1万円以下から始めるホームシアター

【Bibox(ビボックス)】仮想通貨取引所の登録方法と使い方

仮想通貨の取引では取り扱い銘柄が多い海外取引所が人気となっていますが、今回また人気が上がってきている取引所が出てきたので紹介します。

BinanceやKucoinに続いて今回も中国の取引所になります。

Biboxとは

2017年11月に中国に出来た仮想通貨取引所となります。

新しい取引所であるにも関わらず既に取引所の出来高ランキングでは24位に位置するなど人気のある取引所になります。

f:id:taaaaho:20180128103956p:plain

また、取り扱っている通貨も独自のものもありここで先に仕込んで置くことでBinanceなどの大手に上場した際に莫大な値上がりも期待出来ます。

ウェブボットなどの予想でも2月は仮想通貨の高騰が来るとされているので今のうちに仕込んでおきたいところですね!

Biboxの特徴

ここでいくつかBiboxの特徴を挙げていきます。

取引所独自のトークン$BIXを発行(手数料半額)

この辺りはBinanceやKucoinと同様ですね。

$BIXを取引時の手数料として支払うことで、手数料を50%OFFとすることが出来ます。

ここはBinanceと全く同じですね!

Binanceの$BNBは驚くべきほど高騰しているので、まだ値段が安い今のうちに$BIXだけでも仕込んで置くと良いかもしれません。

f:id:taaaaho:20180128110347p:plain

$BIXは今現在は1$程度で取引が行われています。

BNBは現在$12なので、同じレベルにまで行けば10倍以上になってもおかしくは無いですね。

C2Cトランザクション・マージントレーディング

f:id:taaaaho:20180128104746p:plain

Biboxの画面上ぶに並ぶ、「C2C Transaction」と「Margin Trading」というのが他の取引所には無い特徴となりそうです。

「C2C Transaction」に関してはクリックすると「Link Coin」という別サイトに遷移しますが、こちらは中国語しか対応していなさそうでしたので詳しくは見ていません。

「Margin Trading」は現在開発中のようで、まだリンクが機能していませんでした。

日本語には対応していない

Biboxは日本語には対応していませんが、インターフェースが比較的分かりやすく作られているため、他の海外取引所を使用した経験がある方であれば、難なく使用できるかと思います。

仮想通貨の取引所は入出金が出来て、取引方法さえわかればあとは問題無いですからね。

Biboxの登録方法

Biboxの登録方法は「メールアドレス」と「パスワード」の設定のみで行えます。

まず、以下から登録画面に行ってください。

Bibox登録ページ

すると、以下の画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力して「Click to pass」と書かれているボタンを押して、「Sign up」をクリックしてください。
※言語設定は下で変えられますが、日本語は対応していません。

f:id:taaaaho:20180128105531p:plain

すると確認のメールが送られて来るのでメール内のリンクをクリックしてください。

これで登録は完了です。

f:id:taaaaho:20180128105933p:plain

2段階承認は必ずしておこう

登録が完了したら資産を守るために2段階承認などは必ず行っておきましょう。

画像の赤枠部分をクリックして設定ページにいきます。

f:id:taaaaho:20180128110904p:plain

2段階承認は以下の画像の部分です。

「Google Authentication」を使用して設定をしてください。
※SMSでの認証がしたい方もいるとは思いますが、上手く設定出来ない人がちらほらいるのでGoogleでの認証がベターかと思います。

f:id:taaaaho:20180128110938p:plain

Biboxの入金方法

入金方法は他の海外取引所とほぼ同様になっています。

まず、画面上部の「Funds」をクリックすると、今の資産が表示されます。

入金する通貨の「Deposit」をクリックしてください。

f:id:taaaaho:20180128111951p:plain

入金用のアドレスが表示されるので、表示されたアドレスに対して送金してください。

f:id:taaaaho:20180128112058p:plain

Biboxの使い方・取引方法

UIは他の取引所と似たような感じになっているので直感的に操作が可能かと思います。

指値でしか取引出来なかったりなどはありますが、激しく使いにくいというわけでは無いですね。

f:id:taaaaho:20180128111613p:plain

まとめ

2018年になってから仮想通貨の大暴落が続いていますが、2月以降は回復するという見方をしている人が多い印象です。

ビットコインが回復してくれば、そこからまた以前のBInanceやKucoinが流行した時のように海外取引所のアルトコインが軒並み高騰するという現象が再現されることは間違いありません。

Biboxは一早く新規銘柄を上場させたり、既に成功している取引所に追いつこうとしている姿勢が見えます。

取引量も十分上を狙っていけるほどのものがあるので、今後に期待出来ます。

急激に登録者が増えつつあるので、いつ新規登録の停止が行われるかわからないので今のうちに登録だけでも済ませておくことと良いです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA