ワイヤレスなのに爆速充電|Anker PowerWave 10 Dual Padレビュー

Anker Powerwave 10 Dual Padレビュー

iPhone XSに変えてからずっと気になっていたワイヤレス充電器。

AirPods Proの購入を機会についに購入しました。

購入したのは2つ同時に充電が可能なAnker PowerWaveです。

これのおかげで寝る前にiPhoneとAirPodsを置いておくだけで充電できて充電を忘れるということがほぼ無くなりました。

この記事を読んでわかること
  • ワイヤレス充電の利便性
  • Anker PowerWaveの使いやすさ

Anker PowerWave 10 Daul Padとは

モバイルバッテリーで一世を風靡してACアダプターやロボット掃除機、プロジェクターなど幅広く展開している最新ガジェット会社Ankerが販売しているワイヤレス充電パッドです。

最大10Wの充電にまで対応しているためiPhoneやSamsung、アンドロイド系の端末はおおよそ充電が可能です。

iPhoneは7.5Wのワイヤレス充電に対応のため、Anker Power Waveであれば急速充電が可能です。

それ以外にもAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」の充電にも対応しているためかなり万能に使えます。

Ankerのワイヤレス充電の良いところ

  • 充電が早い
  • 複数台充電してもケーブルが絡まることがない

急速充電が優秀|iPhone XSを1時間で約50%充電可能

Anker PowerWave Dual PadでiPhone XSを充電

ライトニングケーブルでの充電など有線での充電と比較すると充電速度が早いとは言えませんが、ワイヤレス充電の規格の中では最速の充電速度を誇っています。

時間が写っていなくてわかりにくいのですが、左が21:11の充電開始時刻でバッテリー残量が26%、右が22:11でバッテリー残量が75%になっています。

充電前のバッテリー残量
21:11時点で26%
充電後のバッテリー残量
22:11時点で75%

自分としてももう少し充電遅いかと思っていたのですが、今回ちゃんと計測して結構驚きました。

また有線接続の場合複数台を同時に充電するとケーブルが結構鬱陶しくなりますがこの製品であればケーブルはAnker PowerWaveに繋がる1本だけでスッキリです。

ケーブル絡みの煩わしさは一切無し

当たり前ですがワイヤレス充電なのでただおいておくだけ。

iPhone XSとAirPodsの同時充電もお手の物。

iPhone XSとAirPods Proの同時充電も可能
iPhone XSとAirPods Proの同時充電も可能

充電ケーブルが机の上にごちゃっとすることもありません。

Anker PowerWaveの残念なところ

  • たまに充電の反応が悪い
  • ACアダプタが古めかしい

前者の充電の反応が悪いは単に置き方の問題で慣れで解消した内容にはなりますが、最初は置いてからしばらく充電が開始されるかをチェックしていました。

中央にしっかり置いてあげないと充電が開始しないため充電開始時は少し気を使う必要がありました。

そしてもう一つがACアダプタが完全に独自のものになっていて古めかしいというところです。(ここまで言い出すともはやイチャモンレベルな気もしますが。)

他のメーカーではUSB-Cを採用していたりして汎用性のある形になっていますが、Anker PowerWaveは独自の端子を利用しているため、いざという時の変えが効きません。

また端子がPadの後ろからニョキッと出ていて結構な幅をとるので壁ぴったりにセットなどもすることが行えません。

このあたりはもう少しユーザー目線の開発が欲しかったですね。

Anker PowerWave Dual Padの付属品等

付属品は以下の4つです。

  • Anker PowerWave 10 Dual Pad (本体)
  • ACアダプター(1.5m)
  • 取扱説明書
  • ユーザーマニュアル

使用するときは本体にACアダプターを接続するだけで利用可能です。

本体外箱はAnkerらしいシンプルなデザイン

Anker PowerWave Dual Padの外箱

中身を開けるとこんな感じで付属品などが全て入っています。

Anker PowerWave Dual Padの中身

本体のサイズ感をiPhone XSと比較してみました。

Anker PowerWave Dual Padのサイズ感はiPhone XSよりひと回りふた回りほど大きい感じですね。

iPhone XSが2台充電可能と考えると十分にコンパクトなサイズ感ではないでしょうか。

Anker PowerWave Dual PadとiPhone XSの比較

Anker PowerWave Dual Padの背面にはスペックの記載と滑り止めのゴムがついています。

Anker PowerWave Dual Padの背面

側面には充電端子の接続口があるだけです。

Anker PowerWave Dual Padの側面

ここがUSB-Cなどではないのが少し残念なポイントにはなりますが、付属のACアダプターを接続できます。

Anker PowerWave Dual PadにACアダプタを接続

あとは充電したいワイヤレス充電対応の端末を置くだけで急速充電が可能です。

レビューまとめ

置いておくだけで充電って良さそうだなと思って購入に至りましたが、実際に使ってみて本当に一つは持っておいて正解だったなと感じています。

ワイヤレス充電は充電速度が遅いというイメージがありましたが、実際に使ってみたらかなりの速度で充電できるし煩わしいケーブルの類もすっきりと整理できるので良いです。

今は自宅のみで利用していますが、オフィスにももう一台買うか悩み中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA