差がないな」と思った方が多いと思います。

※「リップルで送金した方が安い!」とゴリ押ししている記事もよく見かけます。それらの記事は購入時の手数料を計算せずに送金手数料だけで計算しているため、そのような理論になります。

価格差で言うと、差は確かに少ないですが、価格差以上に送金速度が大幅に違います

ビットコインは送金してから丸1日たっても送金が完了しないこともあります。

現在も20万件以上の取引が滞留しています。

f:id:taaaaho:20171224132802p:plain

なので、最終目的が「Binance(バイナンス)でアルトコインを購入する」であれば、リップルでの送金をお勧めします。リップルであれば、5分程度で送金が完了します。

まとめ

・コインチェックに入金するならクイック入金がお勧め

・10万円分を送金するのであれば、ビットコインでもリップルでも手数料は変わらない

・Binance(バイナンス)に送金するならリップル(Ripple/XRP)が送金速度の面でお勧め

・10万円以上であれば、リップル(Ripple/XRP)の方が手数料が高くなる場合もある

・そもそもコインチェックはビットコインの取引所以外はお勧めしない。←

番外編:国内の取引所からBinance(バイナンス)に送金するならビットバンクがおすすめ

ビットバンクは2018年1月9日まで手数料無料で取引が可能なため、ビットバンクでリップルを購入してバイナンスに送金するのがもっとも安いです。

1XRPにつき、2円ほどビットバンクの方が安くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です