【4K対応プロジェクター】大迫力のホームシアターが実現可能!〜おすすめ機種紹介〜

最近のテレビはもっぱら4Kが人気ですね。

家電量販店に行くと4Kテレビってやはり目が惹かれます。信じられないぐらい綺麗で未だに見るたびに感動するレベルです。

4Kは映像の画素数を指す言葉となっており、同じ映像を投影するプロジェクターにも4K対応モデルというものがあります。

あの4Kテレビの感動をプロジェクターならではの大画面で楽しむことができるということです。

4K対応プロジェクターを販売しているメーカーは現在のところ限られており、スペックや価格帯も結構バラバラです。

本記事では各種メーカーの4K対応プロジェクターの特徴や価格帯をまとめた記事になります。

4K対応プロジェクターの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

4K対応プロジェクターとは

冒頭でも記載していますが、4Kというのは特定の画素数の映像を指します。昔のテレビとかをイメージしてもらうと分かりやすいと思うのですが、映像というのは細かい点の集まりでできています。

その点の数を画素数と呼びます。

よく聞くフルHDなどは横1,920×縦1,080で映像が表現されています。Blu-rayや地上デジタルもだいたいこの画素数です。それに比べて4Kは約2倍の横4,096×縦2,160で映像が表現されています。

つまりそれだけ細かい描画が可能となるためよりなめらかで鮮やかな映像の投影が可能となっています。

※4K=4,000を意味していて横の画素数を指しています。そのためフルHDのことを2Kと呼んだりします。

4Kの画素数はフルHDの約2倍
4Kの画素数はフルHDの約2倍

画像を見ていただくと一目瞭然ですね。そのためテレビとかでもあれだけ綺麗な映像が写せるということです。

4K対応プロジェクター選びのポイントとは

「どれを選べばいいのか全くわからない」

「どこの機能に差が出るものかわからない」

という方に知っていただきたいプロジェクター選びのポイントです。

1.輝度/コントラスト比

プロジェクター選びの基本は輝度とコントラスト比
プロジェクター選びの基本は輝度とコントラスト比

プロジェクターの選び方でも記載していますが、プロジェクターの基本とも言えるスペックが輝度とコントラスト比です。

輝度

「プロジェクターが投影する光の明るさ」を指しており、ルーメン(lm)という単位で呼ばれます。ホームシアター用だと2,000前後〜3,000lmが一般的です。

輝度が高いほど明るい映像が投影可能なため、明るい部屋でも映像を楽しむことが可能となります。

日中からテレビ代わりにプロジェクターを使いたい方などは要チェックしたいところです。ただし、カーテンとか開けて日光が入ってきている状態での視聴は最低でも3,000lm以上はないと映像がかすみます。

もともとホームシアターモデルは部屋を暗くして楽しむことを想定して設計されているため輝度自体は高価格帯の機種でも3,000lm以下で抑えられていたりいます。

なので日中といってもカーテンなどを閉めた状態や直接日光が入ってこない状態が視聴環境の基本です。

(ビジネス用プロジェクターだと明るい会議室でも使うことを想定しているため、5,000lmとかの機種もあります。)

コントラスト比

「プロジェクターが投影する光の色鮮やかさ」を指しており、「10,000:1」のように表記されます。これは最も明るい部分と暗い部分の比になります。

つまり最も暗いところを「1」とした場合に最も明るいところは「10,000」で表現が可能ということです。

ここの比が大きければ大きいほど階調豊かで鮮やかな映像の投影が可能となります。

プロジェクターは数万円のものから数十万のものまで存在しますが最も値が変わってくるのがコントラスト比です。

コントラスト比以外にも映像が鮮やかに投影可能かを判断する指標はありますがプロジェクターの基本的な部分となるためここは要チェックしてください。

2.焦点距離/垂直水平補正

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、この2つの指標は簡単にいうと「設置がしやすいかどうか」の指標です。

焦点距離

プロジェクターとスクリーンの距離を指します。

一般的に以下のように言われています

  • 「スクリーンから80cm離して80インチが投影できれば短焦点
  • 「スクリーンから30cm離して80インチが投影できれば超短焦点

焦点距離が短いほど普通のテレビのように壁に近い位置に置くことが可能となります。

プロジェクターの設置予定場所が壁からどれだけ離れているかで焦点距離を選ぶと良いです。

垂直水平補正

スクリーンに対して斜めから投影した場合の補正機能を指します。

通常斜めから投影すると映像が歪んでしまいますが、これを補正することができる機能になります。

この機能があることで設置場所とスクリーンの位置をより柔軟に選ぶことが可能です。

こちらも焦点距離と同様に設置予定場所とスクリーンの位置を確認して補正機能を選ぶと良いです。

またこれら以外にも「天井吊りが可能か」といった視点もあります。

天井吊りするのが設置場所としては一番楽ですしね。

ただ家の工事とかが必要となる可能性もあるため天井吊りするしないも含めて検討する必要があります。

今だと照明器具とプロジェクターが一体型になった製品もあったりしますしね。

通常天吊りにすると工事が必要ですが、照明一体型のプロジェクターは照明設置する金具にそのまま付けられるので工事も不要でお手軽。

ただ設置箇所が照明器具の金具があるところだけと限られるのが最大のデメリットですが。。

3.HDCP2.2対応有無

4Kで配信される映像の規格の一つになります。

4Kの高品質なコンテンツを保護する目的で作られた規格です。

Blu-rayなどを見るぶんには不要な部分ですが「スカパー」など4Kで配信される映像に関してはこの規格で配信されるため視聴するためにはHDCP2.2に対応したプロジェクターが必要となります。

最近の機種はどれも対応しているためそこまで問題にはならないと思いますが、4K放送や4K配信を楽しむ予定の方はHDCP2.2に対応している機種を選ぶと良いです。

この後で紹介している機種はどれもHDCP2.2対応機種です。

4.HDR等の映像技術

近年注目されている映像技術の一つがHDRです。

HDRはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で綺麗な映像を投影するための技術になります。

具体的には映像の白飛びや黒つぶれを抑えることが可能となります。

それに対して従来の技術はSDR(Standard Dynamic Range)と呼ばれています。

HDRはNetflixやdTVなどの動画配信サービスでも対応されており、今後はさらに普及が加速することが予測されています。

SDRとHDRの違い。
HDRは映像の白飛びや黒つぶれを抑えることが可能。
SDRとHDRの違い

5.ネイティブ4K対応有無

4Kにはネイティブ4Kと擬似的な4Kがある
4Kにはネイティブ4Kと擬似的な4Kがある

4K映像を投影する技術として、擬似的に4Kを表現するのかネイティブな4Kを表現するのかの2通りの表現方法があります

擬似的に4Kを表現する方法はJVCやEPSONのエントリーモデルで採用されている投影方法でフルHDを少しズラして2重で投影することで4Kを再現しています。

画素数的には4Kとなるので実質4Kと表現されることがあります。
(※技術の名称はメーカーで異なりますがここではEPSONの技術名称を借りて4Kエンハンスとします)

それに対してネイティブ4Kというのは4Kのデータをそのまま表現する手法をさします。

どちらの方が綺麗かというのはまた別の話しになりますが、技術的に表現された4Kよりネイティブ4Kの方が高価格帯のモデルになっています。

また、ネイティブ4Kの場合、3Dの映像も4Kでの視聴が可能ですが、4Kエンハンスはそれができません。

既に加工された映像をそこから更に3D対応にするのが技術的に難しいといった壁があるのだと推測できます。

そのため4Kで3Dを見たい方はネイティブ4K対応の機種を選ぶ必要があります

4K対応プロジェクターのオススメモデル

4K対応プロジェクターは作成しているメーカーが絞られます。

主にSONYやEPSON、JVC、LGから発売されています。

SONY VPL-VW245

SONYの4Kプロジェクターのエントリーモデルです。

SONY独自のネイティブ4Kパネル「4K SXRD」が採用されており、3Dの映像も4K画質で楽しむことが可能です。

また映像を繊細に表現する「超解像技術」も採用されており、臨場感溢れる映像の投影が行えます。

SONY独自の超解像度技術でより臨場感あふれる映像体験が可能
SONY独自の超解像度技術でより臨場感あふれる映像体験が可能

HDRにも対応しているため、「立体感」「奥行き感」「繊細感」が増しより迫力のある映像が楽しめます。

HDRの対応有無で映像の鮮やかさが大きく変わるためここが対応しているのは嬉しいですね。

VPL-VW245はHDRにも対応
VPL-VW245はHDRにも対応

最大輝度は1,500lm、HDCP2.2はもちろん対応しています。

※コントラスト比は公開されていません。

SONY VPL-VW745

先ほど紹介した機種の上位モデルとなります。レーザー光源を使用した投影により従来とは異なる次元の映像の投影が可能です。

本製品で使用されている技術は公式の紹介動画を見るとわかりやすいです。

最大輝度は2,000lm、コントラスト比は∞:1という最高級スペック。。

ネイティブ4Kかつレーザー光源なのでどのような映像も忠実に投影が可能なため、コントラスト比というもの自体があまり意味をなしていないということです。

よくわからないかもしれませんがそれだけ綺麗な映像が楽しめるということ。

他にエントリーモデルで採用されていたHDRなどの機能はほぼほぼ対応しており予算に余裕があればまず間違いのない製品です。

JVC DLA-X590R

JVCの4K対応プロジェクターのエントリーモデルです。

JVCは映像処理技術が凄まじく本プロジェクターも映像をより綺麗に滑らかにするための技術が盛り込まれています。

4K e-shift5

1画素を斜めにシフトさせて投影することで擬似的に2倍の画素数での表現を可能にしています。
※EPSONでいう4Kエンハンス。擬似4Kの機能です。

この技術により映像をよりくっきりと投影することが可能です。

4K e-shift5の説明
4K e-shift5の説明

Clear Motion Drive

動画のフレーム間を補完する技術です。

これにより動きの早い映像でも残像が残ったりブレたりせずに映像の視聴が可能です。疲れることなく映像を楽しむことができます。

JVCのフレーム補完技術「Clear Motion Drive」
JVCのフレーム補完技術「Clear Motion Drive」

最大輝度は1,800lm、コントラスト比は400,000:1と基本スペックもかなり高めの数値です。

もちろんHDR及びHDCP2.2は対応しています。

さらにこのプロジェクターで驚きなのは驚異的な補正技術によって柔軟に設置箇所を決めることができる点です。

上下80%、左右15%のレンズシフト機能が付いているため、設置場所に困ることはほぼなさそうです。

JVC DLA-Z1

ネイティブ4Kに対応したJVCの上位モデルです。

レーザー光源を採用しているため、映像美はいうまでもなく鮮やか。

最大輝度3,000lm、コントラスト比∞:1という驚異のスペック。

2倍ズームに対応しており、60〜280インチまで投影が可能です。

レンズシフトは上下100%、左右43%となっており設置場所も自由自在です。

ちょっと情報少ないですが、公式の動画も確認して見てください。

EPSON EH-TW8400

フルHDからビジネスタイプのプロジェクターまで数多くのプロジェクターを販売しているのがEPSON。

そのEPSONの4K対応プロジェクターです。

数多くのプロジェクターを作ってきた技術力がそのまま落とし込まれており他社と比較してもかなりコスパの良い製品に仕上がっています。

最大輝度:2,600lm / コントラスト比:1,000,000:1 という基本スペックがかなり高いです。

JVCの「e-shift」と同様に画素数を擬似的に2倍にすることで高画質を表現しています。

もちろんHDR/HDCP2.2にも対応。

EPSON EH-TW8400もHDRに対応

イメージ強調/フレーム補完技術

映像をよりくっきりと滑らかに投影するための技術が詰め込まれています。

イメージ強調は、超解像・ディティール強調・ノイズリダクションなどを組み合わせて映像の輪郭をくっきりとさせる技術です。

EPSONのイメージ強調の解説図

フレーム補完技術は映像データには含まれていないフレーム間を補完する技術で映像がブレたり残像が残ったりするのを避けることができます。負担のない視聴が可能になります。

EPSONのフレーム補完の解説図

柔軟のレンズシフト機能

先ほど紹介したJVCを超える「上下96% / 左右47%」のレンズシフトに対応しています。設置位置に悩むことはなさそうです。

EPSONのレンズシフト稼働範囲の解説図

焦点距離が多少長めですが、ズーム機能が搭載されているため、6畳の広さがあれば80インチの映像が投影可能です。

画像を見ていただくとわかりやすいですが、80インチを投影する場合でも設置位置は柔軟に選ぶことが可能です。

レンズシフトにより柔軟な設置場所

様々なプロジェクターを発売しているEPSONなので技術面や映像よりに関しては安心感があります。

EPSON EH-LS500

EPSONから2020年に発売されたハイエンドモデルがこの製品になります。

ハイエンドモデルですがネイティブ4Kではありません。

しかし他社のハイエンドモデルと同様にレーザー光源を採用し、コントラスト比は2,500,000:1となっており最大輝度は4,000lmです。

更にこの製品の特徴は「4Kの超短焦点プロジェクター」であるにも関わらず価格がたったの30万円前後であるという点です。

投影距離が50cmで80インチの映像が投影可能なので上記に記載した超短焦点ほどではないですが、4Kでこの価格でこのスペックであれば文句の付け所がないです。

下位モデルなどでも採用されている映像技術は全てが余すことなく盛り込まれた製品になります。採用されている技術などは公式の動画を見てください。

またこの製品は実際に投影されているところも見てきましたが、さすが4,000lmかつレーザー光源に対応しているだけあって明るい店内でもかなりくっきりと映像が投影できていました。

EH-LS500は明るい店内でもくっきり映る
EH-LS500は明るい店内でもくっきり映る

まとめ(一覧比較表あり)

それぞれのメーカーから4K対応機種のエントリーモデルとハイエンドモデルを紹介しました。まだメーカーが少なく値段の幅が大きいためどれを買うか悩まれる方も多いと思いますが本記事が少しでも購入の判断に活かせればと思います。

上記であげたプロジェクター選びのポイントと紹介したプロジェクターを一覧にしたのでこちらもご活用ください。

製品名VPL-VW245VPL-VW745DLA-X590RDLA-Z1EH-TW8400EH-LS500
メーカーSONYSONYJVCJVCEPSONEPSON
ネイティブ4K
輝度1,500lm2,000lm1,800lm3,000lm2,600lm4,000lm
コントラスト比記載無し∞:1400,000:1∞:11,000,000:12,500,000:1
レンズシフト(%)上85/下80/左右31上85/下80/左右31上下80/左右34上下100/左右43上下96/左右47
投影可能距離約2.26~18.19m約2.26~18.19m1.79~12.31m1.75~12.28m1.78~18.99m0.43~0.82m
HDR対応
HDCP2.2対応
レーザー光源
 価格(※) 約53万円 約165万円 約55万円 約370万円 約32万円 約30万円

※価格はAmazonでの表記を参考にしています。

フルHDのプロジェクターでも十分綺麗なので4K対応プロジェクターであれば実際どれを買っても満足できるとは思います。

なのであとは予算との兼ね合いになります。特にレーザー光源の対応有無で映像はかなり変わってくるのでそこから見ると良いかと思います。

あわせて読みたい

超短焦点や持ち運びが可能なバッテリー内蔵型などのプロジェクターも別途まとめています。

【小型軽量で持ち運び可能】モバイルプロジェクターの選び方とおすすめ紹介! 省スペースで大画面!人気超短焦点プロジェクターのおすすめ比較!!

プロジェクターを購入したらオーディオも準備必須です!

ホームシアターにおすすめのスピーカーシステム!!5.1chやワイヤレス対応機種も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA