SONY α7ⅢをUSB-CでPC/Macと接続してリアルタイム撮影|Imaging Edge Desktopの使い方

一眼で撮影した写真をそのままPCに保存したり、一眼で録画している映像をリアルタイムでPCで見たい場合の撮影方法を記載します。

以下のシーンでオススメ
  • 作品撮りで撮影した画像をPCの画面で確認したい
  • Youtubeで自分を撮影しながら撮影している映像をPCで確認したい

α7ⅢとPC/Macを接続する方法

次の手順で簡単に接続が可能です。

  1. USB-Cケーブルを準備する
  2. Imaging Edge DesktopをDLする
  3. カメラを起動して接続する

※実際の手順はMacで確認したものになりますが、Windowsでも基本的な接続方法は同じになります。

1. USB-Cケーブルを準備する

SONY α7ⅢをMacと接続するにはUSB-Cのケーブルが必要です。

Mac側の接続口に合わせてケーブルを買いましょう。

僕の場合は13inchのMacbook Proを使っているためUSB-C to USB-Cのケーブルで接続しています。

カメラとMac以外で必要になるのはこのケーブルだけになります。

2. Imaging Edge DesktopをDLする

続いてSONYから提供されているMac用のソフトウェアをインストールしていきます。

Imaging Edge DesktopをDL

SONYから提供されている公式のソフトウェアです。

MacとWindowsそれぞれ自身が使っているPCに合わせてDLしてください。

Imaging Edge Desktop公式サイト

https://imagingedge.sony.net/ja-jp/ie-desktop.html

DLしたソフトウェアをインストール

DLしたソフトウェアを解凍してPC/Macにインストールします。

インストールが完了してソフトウェアを起動すると以下のような画面が表示されます。

ここからさらにRemote/Viewer/EditのソフトウェアをDLします。

Imaging Edge Desktopの起動画面
Remote/Viewer/EditのDLとインストール

Imaging Edge Desktop上のダウンロードボタンからソフトウェアをダウンロードしてインストールまで行います。

するとImaging Edge Desktopの表示が以下のようになるのでRemoteを起動します。

Imaging Edge Desktop上でRemote、Viewer、Editの起動が可能

Remote撮影用ソフトウェアの起動確認

以下の画面が起動すればPC/Macのソフトウェアの準備は完了です。

Remoteのアプリケーションからカメラとの接続が可能

PC/Macにカメラを接続するとここの一覧にカメラの情報が表示され接続が可能となります。

3. カメラを起動して接続する

接続に必要なコード、アプリケーションの準備が完了したのでいよいよカメラを接続します。

α7ⅢをPCと接続

カメラのUSB-Cを接続した際に上記の表示にならなかった場合はMenuからUSB接続の設定をPCリモートに変更してみてください。

PC上でのリモート接続を行うにはカメラ本体のUSB接続の設定をPCリモートにしておく

カメラとPC/Macの接続が完了すると、先ほどのRemoteのアプリケーション上にカメラの情報が表示されます。

Remoteにα7Ⅲが表示される

接続するカメラをダブルクリックすると接続が完了し、カメラの映像をPC/Mac上で確認が可能になります。

Remoteのアプリケーションでカメラの映像をMacの画面上に表示させている
Remoteで撮影が可能

左側にカメラの映像が表示され、右側にはカメラの設定が表示されています。

一部の設定はここから調整が可能です。

またPC上からAFを設定したりシャッターを切ったり動画の撮影をスタートさせることも可能です。

撮影した画像はRemoteと同時にDLしたViewer上に自動的に追加されていきます。

Remoteで撮影した画像はViewer上で確認が可能
Viewer上で撮影した画像の確認が可能

また、RAW画像の現像や編集は同じくRemoteとViewerと同時にDLされたEdit上で行うことが可能です。

Editで編集可能な項目は一般的な現像ソフトと同様
EditでRAW現像が可能

調整が可能な項目は右側に表示されている項目で明るさやホワイトバランスなど基本的な調整は全て可能です。

個人的にはLightroomでの現像に慣れてしまっているのでEdit自体は使わなさそうだと思いましたが、さくっと明るさ調整するぐらいであればEditも使えそうです。

編集のBefore/Afterを並べて比較することも可能です。

Editの編集内容はBefore/Afterを並べて比較することが可能
Before/Afterを並べて比較

α7ⅢとPC/Mac接続時の設定等

Imaging Edge Desktopを使う上で知っておくべきことを記載しておきます。

Remoteを用いて撮影したデータの保存先

  • 写真はPCにのみ保存するかPCとカメラ上のSD両方に保存するかの選択可能
  • 動画はカメラのSD上にのみ保存可能

専用のケーブルや機材などを別途購入する必要があるかと思いきや既に持っているケーブルと公式のアプリケーションだけで気軽に接続することが可能でした。

Youtubeでの撮影や複数人での撮影時などに活用していけそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA