\仮想通貨は積立投資がオススメ/

SONYのEマウント対応おすすめレンズ7選!α6500/α6300/α6000対応の神レンズを紹介!

綺麗な写真を撮りたいという理由でミラーレスを始めた人も多いかと思います。そしてせっかくミラーレスを買ったのであればいろんなレンズを試して観たくなりますよね。

僕は最初1年ほどはミラーレスを買った時に付いていた標準レンズを使っていたのですが、レンズが故障したのをきっかけに新しいレンズを探すようになりました。そこから1年ほどで気付いたら4つぐらいレンズ買ってましたね。。

「これが俗にいうレンズ沼か、、」という経験を経てこの記事では僕が実際に調べたり使ってよかったレンズを紹介していきます。

SONYのEマウントのミラーレスを利用している方はぜひ参考にしてください。

 

SONYのEマウント対応カメラ(APS-C)

今回紹介するのはEマウントのAPS-C対応のレンズになります。対象機種はだいたい以下の製品ですね。もちろん他にもEマウントの製品はあるので自分が使っている製品が対象かどうかは確認しておいてください。

SONYのEマウントミラーレス
  • α6500
  • α6300
  • α6000
  • α5100
  • NEX-5T

僕はもともとNEX-5Tを使っていたのですが、EVFや高速オートフォーカス、手ブレ補正が欲しくてα6500に買い換えました。今からEマウント買うならコストを抑えてα6000を買うか、思い切ってα6500を買うかですねー。

NEX5T → α6500買換え!APS-C最強クラスのミラーレス一眼カメラに乗り換え!

SONYは今後フルサイズを推してきそうなので、そこも悩ましいところですけどね。。

 

SONYのEマウントレンズは大きく2種類

EマウントはSONYのミラーレスの形式ですが、SONYはAPS-Cとフルサイズの2種類のミラーレスを展開しています。APS-Cはα6000などα4桁シリーズとNEXシリーズです。フルサイズはα7のシリーズです。

両者ともEマウントですが、フルサイズ用のレンズはレンズ名称に「FE」と付いているのが特徴になります。また値段もFEの方が高いものが多いです。フルサイズ用のレンズをAPS-Cのカメラで使うこと自体は可能なので買っても問題ないのですが、念のため2種類あるよってのと見分け方だけ記載しておきました。

今回紹介するのはAPS-C対応のEマウントレンズです。

 

Eマウントレンズの名称の読み方(予備知識)

上記でフルサイズ用のレンズは「FE」が付いていると紹介しましたが、それ以外にもいくつか決まったルールの名称があるので紹介しておきます。

SONYのレンズ名称のルール
  • FE:フルサイズ対応
  • P:パワーズーム対応
  • G:SONYの高級レンズライン
  • Z:カールツァイス製の高性能レンズ
  • M:マクロレンズ
  • OSS:レンズ手振れ補正内臓

基本的にはレンズ名称に焦点距離とF値が入っており、+αで上記の名称が入っていたりします。

例えば、「SEL24F18Z」は焦点距離が24mmでF値が1.8のカールツァイス製のレンズを指しており、「SELP18105G」は焦点距離が18〜105mmでパワーズーム対応のGレンズであることを指しています。

以上、ちょっとした予備知識でした。

 

おすすめレンズ紹介

それではAPS-C対応Eマウントのオススメレンズを紹介して行きます。

SEL50F18:Eマウントのシンデレラレンズ

価格が安く、F値が1.8と明るい単焦点レンズになります。これは初心者にはかなりオススメのレンズです。明るいレンズは綺麗なボケも作りやすいですしね。最初のレンズにもオススメです。

50mmという焦点距離なので近くのものを撮影するというシーンや風景を広く撮りたいというシーンでは使うのは難しいですが、料理を撮影したり、ポートレートの撮影、背景をボカしたり、前ボケをしたりする撮影はかなり綺麗に撮れます。

ミラーレスを買ったけどあまり綺麗な写真が撮れないなーと思っている方はぜひこのレンズを試してみてください。驚くほど良い写真が撮れるようになりますよ!レンズ沼の入り口です!笑

載せている画像はSEL50F18で撮影したものです。F値を絞ることで背景を綺麗にボカした撮影が簡単に行えます。THE一眼って感じの写真ですよね。初心者の方はまずボケの撮影から始めるといろんな撮影方法にとっつきやすいですよ。

ミラーレス一眼で綺麗に背景をぼかして撮影する4つのポイント!

※シンデレラレンズというのは価格が安くて綺麗に撮れるレンズを指します。別名「撒き餌レンズ」とも呼ばれています。コスパの良いレンズを作ることで消費者をレンズ沼に落とし入れて更に新しいレンズが欲しくなるようにメーカー側が仕込んだレンズです。僕はまんまとハマりました。。

 

SEL24F18Z:広角単焦点の神レンズ

このレンズもF値1.8の明るいレンズです。SEL50F18との違いは焦点距離ですね。先ほどのが50mmだったのに対して24mmと広角気味です。フルサイズ換算で約36mmなので標準的な画角で撮影が可能です。

SEL50F18が風景などの撮影が苦手であったのに対してこのカメラは近くの料理や小物などの撮影から風景、人物まで幅広く撮影が可能となっています。ただし、綺麗なぼけを作る場合は被写体とそれなりに近く必要があるのでSEL50F18とはシーンによって使い分ける形になります。

このレンズは価格が高くて購入を躊躇してたのですが、購入してからはほぼずっとこのレンズ付けっぱなしです。そんぐらい汎用性高くてよく撮れるレンズですね。

基本はこのレンズでシーンに合わせてSEL50F18やズームレンズなどに付け替えて撮影すると行った使い方がオススメです。

 

SELP18105G:動画にも最適な万能レンズ

こちらのレンズはズームレンズです。ズームレンズと言えばキットレンズのSEL55210などもありますが、このレンズは”G”の称号が付いているように上位レンズになります。焦点距離が18〜105mmで広角からズームまで撮影が可能です。F値も通しで4(※)となっているので、望遠側で撮影することで背景をボカした撮影も可能です。

※F値の通しとは

広角側の18mmでも望遠側の105mmでもF値4が最小F値であることを指します。

通常のレンズだと、望遠側になればなるほど最小F値が大きくなります。

パワーズームにも対応しているため、動画の撮影目的に購入される方も多いようです。

店員さんの方と話した時はα6500に手ぶれ補正が付いているため、そこと合わせて使用する人が多いようです。もともとコスパの良いレンズとされていたので人気はあったのですが、α6500発売以降は更に人気となっているようです。

僕自身もα6500とSELP18105Gの組み合わせはよく使います。多様なシーンで使う旅行の時や結婚式での撮影などで活用できます。

以下の記事で作例などを紹介しているので参考にしてください。

α6500×SELP18105Gの組み合わせがオススメ!写真も動画も撮れる万能レンズ【レビュー・作例あり】

 

SEL1670Z:高画質が売りの万能レンズ

こちらもズームレンズです。焦点距離が16〜70mmでF値が通しで4になっているなどSELP18105Gと近い数値になっています。そのため、両者を比較して購入する方も多くいます。僕自身もこの2つは悩みました。結果SELP18105Gを購入していますが、こちらの製品もかなり評判が良いです。

SELP18105Gは動画に強いことで人気ですが、SEL1670Zは写真の画質が良いことで評判です。

参考:Amazon

また、SELP18105Gがパワーズームなのに対して、SEL1670Zは通常のズームなので、ズームを行う際に素早く感覚でズームしたシャッターを切ることが可能です。パワーズームも慣れるとそれなりにスムーズになりますが、人によってはパワーズームは使いにくいという方もいるようです。

※パワーズームとは

簡単に言うと、電動ズームのことです。電子的にズームの処理が行われるため、ズームをしてもレンズの筒部分の長さが変わりません。

なので写真がメインであれば、焦点距離も16〜70ミリと料理など近くのものの撮影からポートレートや風景の撮影まで万能に使用可能なレンズになります。望遠が70mmまでで問題なければこちらのレンズはかなりオススメのレンズです。それなりに値段がするのが躊躇するポイントとなりそうですが、買って後悔はしないかと思います。

 

VCL-ECF2:遊び心溢れる魚眼レンズ

ソニー(SONY)
¥13,764 (2018/08/16 03:49:26時点 Amazon調べ-詳細)

普通の写真に飽きてきたり、超広角を撮りたい方にオススメしたいのがEマウントの魚眼レンズであるVCL-ECF2です。こちら正確にはフィッシュアイコンバーターという製品名称となっており、その名の通り他のレンズに付けて使用するコンバーターになります。

こんな感じで、カメラ+レンズ+フィッシュアイコンバーターという感じで使用します。

参考:Amazon

具体的にはSEL16F28などに付けて使用します。

フィッシュアイは風景や夜景の撮影などにかなりオススメです。見たままの風景をダイナミックに撮影することが可能です。またレンズの縁が歪む特徴を活かして何気ない日常の1枚もオシャレに撮影が可能となります。

お遊び用に1つ持っておくと楽しめるレンズです。

作例なども含めてレビュー記事を記載しているので参考にしてください。

SONYのEマウント魚眼レンズ「VCL-ECF2」試用レビュー!フィッシュアイコンバーターで遊ぼう!

 

SEL30M35:お手軽マクロレンズ

続いてはマクロレンズの紹介です。マクロレンズは被写体を大きく写すことが可能なレンズです。作例を見た方が早いですね。

普通のレンズや肉眼では見れないような細かいところまでマクロレンズであれば撮影が可能になります。

参考:Amazon

何気ない1枚をまるで何かの作品かのように仕上げることができるレンズです。単焦点レンズと同様にこのレンズを使うだけで写真を上手くなったかのように思えるレンズです。笑

参考:Amazon

お値段もお手頃で最短撮影距離は約9.5cmとなっているのでかなり寄れます。

また、マクロレンズだからと言って接写しか撮れない訳ではなく、普通の単焦点レンズとして風景や人物の撮影も可能です。想像以上に使い勝手が広くお手軽に色々と撮影幅が広がるレンズです。

 

SEL1018:迫力のある風景撮るなら広角レンズ

Eマウントの広角レンズと言えばこのレンズですね。広角レンズは風景や集合写真など、被写体を広く撮影するのに適したレンズです。多少お値段は張りますが広角レンズが欲しい方にはオススメです。Eマウントで広角と言えばこのレンズかVCL-ECUぐらいですからねー。

参考:Amazon

F値は通しで4となっています。個人的には広角を撮りたいならAPS-Cで頑張るよりフルサイズで撮影した方が良いのではとか思ってしまいます。ただ、この画角に惹かれるのも事実。APS-Cでも10mm撮れると結構十分な写りなんですよね。

参考:Amazon

 

まとめ:個人的オススメレンズ

いかがでしたでしょうか。SONYのEマウントもなかなか良いレンズが揃っています。ただこれら全部買うのはもちろんお金かかりすぎるのでこの中でも個人的にオススメのレンズをここで推しておきます。

おすすめレンズ

とにかく万能な1本が欲しい方

→SEL1670Zがオススメ!

慣れてきたら広角の明るいレンズを追加しよう!

→SEL24F18かContemporary 30mm F1.4がオススメ!

もちろん今持っているレンズやカメラの用途とか撮影スタイルでオススメは変わってくるのですが、個人的にはSEL1670Zがかなり万能だと感じています。

正直これ1本あれば広角から中望遠程度までならどんな画角でも撮影可能です。

さらにこのレンズと組み合わせるなら、SEL24F18Zですね。SEL1670ZはF4通しとなっているため、望遠側であればF4でも綺麗なぼけを作ったり撮影方法が選べますが、広角側でF4というのは撮れる絵が結構限られてきてしまいます。

そのため、組み合わせるなら広角で明るいレンズがオススメです。

両方とも結構お値段がするので、価格を抑えたいという方にはSIGMAのContemporary 30mm F1.4もオススメです。

以上、素敵な写真どんどん撮って行きましょー!

 

あわせて読みたい

カメラ初心者はこれだけ覚えればOK!ミラーレス一眼の撮り方/使い方!
カメラ機材の保管に必須!Re:CLEAN(容量30L)は初心者にオススメの電子防湿庫!【レビュー】
ミラーレス一眼カメラの選び方とは?初心者にオススメの人気機種をメーカー別に紹介

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA