\Instagram初めました/

ふるさと納税なら地域の名産物が実質無料で貰える!!肉やいくら、温泉宿まで!

 

寒くなってきたと思ったらもう年末ですね

今年は初めてふるさと納税してみました

興味はあったのですが、全然調べたりとかしてなくて今回ようやく調べることにしました。

そして実際に調べてみるとやらない手はないです!
簡単に内容を言うと、各地域の名産物を“実質無料”で手に入れることができる制度です。

しかもやり方は通常のネットショッピングとほぼ同じ。
欲しいと思ったものをカートに入れて購入するだけ。これで納税が完了。

詳しくは記事内で紹介しますが、ふるさと納税は12月末までなので早めの対応を!!

ふるさと納税とは

上でも軽く記載しましたが、もう少し説明すると、制度上は「好きな地域への寄付」が行える制度となっています。

制度上と言っているのは、「寄付」となっていますが、寄付した金額は翌年の住民税などから引かれるため、実際には税金の先払いに近いです。

ただし、全額が控除されるわけではなく、寄附金控除という制度によって2千円を除いた金額が控除されることになります。

 寄付金額 ー 2千円 = 寄附金控除額

※例えば1万円ふるさと納税をした場合、控除されるのは8千円になります。

ここまでだとただの税金の先払いですが、ふるさと納税が人気となっているのは、寄付をすることで寄付先の自治体から返礼品としてお礼の品がもらえるためです。

人気のある返礼品で言うと、お肉や、お米、果物、魚介類が挙げられます。

佐賀県 上峰町に1万円寄付すると、

「九州産黒毛和牛 1.2kg」がお礼の品としてもらえます。

山形県 新庄市に1万円寄付すると、

「新庄産米 はえぬき 20kg」がお礼の品としてもらえます。

お礼の品が2千円以上(控除されない額)を越えれば実質特をすることになります。

今回上で挙げた2品では、

 九州産黒毛和牛は3000~5000円相当
 はえぬきは7000~8000円相当

そのため、たった2万の寄付(そのうち1万8千円は戻ってくる)で1万円以上のお礼の品がもらえます

ふるさと納税のメリットは以下の記事で分かりやすくまとめています。

ふるさと納税の寄付金額の上限は?

こんなお得な制度であれば、いろんなところに寄付していろんな返礼品を貰いたいと思う方もいると思いますが、寄付金額の上限には注意する必要があります。

ふるさと納税は言わば税金の先払いとなるので、もともと納めている以上の金額は戻ってきません。

自分がいくらまで納税可能かの上限は年収によって決まります。

計算に関しては、自分で行うのは難しいので上限額を計算してくれるサービスを使うと良いです。私はふるさと納税は毎回楽天ふるさと納税を使用しているのですが、楽天でも納税の上限額の計算は可能です。

ふるさと納税時のポイントまとめ
  • 好きな地域に寄付(納税)できる。
  • 寄付金額に応じてお礼の品がもらえる。
  • 寄付した金額は2千円を除いて次年度の住民税から控除される(※1)
  • 1万円程度の寄付で3000~8000円程度のお礼の品がもらえる
  • 寄附金の上限額(※2)を超えないように気をつける

※1:ワンストップ制度(確定申告をしない)を利用した場合
※2:上限額は住民税の約2割になります。

ふるさと納税で実際に色々もらってみた

ふるさと納税を利用して温泉行ったり、いくら溢れるほどご飯にかけて食べたり、明太子たらふく食べまくったり、高級牛肉ですき焼きしたり、、、。

実質無料でもらえちゃうから普段しないような贅沢を楽しむことができるのがふるさと納税の魅力。一部を記事にしているので実際にどんなものが貰えるのか参考にしてください。

ふるさと納税するなら楽天がオススメ

ふるさと納税専用のサービスとか色々ありますが、個人的にはふるさと納税をするなら楽天ふるさと納税一択です。

なぜなら、楽天ふるさと納税だと楽天ポイントが貯まるからです。

楽天ポイントだけで自己負担金額の2000円を余裕で回収できます。

寄付金額によっては収入にすらなり得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です