1万円以下から始めるホームシアター

ミラーレス一眼での撮影はカスタムセットのホワイトバランス(WB)を使おう!設定方法を解説!

ミラーレス一眼などで撮影を行うときにホワイトバランスはどのようにセットしていますか。

AUTOを利用している方や好きな雰囲気に合わせてプリセットの他のモードを利用されている方が多いと思います。

今回はより自然な写真を撮影するための「ホワイトバランス」について記載します。

  • いつもホワイトバランスをどれに設定したら良いか悩む
  • 自然な色合いの写真が撮りたい

という方は参考にしてください。

 

ホワイトバランスとは

ホワイトバランスとは、撮影環境での光の色の影響を補正して、白を白く写すための機能です。光はその種類によって様々な色や特徴を持っています。例えば、電球の光は黄色っぽいですし、曇りの日の太陽光は青っぽい色が付いています。人間の眼を通すと、『白い物は白いはずだ』と自動的に補正をかけてくれるのですが、カメラはそれらの色味をそのまま写真に再現するので、光によっては白色が肉眼で見るよりも黄色く写ったり、青く写ったりしてしまうことがあります。

参考:撮影の基礎知識

と完全に引用文のまんまでいうことがないのですが、白を白く写すために写真の色合いを調整する機能になります。

人によってはあえて青っぽい写真にしたり、温かみのある暖色に調整したりする人もいるかと思います。

そのように人によって使い方は様々ですが、この記事では「白を白く撮影するための設定方法」を中心に説明していきます。

あらかじめプリセットで何パターンかのホワイトバランスは設定されていますが、撮影する場所に適切なホワイトバランスが用意されているかといえば必ずしもそうではありません。

 

ホワイトバランスのプリセット

メーカーによって多少差がありますが、例をあげるとSONYのα6500のプリセットは以下のようになっています。

WBのプリセット
  1. オート
  2. 太陽光
  3. 日陰
  4. 雲天
  5. 電球
  6. 蛍光灯:温白色
  7. 蛍光灯:白色
  8. 蛍光灯:昼白色
  9. 蛍光灯:昼光色
  10. フラッシュ
  11. 水中オート
  12. 色温度・カラーフィルター
  13. カスタム1
  14. カスタム2
  15. カスタム3
  16. カスタムセット

実際に最初から使えるのが最初の12個です。

メーカー側がそれぞれ定番の環境下での撮影に適した設定を準備してくれています。

しかし、定番パターンはあるけど細かい表現までは対応していないのがプリセットです。

オートホワイトバランスも機能が向上してきているのだとは思いますが、いまいち正確性に欠けると感じています。

もっとも正確に合わせるのであれば、撮影を行う光源下でホワイトバランスの調整を行うという方法です。

それを行うのが「ホワイトバランスのカスタムセット」という機能です。

先ほどあげたリストのカスタム1〜3とカスタムセットを利用します。

 

カスタムセットとは

カスタム1〜3は自分でホワイトバランスを設定できる項目となっています。

カスタムセットは撮影を行う光源下において実際に白いものを指定することで適切なホワイトバランスを設定することができます。

カスタムセットを使う場合はカスタムセットでその環境のホワイトバランスを取得した上でカスタム1〜3のいずれかにセットをしてそのホワイトバランスを利用して撮影を行うという方法になります。

文字で書くと少し難しそうに聞こえるかもしれませんが、実際にやってみるとかなり簡単です。

カスタムセットを利用するにあたって、基準となる白いものが必要となるのでそれだけ準備が必要となります。

 

カスタムセットの使い方

ステップ自体はたったの3つ!

カスタムセットの3ステップ
  1. カスタムセットを指定する
  2. 基準の白を指定する
  3. カスタム1〜3にセットする

一度設定すればあとは撮影するだけです。

画像を交えて設定方法の詳細を説明します。

これで正確にホワイトバランスを設定した状態での撮影が行えます。

もう無駄に悩んだりしなくて済みますね。

 

まとめ

撮影時の一つのテクニックとして重要なホワイトバランスの設定方法について紹介しました。

ホワイトバランスは設定によって写真の雰囲気がガラッと変わるため、最初のうちはしっかりと設定して撮影するようにしましょう。

慣れてくると自分の出したい色なども出てくると思うので微調整しながら撮影すると良いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA