【BANKERA(バンクエラ/BNK)】持っているだけでETHが貰える仮想通貨の銀行とは?

持っているだけでイーサリアムが配当として貰える仮想通貨BANKERA(バンクエラ)について紹介します。

今現在、絶賛ICO中で安く買うことが可能です。

調達額やプロジェクトのビジョンなどを見ていると、今後の伸びが期待できる仮想通貨の一つとも言えます。

BANKERA(バンクエラ)とは?


Bankera Initial Coin Offering

仮想通貨の銀行を目指しているプロジェクトになります。

現在、法定通貨の銀行がやっている、預金や送金、投資、決済代行などを仮想通貨で行うことを目的としています。

BANKERA(バンクエラ)の特徴は?

ホワイトペーパーを読むと、バンクエラは堅実にプロジェクトを進めていることがわかります。ロードマップもざっくりとはしていますが、2020年までを見据えて書かれています。

仮想通貨の銀行

BANKERAは仮想通貨の銀行を目指しています。

最初はEU内で銀行のライセンスを取得することを目指しており、2018年後半〜2019年を目処としています。

その後は、米国、英国、日本、シンガポールなどの主要管轄地域でのライセンス取得を検討しているようです。

実際にライセンス取得して業務が始まったらかなり安定した運営になるのではないかと思います。

BANKERA(バンクエラ)が行うこと

f:id:taaaaho:20171221003742p:plain

大きく3つ。「決済代行」「ローン/預金」「投資」

決済代行

f:id:taaaaho:20171221004256p:plain

BANKERAにはSpectroCoinという基盤があるため、決済に関して基礎となる部分はすでに完成しています。Spectroコインが配布しているカードを用いることで仮想通貨をクレジットカードの決済のように行うことが可能となっています。

ローン/預金

f:id:taaaaho:20171221004829p:plain

後述のロードマップでも触れていますが、2018年にBankera取引所の開設が予定されています。銀行ライセンスを取得後、サービスが開始される予定です。

投資

f:id:taaaaho:20171221004840p:plain

上場投資信託(ETF)やロボアドバイザー、暗号トークンファンドなど低コストの投資が行えるようになります。

SpectroCoin(スペクトロコイン)の運営陣が指揮

既に50万の顧客を抱えるスペクトロコインの運営陣がBANKERAの指揮をとっています。

2013年から進められているスペクトロコインで培った技術や知識を元にプロジェクトが進められているのでそこはかなりの安心感があります。

f:id:taaaaho:20171221000430p:plain

既に顧客も50万人以上がついているところも良いポイントの一つです。

銀行のライセンス取得もこのように実績があるからこそ実現可能なプランであって、他の仮想通貨が簡単には参入できない分野になるのではと考えています。

取引利益の20%がBNK保持者に分配

BANKERAのICOに参加する人はこれが狙いの人も多いですが、他の仮想通貨にはあまりない特徴の一つです。

BANKERAのホワイトペーパーから一部抜粋。

バンクエラを設立しこれらの目標を達成するために私たちはイニシャル・コイン・ オファリング(ICO) を実施します。 ICO参加者にはバンカー(Banker, BNK)と呼ばれる仮想通貨トークンが発行されます。集められた基金はバンクエラ を成長させるプロジェクトの助成金となり、バンクエラの商品開発と業務設立に使 われます。また、バンクエラの BNK トークン保有者には純取引利益の 20% が毎週支払われます。なお、バンクエラへの貢献に応じたBNKトークンの支払いは 自社の裁量で行われます。

Bankera | Banking for the Blockchain Era

しかもこの配当ですが、なんとイーサリアム(ETH)でもらえます。毎週火曜日に

スペクトロコインの口座に振り込まれます。

これはほんとお得なイベント!!保持しているBANKの量に応じて分配されます。BANKを大量保持しているだけで配当だけでも結構稼げそうですね。

長期的視点のロードマップ

既にSpectroCoinで基盤が固まっており、現在はICOによる資金調達と取引所の公開に向けてプロジェクトが進んでいます。

f:id:taaaaho:20171221000109p:plain

口座にある仮想通貨をクレジットカードのように使えるSpectroカードなど強い手札を持っています。

現在はICOをSpectroCoin上で行なっていますが、2018年にはBankera取引所を開設し、決済代行などのサービスを開始する予定です。2019年後半には資産運用もサポートし、ETFやロボアドバイザーなどの金融商品が提供されます。

f:id:taaaaho:20171221000159p:plain

最低でもICO購入価格よりも5倍の価格になる

Bankeraのホワイトペーパーの19Pに次のような記載があります。

The rest of the 30% tokens will be distributed during a SCO (secondary coin offering) in the future, but never at a lower price than 0.1 EUR per BNK price.

https://bankera.com/papers/Bankera_whitepaper.pdf

「上場した際には、0.1EUR以下では決して売らない」 と記述があります。

現在価格は0.018EURのため、最低でも5.5倍で取引が可能となるわけです。

これが本当だとするとかなり手堅い投資になるのかなと考えています。

取引所も2018年上半期にオープンするとロードマップ上で記載があるので、半年で5倍のリターンです。

半年ならもっと増やせるという方もいるかもしれませんが、低リスクで5倍というのは個人的には魅力的なところかなと思っています。

BANKERAのICOへの参加方法

上記でも記載したようにBankeraの取引所は未だなく、SpectroCoin上で実施します。

参加手順は簡単で以下3つの手順です。

BankeraのICO参加手順
1.SpectroCoinにアカウントを作成する
2.SpectroCoinに送金する
3.SpectroCoin上でBANKを購入する

※SpectroCoinもBankeraも日本語対応しています。

1.SpectroCoinにアカウントを作成する

まず、BANKERAが購入できるSpectroCoinでアカウントを作成してください。

入力項目は、メールアドレスとパスワードのみです。

※SpectroCoinは日本語に対応しています。右上の地球マークから切り替え可能。

2.SpectroCoinに送金する

f:id:taaaaho:20171221001631p:plain

送金は、クレジットカードでの直接の入金も可能ですが、基本は仮想通貨での送金になるかと思います。

仮想通貨の送金も対応通貨が増えてきており、上記に記載のビットコイン、ダッシュ、イーサリアム、ネム以外にも「その他の暗号通貨を入金する」から送金が可能です。

f:id:taaaaho:20171221002120p:plain

モナコインやライトコイン、イーサリアムクラシック、ドージコインなどの通貨に対応しています。

3.SpectroCoin上でBANKを購入する

いよいよBANKの購入です。

SpectroCoin内で「両替取引」をクリックしてください。

「両替するアカウント」に先ほど入金/送金した通貨を選択し、お受取アカウントに”BNK”を選択してください。

右側で取引量を選択し、「送信する」を押下すると購入完了です。

f:id:taaaaho:20171221002548p:plain

簡単ですね!

あとは、毎週火曜日の配当を楽しみにしとくだけ。

まとめ

Bankeraはプロジェクトのビジョンが魅力的であり、資金もかなり集まっていることがビジョンへの賛同を示しています。

また、SpectroCoinを成功させた技術と知識も合わさっているため、かなり安定感のあるプロジェクトと言えます。

ICOの規模がかなり大きいため、取引所上場後に暴騰することはないかもしれませんが、配当も含めて手堅く利益を出すことができる可能性が非常に高いです。

現時点でTokenPayと並んでおすすめのICOですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です