\仮想通貨は積立投資がオススメ/

スタートアップに投資をしよう!エメラダ・エクイティってどんなサービス?特徴や評判を紹介

近年注目を集めているのが、ベンチャーやスタートアップ企業に投資が行える「株式型クラウドファンディング」と呼ばれるサービスです。国内では初となったFUNDINNOを初めとして、同様のサービスが少しずつ広がりつつあります。

エメラダ・エクイティは2017年11月にサービスを開始しており、現在5つの案件が全て目標達成して終了しているなど人気を集めています。

本記事ではエメラダ・エクイティのサービス内容や特徴などについて紹介していきます。

 

EMERADA EQUITY(エメラダ・エクイティ)とは?

エメラダ株式会社が運営している「株式投資型クラウドファンディング」のサービスになります。

クラウドファンディングというのは、資金が必要な人と投資をしたい人を結びつけるサービスのことを指しています。

クラウドファンディングの形式によって名称がいくつかあるのですが、「株式投資型クラウドファンディング」の場合は、出資者は出資した分だけ「株式(※)」を得ることができます。もちろんクラウドファンディング実施時には証券市場に上場していないため、売却などを行うことはできません。

なので投資を行う人は、「単純に応援したい」という人や「将来の上場時に売却益を得たい」という人が中心になります。と言ってもよほどの縁が無い限りは多くの人が後者の「売却益を得るため」に投資を行うと言えます。

株式投資型クラウドファンディングのサービス

2者間を結ぶサービス

  • 事業資金としてお金を必要としている人
  • 将来の売却益を見越して投資をする人

※エメラダ・エクイティの場合は株式ではなく、新株予約権が付与されます。

エメラダ・エクイティは2者間を繋ぐプラットフォームの役割を果たしており、無料の会員登録をすることで、ベンチャー/スタートアップ企業への投資を行うことが可能になります。

 

エメラダ・エクイティの特徴ーメリットー

プロの投資家が出資している企業が対象

「プロの投資家が投資したベンチャー企業に「相乗り投資」を

公式サイトにあるこの売り文句いいですよねー。株式投資型のクラウドファンディングは誰に対して投資をするかが最も重要です。将来的に上場またはM&Aすれば成功だししなければ失敗。

なので将来的に上場またはM&Aする企業に対して投資をする必要があります。と言っても素人目線ではやっている事業内容の好き嫌いぐらいはわかっても実際にどの企業がEXITまでいけそうかというのはなかなか判断がつきません。

そのため、独自の審査基準などを持っているサービスが多いのですが、エメラダ・エクイティの場合はそこの基準が実際に投資をしているプロの投資家(ベンチャーキャピタルなど)を基準としています。

プロの投資家も最終的には投資した資金を回収しないといけないので、「将来的に上場またはM&Aが見込める」企業に対してしか投資をしません。

ある程度フィルタリングされた企業のみが投資対象の案件として上がってくるので信頼感がありますね。

 

1社あたり49万円まで出資可能

このあたりは法律に法って制限されているようです。ベンチャー企業への投資というのはハイリスクハイリターンの投資になるため、損をした場合でもその損失を食い止めるために制限がかかっているようです。

一社当たりにつぎ込みすぎるのもリスク面を考えるとよくないので少額ずつを投資するのが良さそうです。

 

IPOまたはM&A時に売却益(キャピタルゲイン)を得られる

投資をした企業がうまいこと上場やM&Aされれば利益が得られます。この利益が通常の株式取引やIPOの比にならないのがベンチャー企業への投資の醍醐味ですね。

何度か記載していますが、改めて記載しておくと、エメラダ・エクイティで投資をした場合、結果は3パターンあります。

上場(IPO)か売却(M&A)か解散です。

この内、利益が得られるのが前者の2パターンになります。以下に図解していますが、それぞれのパターンで最終的なゴールのイメージです。「新株予約権」については後ほど解説します。

 

エメラダ型新株予約券が付与される

エメラダ・エクイティでは投資を行うと、対象企業の株式ではなく、「新株予約権」が取得できます。これは上場時には「株式」になり、売却時には割合分を金銭で受け取ることが可能な権利です。

通常の株式の形でもらえないのは権利上の問題なので、特段気にしなくても良さそうですが、馴染みがない言葉ですよね。。

投資家はエメラダ型新株予約権に投資し、主にIPOやM&Aが実現した場合に株式または金銭を受け取れます

エメラダ型新株予約権は、一定の事由が生じた時に新株予約権をその発行者(投資先企業)が取得する定めがついた取得条項付新株予約権です。 一般的な新株予約権とは異なり、発行者が上場を承認された場合もしくは発行から10年間が経過する最後の1ヵ月の間のみ権利を行使することができ、権利を行使した後に発行者が上場した場合には、権利行使により取得した株式を市場で売却することができます。また、発行者がM&Aにより売却されたときは、取得条項の発動により新株予約権が譲渡され発行者から金銭を取得することができます。ただし、弊社が取扱う発行者の上場やM&Aによる企業売却の実現が保証されるものではありません。また、投資開始から権利行使をせず10年間経過または企業が解散した場合には、新株予約権の権利が消滅するため株式も金銭も受け取れません。

↑上場時と売却時に株式または金銭に引き換えることができますよという説明。

受け取る株式数を決める「転換価額」は、投資時ではなく、将来決まります

一般的な新株予約権では投資家が将来受け取る株式数が発行時に決められますが、エメラダ型新株予約権では「転換価額」に基づき決定されます。また、エメラダ型新株予約権では、この「転換価額」の決定タイミングを、投資開始時ではなく将来に先延ばしします。なぜなら、投資開始時点で評価したベンチャー企業の企業価値は必ずしも適正とは限らないからです。将来ベンチャーキャピタル等プロ投資家が当該ベンチャー企業に追加投資を行う際に、その時点の企業価値も考慮して、エメラダ型新株予約権の「転換価額」を決定します。「転換価額の決定を将来に先延ばしする」という手法は、シリコンバレーのベンチャー投資で普及しています。

↑実際に付与される株式数は投資時ではなく、将来の特定のタイミングに置ける価値で株式数を決めますよという説明。なので投資時には株式数というよりかは単純に投資額で投資を行うことになります。

上記の引用は全て公式サイトですが、さらに詳細を確認したい方は以下から確認できます。

エメラダ・エクイティの特徴ーデメリットー

元本保証が無い

エメラダ・エクイティに限ったことではないですが、元本保証はありません。つまり最悪投資した金額が0になる可能性もあります。

ベンチャー投資は上場したら利益は青天井ですが、その道のりは厳しいものです。なので手広く投資して一社でも上場まで行ければOKぐらいの寛解で投資をするのが良いですね。

新株予約権の期限が10年間

ベンチャーキャピタルが投資先を見直す期間が10年と言われており、この期間が設定されているようです。10年以内に上場または売却が成立した場合には上記に記載したように金銭に変えることができますが、10年が経過すると、新株予約権は効力を失います。

新株予約権失効前の1ヶ月間は上場や売却が成立していなくても新株予約権を利用することができ、「株式」の取得が可能となっています。ここで株式さえ取得しておけば、10年以上後に上場などした場合には売却益を得ることが可能です。

最後の1ヵ月に権利行使をする場合

40万円を投資して、転換価額5万円で8株の株式を取得できる権利を手にしましたが、発行者の上場や企業売却がなく権利行使がされないまま10年間が経過しようとしていたとします。この場合、投資家は最後の1ヵ月に権利行使を行うことで8株の株式を取得することができます。取得株式は、譲渡や企業の上場により換金できる可能性がありますが、未上場株式であるため一般的に換金性が著しく乏しい可能性が高い点にご留意ください。また、株式取得後も投資先企業についてのエメラダからの定期的な情報提供が継続されます。

 

FUNDINNOとの違いは?

同様の「株式投資型クラウドファンディング」であり、国内初となったFUNDINNOとの違いは大きく2つあります。

FUNDINNOとの違い
  1. 対象企業の選考基準
  2. 新株予約権制度

1.対象企業の選考基準

FUNDINNOが自社内の選考基準をベースに案件を組んでいますが、エメラダ・エクイティは自社基準に加えて「ベンチャーキャピタル」の投資有無が選考の基準に組み込まれています。

FUNDINNOも案件の半数以上はベンチャーキャピタルなども投資を行なっている企業と記載がありますが、絶対条件ではなさそうなのでそこが違いとしてあげられます。

ベンチャーキャピタルが投資をしているかどうかが必ずしも重要とは言い切れませんが、一つの信頼のステータスとして見ることはできます。今後実際に案件となった企業がどうなっていくかが重要になりそうです。

 

2.新株予約権制度

新株予約権制度はエメラダ・エクイティ独自のものになります。FUNDINNOでは案件ごとに株式数が決まっており、投資した金額分の株式を得ることができます。そして上場や売却時に売却益を得られるわけです。

それに対してエメラダ・エクイティは新株予約権という権利を投資に応じて得ることができます。用途はほぼ同じとなりますが、「投資時点で得られる株式数がわからない」「10年という期限がある」ことが大きな違いです。

この違いを良いと捉えるか悪いと捉えるかは微妙なところですが、ここも今後の案件の同行を気にしていきたいところです

 

エメラダ・エクイティの投資方法は?

まず、公式サイトから会員登録(無料)が必要となっています。

簡単な個人情報と資産情報を入力することで登録が完了します。入力した情報を元に審査が行われ、書類が郵送されてくる流れです。

審査自体は登録した翌日には審査完了のメールが来ていたので比較的早く登録が完了します。郵送は数日後に届きます。

投資家登録が完了すると、案件情報などがメールで届くようになるので新しい案件が公開されたら、詳細情報を確認しましょう。事業内容や今後の見通しなどわかりやすくまとめられています。

エメラダ・エクイティの投資は1口7万円で決められており、案件によって対象の口数が変わります。最大で7口(49万円)となっています。

個人的には最小口数で多くの企業の投資をするのが良いのかなと考えています。個人的に応援したい企業にはもっと入れても良いと思いますが、そこも個人の投資戦略ですね。

なお、投資自体に手数料はかかりません。

 

まとめ

近年はNISAが普及したり、国による副業解禁の促進など、個人で資産を増やすということが重要になってきています。その中でも取り組みやすいのが資産運用ですね。

ただ、銀行に預けていても金利はほぼつかないため、それを金融資産に変えることで多少なりとも利回りを良くさせることを目指しています。その中で活用されているのが、特定の金額と特定の期間は運用益が全て非課税となるNISAです。

また、投資の面白さに気付いた人は更に投資対象を広げて仮想通貨やベンチャー/スタートアップ企業への投資に着目しています。

エメラダ・エクイティはベンチャー/スタートアップ企業への投資が行えるサービスです。国からの認可が必要なため、サービスを実施している企業はまだ多くはありませんが、今後はさらに増加していくサービスだと感じています。

投資家登録及び、書類の郵送までに数日はかかるため、早めに登録だけでも済ましておくのが良さそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です