SONYのフルサイズミラーレスα7ⅢにおすすめのFEレンズ3選を紹介

FEレンズのオススメ紹介

フルサイズミラーレスのトップを突っ走っているソニーのα7シリーズ。

本記事では僕が実際に使ってみておすすめしたいフルサイズのEマウントレンズ(FEレンズ)を紹介していきます。

ちなみに僕のメインはブツ撮りとポートレートになります。

そのため、同様の撮影を行う方、行いたい方には参考になるかと思います。

この記事を参考にして欲しい方

α7シリーズでブツ撮りやポートレート撮影を行う方

それ絵は早速紹介していきます。

 

FEレンズおすすめ3選

FEレンズはα7発売当時は数が少ないと言われていましたが、現在はサードパーティ製も含めて数が多くなってきています。

SONY SEL55F18Z

FEレンズで料理や小物などのブツ撮りを行いたい方にオススメのなのがSEL55F18Zです。

このレンズは世間からの評判も非常に高いレンズで以下の特徴があります。

SEL55F18の特徴
  • 小さくて軽い
  • F1.8の明るいレンズ
  • カールツァイス製の描画力
  • 55mmという小物も人も撮れる焦点距離

SEL55F18Zの特徴「小さくて軽い」

フルサイズのレンズはAPS-Cのものと比べると大きくて重いものが多いです。

特に描画力に定評のあるSONYのG Masterクラスのレンズなどはいずれも非常に重く1kg近い重量のものもあります。

正直APS-Cを使っていたことはレンズの重量はあまり気にしていませんでしたが、フルサイズのレンズは重いものは本当に重いので重量も気にするようになりました。

短時間の撮影や三脚の撮影などであれば良いですが、首や肩にぶらさげて撮影する一般的なスタイルだと長時間が経つと重さがかなりのネックになります。

SEL55F18は重量が281gとフルサイズレンズの中ではかなり軽いレンズになります。

 

SEL55F18Zの特徴「F1.8の明るいレンズ」

短めの焦点距離で綺麗に撮影する場合は明るいレンズを利用するのがオススメです。

特にF2以下だと寄りで撮っても綺麗に背景をぼかすことができるため、被写体との距離が近い料理や小物、また人物のバストアップの写真などを撮影するのにオススメです。

風景や遠くの被写体を撮るのにはそこまで向いていませんが、日常の写真を撮るならこれ1本あればだいたいのものは撮れます。

35mmフルサイズセンサーを搭載したα7シリーズにマッチする、高性能な55mm標準レンズです。ツァイスならではの高いコントラストと圧倒的な解像力を実現。レンズ表面の反射を抑える「T*(ティースター)コーティング」と内面反射を低減する最新の設計技術により、ハイライトから漆黒までの微妙なコントラストを再現します。さらに、「ゾナー」の名にふさわしい大口径F1.8の絞りにより、フルサイズならではのぼけ味を生かした望遠風の撮影や、レンズを絞り被写界深度を深くして、遠近被写体を生かした広角風の撮影など、多彩な表現が可能です。また、夕暮時や室内撮影など、手ブレや被写体ブレしやすい環境下でも明るいレンズが威力を発揮。リニアモーターとインターナルフォーカシングによる、なめらかで静粛性の高いフォーカシングも魅力です。レンズ外装には、α7シリーズ同様、防塵防滴に配慮し、ツァイスレンズにふさわしい高品位なアルミニウム素材の金属を採用しています。

参考:https://www.sony.jp/ichigan/products/SEL55F18Z/feature_1.html

 

SEL55F18Zの特徴「カールツァイス製の描画力」

SONYのレンズのなかで一部カールツァイスが作っているレンズがあるのですが、それらのレンズはどれも非常に評判が良いです。

僕がα6500を使用していた時に愛用していたSEL24F18もカールツァイス製でその優れた描画力に当時は感動していました。

レンズを変えるだけで写真がここまで変わるのかと。。

と、自分の中ではカールツァイス製は高品質の代名詞となっています。

SEL55F18Zもカールツァイス製です。

 

SEL55F18Zの特徴「55mmという小物も人も撮れる焦点距離」

SONYの公式ギャラリーを見るとわかりますが、バストアップで寄り目のポートレートで最大の威力を発揮します。

https://www.sony.jp/ichigan/products/SEL55F18Z/feature_1.html

また、小物の撮影も問題なく行えます。

 

SONY SEL85F18

続いて紹介するのがSEL85F18です。

焦点距離が85mmでF値が1.8となっている中望遠単焦点の明るいレンズです。

85mmという焦点距離のため、少し遠くにある被写体やポートレートなどの撮影に向いたレンズになります。

SEL85F18の特徴
  • ポートレート向けの焦点距離
  • F1.8の明るいレンズ
  • レンズ自体でAF/MFの切り替えが可能
  • フルサイズレンズの中では価格が安い

 

SEL85F18の特徴「ポートレート向けの焦点距離」

85mmの焦点距離は被写体との距離感が良く、全身を入れても背景をぼかすことが可能な距離感からポートレート向けのレンズとされています。

SEL85F18も公式からポートレート向けのレンズとして販売されています。

 

SEL85F18の特徴「F1.8の明るいレンズ」

ポートレートなど明確な被写体がいるシーンを撮影する場合は明るいレンズが必須です。

85mmの焦点距離となると実際はそこまでF値が小さくなくてもそれなりに綺麗に撮れますが、F値が小さいに越したことはありません。

 

SEL85F18の特徴「レンズ自体でAF/MFの切り替えが可能」

Canonや他社のレンズには多いのですが、SONYのレンズにはあまりついていなかったレンズ自体での設定ボタンがSEL85F18にはついています。

ある程度撮影に慣れてくると場面に応じて使いたくなるのがMF。

普通のレンズだとAF/MFの切り替えはファンクションキーや設定画面などで切り替える必要がありますが、このレンズだとレンズ自体についている物理ボタンから変更が可能です。

SEL85F18解説

フォーカスホールドのボタンもついており、このボタンは好きな機能を割り当てることも可能です。

ちょっとしたポイントですが、実際にレンズを使っていく上で利便性を感じられるのがこういったレンズの物理ボタンなんですよね。

 

SEL85F18の特徴「フルサイズレンズの中では価格が安い」

フルサイズレンズは10万前後するレンズが多いですが、SEL85F18は5万ちょっとで購入が可能です。

85mmという焦点距離なのでどのようなシーンでも撮れるという訳ではありませんが、5万ちょっとでポートレートに最適なレンズが購入できるのであればかなり良いのではないでしょうか。

 

TAMRON 28−75F28 (Model A036)

発売開始から常侍品薄状態が続いている超絶人気レンズがこちら。

僕自身予約してから1ヶ月以上経ってようやく購入できました。

このレンズは非常にバランスが良くブツ撮りからポートレートまで様々なシーンに対応可能な万能レンズです。

それぞれの焦点距離においては既に説明した単焦点レンズには負けるとは思いますが、十分なボケ感と描画力があります。

TAMRON 28-75F28の特徴
  • 28-75mmの使いやすいズームレンズ
  • F2.8通しで広角側でも綺麗にボケる
  • F2.8通しのズームなので価格は抑えめ

 

TAMRON 28-75F28の特徴「28-75mmの使いやすいズームレンズ」

この記事で紹介するレンズで唯一のズームレンズです。

28-75mmと広角から中望遠まで対応したズームレンズです。

料理やブツ撮りからポートレートまで幅広く撮影が可能な焦点距離が特徴です。

 

TAMRON 28-75F28の特徴「F2.8通しで広角側でも綺麗にボケる」

F2.8通しなので俗にいう「大三元レンズ」というやつですね。

どの焦点距離でもF2.8と明るく撮影が可能です。

F1.8ほどのとろけるボケ感は表現できませんが、フルサイズのF2.8なので結構なボケ感を表現することが可能です。

個人的にこのレンズの購入を検討するに当たって一番気にしていたのが「広角側のボケ感」です。

調べてみたところ十分にボケることがわかり、実際に購入してからも広角側での撮影も良く撮りますが実際に使ってみても十分なボケ感が表現できます。

 

TAMRON 28-75F28の特徴「F2.8通しのズームなので価格は抑えめ」

F2.8の通しなどのレンズだと価格が余裕で10万超えてきたりしますが、このレンズは価格が抑えめで10万以下で購入が可能です。

予約をしないと買えないのがネックですが、レンズとしてのコスパは最高だと思います。

 

フルサイズを活かしたオールドレンズもおすすめ

オススメレンズを3つ紹介しましたが、もっと手軽にいろんなレンズを試したい方にはオールドレンズもオススメです。

オールドレンズってなに?という点については以下の記事を参考にしてください。

ミラーレスカメラ×オールドレンズ|格安レンズで雰囲気のある写真を撮ろう!

価格帯も1万円を切るものが多く、独特の雰囲気を撮影できるのがオールドレンズの特徴です。

上記の記事でもオススメレンズは記載していますが、ここにもリンク貼っておきます。

 

まとめ

フルサイズのFEレンズについての紹介でした。

今回は3選ということで広角〜中望遠までを紹介しました。

またオールドレンズという選択肢も考慮に入れておくと選択肢の幅が広がるかと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA