TAKEIHOー雑記特化型ブログー

仮想通貨、ホームシアター、カメラなどを紹介

MENU

【仮想通貨】有望なICOの探し方(ICO Dropsの利用方法/各指標の見方)

f:id:taaaaho:20180121220319j:plain

2017年は仮想通貨元年として仮想通貨が流行っていましたが、同時にICOも多数開催され、ICOの年とも呼ばれています。

ICOは一定期間の資金拘束や詐欺なども多発しているため、一概におすすめとは言えませんが、有望なICOの場合、上場後に数十倍になることもよくあります。

本記事では、有望なICOの探し方について記載していきます。

ICOとは

ICOとは、Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)の頭文字を取ったものになります。

「クラウドセール」や「トークンセール」と呼ばれることもあります。

主に資金調達を実施する企業や事業プロジェクトが主催で実施します。

独自の仮想通貨を発行/販売を行い、投資家からはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で資金を調達します。

簡単に言うと、株式でいうIPOの仮想通貨版ですね。

 

ICOのメリットとは

将来的に価格の高騰する可能性のある仮想通貨を早く・安く購入することができます。

ICOが実施されるのは、プロジェクトの準備段階や開発段階であり、まだ仮想通貨が一般の取引所に出回る前に行われることが大半です。

また、ICO時には取引所と違い価格と供給量が一定に定められて販売されます。

プロジェクトが進行していくと、取引所にも上場し流通するようになります。

取引所に上場して数日で価格が数倍になり、買い損ねたと言う経験がある人も多いと思います。

ICOでは、取引所への上場前に安く仮想通貨を仕入れることができるため、取引所への上場後に数十倍の利益を得ることも可能となっています。

イーサリアム自体もICOから誕生した仮想通貨で、ICO当時(2014年8月)は1BTCで2000ETHを購入が可能でした。

 

最近のICOで言えば、「Dragonchain (DRGN)」の価格の高騰が話題になりました。

10月に行われたICO実施時は「1 DRGN = 0.0663 USD (0.00023 ETH)」で販売されていました。

ICO後にはKucoinなどの海外取引所に上場され、現在(2018/1/21時点)で「1 DRGN = 2.85 USD (0.00262847 ETH)」となっているため、約45倍に高騰したことになります。 

 

ICOの探し方

ICO Drops」と言うサイトを利用します。

ICO Drops - Calendar of active and upcoming ICO. Complete list with Token Sales

このサイトでは、「開催中」「開催予定」「開催終了」したICOの情報を確認できます。

また、それらの情報を考慮した上でICO DropsがScoreを出しています。

主に見ていくのはScoreが高いものから見ていきます。

本来ならば全てのICOに目を通すべきですが、ICOの件数が膨大なためある程度の精査が入った状態で見る方が効率が良いです。

見た中で良さそうなものが無ければさらに範囲を広げていくと良いです。

 

また、見ていくICOは「UPCOMING ICO」を中心に見ていきます。

なぜ「ACTIVE ICO」では無いかと言うと、最近の流れとしてICOの規制が徐々に厳しくなってきています。そのため、KYCと呼ばれる本人確認のプロセスやホワイトリスト登録と言ったICOに参加するまでにしなければならないことが多くなってきています。

そのため、ACTIVE ICOで良いものを見つけても購入できないパターンが多いです。

特に有望なICOはその辺りがしっかりしているため、開催予定のICOを見ていくことを推奨しています。

f:id:taaaaho:20180121184428p:plain

 続いて、各ICOの指標の見方についてです。

まず、「UPCOMING ICO」の一覧ページを開きます。

f:id:taaaaho:20180121185227p:plain

 ここでまず、見ていくのは「INTEREST」記載してあるところです。

ここがICO Dropsが総合的に見て、興味があるか無いかを判定している箇所になります。

まずはここで「VERY HIGH」や「HIGH」のものから見ていきます。

上の図で言うと「dadi Pre-sale」に「HIGH」のスコアが付いているので、そこから見ていきます。

f:id:taaaaho:20180121190621p:plain

こんな感じの画面が表示されます。

重要な告知などは上部に赤文字でimportantと表示されるので確認必須です。

主にホワイトリストの登録期間の告知だったりがなされています。

真ん中らへんはPR動画などがあり、その右側にICOの開始時期と、調達目標額、公式サイトやホワイトペーパーへのリンクとなっています。

さらに下にスクロールすると今度は各種指標が表示されます。

f:id:taaaaho:20180121190920p:plain

まず、公式サイトから確認するのも良いですが、僕のおすすめとしては、まずホワイトリストの有無を確認します。

ホワイトリストは購入希望者のリストです。

ICO実施側が、どの程度の需要が見込めるかを確認するために設定されることが多くなっています。

また、ホワイトリストは登録の期間が定められていることも多く、登録期間を逃すとICO自体に参加不可能となります。

そのため、まずそのICOに参加が可能かといった点を確認するためにホワイトリストの有無と、ある場合には登録期間を確認します。

上記の画像でdadiの場合はホワイトリストがありますが、登録期間は設けられていないようです。

なので基本的にはICO実施時までに登録が可能と考えられます。

※実際にはプロジェクトの進捗具合やホワイトリストの登録者数などで登録が締め切られることもあるので、公式サイトやテレグラムなどで確認は必要です。
また、ICOによってはKYC(Know Your Customer)といって本人確認があります。KYCでは個人情報の入力やパスポート、顔写真の提出などが求められます。
この審査に時間がかかったりもするので、ホワイトリストへの登録は可能な限り早く済ませるのが良いです。

 ここまでで、注目されているICOとそのICOに参加が可能かということが確認できます。

次にそのICOが本当に有望なものかどうかの分析を行っていきます。  

 

ICOの分析方法

分析と言うと、難しく感じるかもしれませんが簡単な味方だけ紹介しておきます。

ICO DropsのRating

f:id:taaaaho:20180121193353p:plain

ICO Dropsでは最初に紹介した総合的な評価の他に3つの指標があります。

Hype rate:SNSや公式サイトなどの注目度が反映されます。ここの値が高いと言うことはそれだけ話題で民衆の関心が高いICOになります。
関心の高い仮想通貨はそれだけで価格が高騰することもあるのでここのスコアは重要です。

 

Risk rate:主に価格操作などに対するリスクが反映されます。
公式サイトに記載されている説明の例で言うと、
例1:プレセールで40%OFFで販売されるトークンがあった場合、そこで購入した人は上場してすぐに売るだけで40%儲けることができ、そうなった場合に価格が下がる可能性がある
例2:ICOで供給されるトークンが全体の10-20%程度である場合、プロジェクト側が大半のトークンを保持しているため、価格操作が容易に行われる可能性がある
と言う価格面でのリスクが評価されています。

「例1」に関しては、OFF価格で購入できれば問題はないのでここの指標は何をリスクとして指しているのかまで確認する必要があります。

 

ROI rate:価格の上昇が期待できるかどうかを過去の類似プロジェクトから評価します。ここの値が高ければそれだけ上場後の価格の高騰が期待できると言うことになります。

 

以上が各指標の意味合いになります。ただし、あくまでも指標になるため、ここをそのまま鵜呑みにするのもどうかなと思います。

ここの評価と実際にプロジェクトの中身を見て自分なりにも評価をつけられると良いです。

といってもプロジェクトを全て精査するのも厳しいので個人的にはここ割と参考にしています。

この3つの指標の中でも特にきにするのが現段階では「HYPE rate」です。

プロジェクトの中身がなくても話題性だけで上がるのが最近の仮想通貨(良くない傾向ですが。。)

なので「関心を持っている人が多い=価格の高騰」に繋がる可能性が高いと言えます。

 

供給量から上場後の価格の推測

続いて、じゃあ実際にICOで買って上場したらどの程度の利益になるのか?と言う点について考えていきます。

ROI rateでは段階でざっくりとは出ていますが、実際の価格面での追求はありません。

ここを推測するために、発行量から上場後の価格の推測を行います。

例で挙げているdadiで言うと、クラウドストレージのプロジェクトなので類似プロジェクトを探します。

StorJが似たようなプロジェクトとしてあるので、StorJの時価総額や発行枚数からdadiの将来価格を推測していきます。

 

StorJの現在供給量と価格は「133,178,683 STORJ / 1.54 USD (0.00144704 ETH)」となっています。

dadiの供給量は「100,000,000」となっています。

またICO時の価格は「1 DADI = 0.5 USD」となっています。

現在すでに流通しているStorJと同程度、もしくはそれ以上の技術などが使用されていれば、同程度の価格にまで価格が上昇する可能性があると言えます。

StorJの現在の時価総額は「205,425,455 USD」

 205,425,455 / 100,000,000 = 2.05 USD

ざっくりとした計算にはなりますが、約2.05USDまでは価格の高騰が見込めます。

そう考えるとICO時の価格から約4倍まで高騰する見込みがあると推測できます。

あくまでもざっくりとした計算になるので、プロジェクトの内容などによってはさらに倍もありますし、そこまで行かない可能性もあります。

あくまでも参考値として考えてください。

以上がICO Dropsから確認できるICOの分析になります。

実際の分析は更に

・用途
・競合
・技術
・マーケティング

などの観点から多角的に評価をすると良いです。

これらは公式サイトやホワイトペーパー、bitcointalk、公式のTwitterやテレグラムなどから情報を仕入れることになります。

  

まとめ

冗長な文章になりましたが、ざっくりとしたICOの探し方は以上になります。

一次情報としてはICO Dropsのサイトを利用すれば問題ないかと思います。

他にもICOのレーティングサイトはあるのでそれらを参考にしても良いですが、UIや評価などICO Dropsは妥当性があるかなと感じているので今回紹介しました。

有望なICOは見つけられたら数倍になることも珍しくありません。

日々のトレードに精神削られる必要もありません。

ここで記載しているのはあくまでも私の探し方になるので自分なりに納得のいく探し方を追求されるのも良いと思います。

投資はあくまでも自己責任なので。

 

以上

 

関連記事