TAKEIHOー雑記特化型ブログー

雑記、仮想通貨、ホームシアター、資産運用などを紹介

MENU

【格安SIM】LINEモバイルの欠点はLINEで補える!意外と知られてない便利機能!

こんばんは、たけいほです。

f:id:taaaaho:20170112021222p:plain

 

以前に格安SIMはLINEモバイルが最強と宣言しましたが、

格安SIMはLINEモバイルが最強。MVNOで通信量削減!!

欠点があるんですよね。。

 

これはLINEモバイルだけでなく、一部を除いて全ての格安SIMに該当するのですが、通話料金が高いんですよね。LINEモバイルの場合は30秒20円です。

 

通話料金ってどのぐらいかかるの?

OCN、DMM、mineoなどもLINEモバイルと同様に各社30秒20円で揃えてきています。楽天モバイルだけ30秒10円とちょっと安いですね。最近はキャリア(au,docomo,sofbank)はカケ放題を推してきてますしね。

 

基本電話はしないよって人は問題ありませんが、30秒で20円かかる場合、1時間電話するだけでも2400円かかりますからね。つい相談事とか雑談が盛り上がったらあっという間に料金が膨れますね。。

 

キャリアのかけ放題は3社とも月額2700円で揃っています。格安SIMの1時間ちょいの料金で1ヶ月電話し放題はLINEより電話派の人にはかなり良いですね。

 

ただ、最近は格安SIMでも通話定額プランが増えてきています。キャリアみたいに何時間でも何回でものプランは少ないですが、5分や10分ならかけ放題みたいなのが多いようです。

簡単に各社の通話料金と定額プランをまとめてみました。

(料金を比較するために、データ通信は3GBコースで揃えています。値段は参考までに)

発行元 通話料金

基本料金

(音声対応/3GBコース)

通話定額プラン 備考
楽天モバイル

30秒

10円

1,600円 月額850円で5分かけ放題 基本の通話料金が安い 
Y!mobile

30秒

10円

3,980円

10分以内であれば月300回まで無料

月額1000円で何時間でも

何回でも通話可能

基本料金が高いが

通話定額が選択できる

mineo

30秒

20円

docomo:1,600円

au:1,510円

月額840円で月30分まで

通話可能

月額1,680円で月60分まで通話可能

通話定額は料金が高い
LINEモバイル

30秒

20円

1,690円 -

通話定額に関する

プランはなし

IIJmio

30秒

10円

1,600円

月額600円:誰とでも3分/家族と10分

月額850円:誰とでも5分/家族と30分

家族は同一契約の端末を指す。

超過部分については30秒10円

FREETEL

30秒

20円

1,600円

月額399円で「1分かけ放題」

月額840円で「5分かけ放題」

通話超過部分に関しては

30秒10円

OCN

30秒

10円

1,800円 月額850円で「5分かけ放題」

通話超過部分に関しては

30秒10円

BIGLOBE

30秒

20円

1,600円

月額650円で、

3分かけ放題 or 60分通話から選べる

超えた部分は30秒10円

通話定額に上限があるが、

超えた部分は通常の半額

もしもシークス

30秒

20円

2,180円

月額850円で「5分かけ放題」

月額1,800円で何時間でも

何回でも通話無料※

通話定額制と言いつつ、

・1日50回以上の通話

・1回60分以上の通話

は不正利用と見なされる

可能性ありとのこと。

 完全通話定額があるのは「Y!mobile」と「もしもシークス」だけです。「もしもシークス」は通話定額と言いながら制限かかってるので実質定額ではないですが、、1回60分とか結構超えたりする気がするので。。。

 

ただそれがない場合はもしもシークスの通話定額は安いです。もしもシークスは月額4000円でかけ放題、Y!mobileは月額5000円でかけ放題です。キャリアでかけ放題にしようとすると7000〜8000円は最低かかりますからね。お得にかけ放題にするなら候補に入れても良いかと思います。

公式サイトは以下から

Y!mobile

もしもシークス

この2社以外は正直似たり寄ったりですかね。 

 

LINEモバイルは通話定額プランがないんですよね。。SNS使い放題はかなりのメリットですが、通話定額ないならちょっと。。。ていう人もいるかもしれません。

・・・そんなあなたに朗報!!通話料金を気にせずにとまではいきませんが、格安で通話を行う方法があります。それが「LINE Out」です。以前は「LINE電話」の名称でしたが、2015年9月より名称が「LINE Out」に変更されています。

 

LINE Outとは

パケット通信を利用した格安のIP電話機能です。基本的にLINEを使用している人はLINE同士で無料通話を行うと思いますが、それとは全く別物の機能になります。使い分けを簡単に記載すると、

  • LINEの無料通話 → LINEを使用している友達への電話
  • LINE Out → 上記以外への電話

 になります。

つまり、LINE Outは友達への電話ではなく、実家への電話だったり、お店へ予約の電話だったり、問い合わせなどを行う際に使用する普通の電話と同じ役割をします。

 

LINE Outには2種類の料金プランがありますが、どちらも通常の電話と比べると圧倒的に安いです。

 

LINE Out の料金

コールクレジット

コールクレジットは先払いのプリペイド式になります。1コールクレジット=1円で、購入単位は120〜6000まであります。LINE Outを使うシーンとしては固定電話相手が多いと思いますが、その場合1000円で5時間半以上通話が可能です。固定電話にかける場合でも1分で14円のため、他の格安SIMの30秒10円よりも安いです。コールクレジットは使わなかった分は翌月へ繰り越されます。

f:id:taaaaho:20170112002259p:plain

f:id:taaaaho:20170112002820p:plain

 

30日プラン

もう一つの料金プランが30日プランになります。こちらは月額料金を払うことで月々の通話料金が安くなるというプランになります。

f:id:taaaaho:20170112003005p:plain

上記のプランに加えて「固定電話・携帯電話 60分 ¥390」プランもあります。

こちらのプランはコールクレジットと比べると固定電話に対してもかなり割安にかけることができます。

 

 

コールクレジットと30日プランはどちらがいいの?

ここは完全に人によりますが、1ヶ月の通話時間によるかと思います。30日プランの上限である60分を1ヶ月で電話すると考えた場合30日プランの方がお得です。それ以上の時間をかける場合、コールクレジットを選択する必要があります。また、1ヶ月に30分以下しか電話しない場合は、コールクレジットの方が得になります。

 

ちょっとわかりにくいけど具体的な数値で出すとこんな感じ

携帯電話のみにかける(時間で比較)

30日プランの場合

  • 60分通話すると390円
  • 120分通話すると720円

コールクレジットの場合

  • 60分通話すると14円 × 60分=840円
  • 120分通話すると14円 × 120分=1,680円

携帯電話のみにかける(料金で比較)

30日プランの場合

  • 390円で最大60分通話可能
  • 720円で最大120分通話可能

コールクレジットの場合

  • 390円分購入すると390円 ÷ 14円=約27分通話可能
  • 720円分購入すると720円 ÷ 14円=約51分通話可能

固定電話のみかける(時間で比較)

30日プランの場合

  • 60分通話すると120円
  • 120分通話すると720円

コールクレジットの場合

  • 60分通話すると3円 × 60分=180円
  • 120分通話すると3円 × 120分=360円

固定電話のみかける(料金で比較)

30日プランの場合

  • 120円で最大60分通話可能
  • 720円で最大120分通話可能

コールクレジットの場合

  • 120円分購入すると120円 ÷ 3分=40分通話可能
  • 720円分購入すると720円 ÷ 3分=240分通話可能

 

まとめるとこんな感じ(曖昧な部分間違ってたらすみません。。)

  • 1ヶ月で120分以上電話する場合 → 制度上コールクレジット
  • 1ヶ月で60〜120分携帯へ電話する場合 → 30日プランがお得
  • 1ヶ月で60分以上固定電話へ電話する場合 → コールクレジットがお得
  • 1ヶ月で30分未満しか電話しない場合 → コールクレジットがお得

 

さらに、なんとお店へは通話無料!!!

これは知った時かなり驚きました、テンション上がりました。タダでさえ通話料金安いのに。。個人的には通常の電話使う場面って店の予約が8割だからこれのおかげでほぼ電話代タダになってしまいます。。

 

ただ、全てのお店への電話が無料というわけではなく、LINEと提携しているお店のみ無料になります。と言っても今まで利用してきた感じだとほぼほぼのお店へは無料でかけられます。たまに無料でないとこがあるぐらい。。

 

LINE Out freeを使えば3分間かけ放題

これは15〜30秒の動画を見ることによって携帯電話へは1分間、固定電話へは3分間の通話が無料になるサービスです。時間が経過したら通話が切れます。料金にこだわるなら便利なサービスですが、私はこのサービスはいらないかなと思っています。

 

いつの間にかこのサービス導入されてて知らずにこれを利用していました。「あれ、こんな広告流れてたっけ?」と思いながらも通話開始。通話途中だったのに3分立って突如電話が切れる。。。→慌てて掛け直すと言ったことがあったのでこのサービスの印象悪いです。(笑)

 

なお、無料でかけられるのは1日5回までの上限があります。簡単な要件であればこれを使うのもありかもしれませんね。参考までに。

 

まとめ:LINE Outを駆使すればLINEモバイルで格安でSNS使い放題な上に通話料金まで抑えられるとか最強やん。

私の場合電話はお店ぐらいにしかしないのでコールクレジットを使用しています。そのため、LINEモバイルにしたら月額2000円かからないです。 

  • LINEモバイル(音声通話+3GBコース)=1690円
  • コールクレジット=120円

  → 合計:1810円

この料金で、

  • SNS使い放題(Twitter,Facebook,Instagram,LINE)
  • それ以外のアプリは3GBまで使用可能
  • LINEの無料通話ももちろん使い放題
  • 飲食店へも電話無料
  • それ以外の通話は最大40分可能

どうですかこれ?すごくないですか?

3GBで足りないって人は5GBとかもっと上のプランにしたら良いと思います。私は家ではwi-fiだし、基本使用はSNSなので月3GBいかないです。

 

LINEモバイルへはMNPも可能なので、現在の電話番号のまま機種変更できます。また12ヶ月経てば解約違約金も発生しないので今後の乗り換えもスムーズにいけます。

※契約時にMNP転出量や契約事務手数料で5000円ほど費用がかかります。

 

キャリアで契約している場合、安くても7000円程度はかかっていると思うのでLINEモバイルに乗り換えることで月々5000円浮きます。なので契約時の手数料は初月で相殺。現在の契約解除で違約金が発生する場合でも月5000円も浮くので4ヶ月もあれば大体ペイできると思います。(解約時期によって違約金は異なるので確認が必要です。softbankは12ヶ月経つまでは違約金以上に高かった気がしますが、それ以降の月や他のキャリアは大体10000円程度だったと思います。)

 

契約時の手数料、解約違約金は合わせても半年あれば余裕でペイできるのでそれ以降は毎月浮いた5000円を自分の好きなことに投資できますね。乗り換えるなら早いうちがお得です!

 

LINEモバイルの詳細は以下から確認できます。

LINEモバイル

 

しかも今なら毎月3GB追加でもらえるキャンペーン中です。

f:id:taaaaho:20170112015824p:plain

対象はコミュニケーションフリープランのみになります。

2016年11月11日〜2017年3月31日までに利用開始すること。

 

つまり3月31日に申し込んでも、対象外です。少し早めに申し込んで3月31日までに利用できる状態にしておきましょう。

これで3GBコースに申し込んでもしばらくは6GB使うことができます。最初はこれで様子を見て、あまり使わなければそのまま3GBコース、もっと使いそうだなと思ったら上のコースに変更すれば良いです。これはLINEモバイルを使い始めるには最適なキャンペーンですね。

こちらから申し込むとキャンペーンが適用されます。

LINEモバイル