\仮想通貨は積立投資がオススメ/

リップル(Ripple/XRP)をBinance(バイナンス)に送金する方法

今もっとも勢いのある海外取引所「Binance(バイナンス)」へリップルを送金する方法について説明します。

リップルは他の仮想通貨と少し違って、「預金タグ」というものを入力して送金する必要があります。

実際の画面イメージを元に説明していきます。

Binance(バイナンス)でリップルのアドレスを確認

まず、バイナンスでリップルを受け取るためのアドレスと預金タグを確認します。

以下の順に操作をしてください。

リップルのアドレス確認
  1. 資産 > 預金の引き出し をクリック
  2. 「預金」をクリック
  3. 「I understand. Continue」をクリック
f:id:taaaaho:20171230001102p:plain

すると、以下の図のように「預金アドレス」と「預金タグ」が表示されます。

f:id:taaaaho:20171230001347p:plain

バイナンス側での確認処理は以上です。

次に国内の取引所から確認したアドレスに対してリップルを送金します。

日本の取引所でリップルが買える取引所としてはコインチェックやビットバンクが有名です。

なのでその2つの取引所からリップルを送金する方法を記載します。

基本的にはどこの取引所からでも同様の手順で送金が可能です。

コインチェック(Coincheck)からリップルを送金する

コインチェックにログインし、以下の手順で操作をおこなってください。

コインチェックから送金
  1. 「ウォレット」をクリック
  2. 「コインを送る」をクリック
  3. 「Rippleを送る」をクリック
  4. 「送金先リストの編集」をクリック
f:id:taaaaho:20171230004038p:plain

すると送金先を編集する画面が表示されるので、ここでバイナンスで確認した「預金アドレス」を追加します。

f:id:taaaaho:20171230004217p:plain

送金先の追加が完了したら、先ほどの画面に戻り、追加した宛先を選択します。

「XRP宛先タグを使用する」にチェックをつけて、バイナンスで確認した預金タグを入力します。

送金する数量を指定したら「送金する」を押下して、確認のポップアップもOKにして送金完了です。

リップルで送金する場合は遅くても5分以内にはバイナンス側に着金します。

f:id:taaaaho:20171230004334p:plain

ビットバンク(Bitbank)からリップルを送金する

リップルが安く買えることで評判のビットバンクからリップルを送金する方法です。

基本的にはコインチェックと同様です。

宛先を登録した上で、登録したアドレスを選択して送金という形になります。

f:id:taaaaho:20171230005305p:plain

コインチェックと異なるのは登録するアドレスに預金タグを入力する項目があること。

一度登録してしまえば、以降入力する必要がありません。地味に便利。

f:id:taaaaho:20171230005405p:plain

登録時にSMSでの確認コードの送信と二段階承認というガチガチ仕様。

登録が完了したら、あとはコインチェックと同様に登録した宛先を指定して、送金する数量を入力して送金を行うのみです。

当たり前ですが、ビットバンクもコインチェックも送金速度は同じです。

リップルを購入するならビットバンクの方がお得

f:id:taaaaho:20171230010220p:plain

以前にコインチェックでリップルを購入して送金するまでの手数料を記載しましたが、コインチェックは「販売所」の形式を取っているため、手数料が結構発生します。

ビットバンクは「取引所」の形式を取っているため、手数料が安くすみます。
2018年3月31日まで手数料無料のキャンペーンをやっています!!

コインチェックしか登録していない人はこの機会にビットバンクに登録することをおすすめします。

まとめ

バイナンスへの送金は送金速度が早いリップルを使用するのが一般的になってきました。

バイナンスで購入可能なアルトコインはまだまだ価格の上昇が期待できるので、ガンガン送金してガンガン買っていきましょう!!

日本の取引所で扱っていたコインはいずれも二桁倍。。。夢がありますね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA