TAKEIHOー雑記特化型ブログー

雑記、仮想通貨、ホームシアター、資産運用などを紹介

MENU

格安プロジェクターが続々と!スペックで見た各価格帯のおすすめプロジェクターを紹介するよ!

f:id:taaaaho:20170816002658j:plain

プロジェクター購入してからあまり見てなかったのですが、最近低価格のプロジェクターがかなり増えてきていますね!安いものだと、なんと、10,000円以下からあるよ。。

関連記事:ホームシアターにおすすめのプロジェクターの選び方を紹介するよ!!

 

スペックで見るのと実際に投射された映像を見るのではまた差があるとは思いますが、スペックで見た場合に僕がおすすめするホームシアター用のプロジェクターを価格帯別に紹介していきます!

予算に合わせて検討していただければと!
※記載の価格はAmazonでの販売価格で記載しています。

なお、スペックとして着目するのは以下の点です。プロジェクター選びの参考にしてください。

プロジェクター選びの観点

1.解像度

2.ルーメン(明るさ)

3.コントラスト比(どれだけくっきり映るか)

4.補正機能(置き場の自由が効くか)

5.入力ソース(HDMIなど対応しているか ≒ FireTVStick使えるか)

6.音声出力(Bluetooth対応か否か)

7.その他独自機能など

 

 

10,000円以下の製品

激安ですね。この価格帯ならちょっとお遊び気分で買えますね!小型タイプも多いので外出先で使うとかに良いかもしれません。

フルHDに対応しているため、ブルーレイもバッチリ見れそうです。台形補正もだいたいの機種は垂直はカバーしており、一部機種では水平もカバーしています。

明るさは可もなく不可もなく、音声出力はbluetoothに対応している機種は無さそうなので直接有線で接続する必要がありそうです。

DBPOWER ミニ プロジェクター 

まずはAmazonのランキングでも上位に位置しているこちら!

DBPOWERのスペック

1.フルHD対応、2.1500lm、3.コントラスト比1000:1、4.垂直補正が可能、5.USB/SD/HDMI/AV/VG、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/軽量/リモコン

1万円を切っていてこのスペックであればかなり十分な気はします。補正が垂直のみなので、斜めに投影等の調整はできませんが、このサイズ感であれば、常設というよりかは適宜動かせそうなので問題ないですね。音声がBluetooth未対応でステレオプラグでスピーカーと接続する必要があります。

(音声は本体からも出るのでスピーカーは必須ではありません。)

また、このプロジェクターのメーカーDBPOWERは割と安定感のある製品を出しているところでも有名なので、おそらく実際に使用してもそこまでスペックと差異のあるものではないと思います。

なので、無難に推奨できるのが本製品です。

 

Yaufey 1800ルーメン

こちらの機種は聞きなれないメーカーですが、スペックだけで見るとかなりコスパが良いです。 

Yaufeyのスペック

1.フルHD対応、2.1800lm、3.コントラスト比1000:1、4.水平垂直補正が可能、5.HDMI/USB/SD/AV/VGA、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/リモコン

商品説明ページの日本語が怪しいので実際にこれだけのスペックがあるかわかりません。。チャレンジが好きな方にオススメの製品です。←

 

WIMIUS 小型LEDプロジェクター

少し値段が安めのも一つ紹介しておきます。

こちらのメーカーのWIMIUSは最近流行りの格安アクションカメラを製作しているメーカーでもあります。このWIMIUSのアクションカメラを以前購入して使用しているのですが、値段の割にはなかなかよかったので、恐らくこのプロジェクターもコスパが良いだろうと思って紹介します。もちろんスペック上でのコスパも上々です。

WIMIUSのスペック

1.フルHD対応、2.1200lm、3.コントラスト比1000:1、4.垂直補正が可能、5.AV/VGA/USB/TF/HDMI、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/三脚付き/天吊り/リモコン

値段が少し安い分ルーメンの値が少し低いです。ただ、先に2,000lm以下はある程度部屋を暗くする必要があるかと思うので結局は同じかなと。

ただ、ランプの寿命が近づいてきたときに差が出てきそうですね。

 

Quarice® LEDプロジェクター

 なんと1万円以下でwifiでのスマホ接続に対応しているものもあります!スマホ投影がメインの方にはこれは良いかもしれません。少しでも有線での接続は減らしたいですからね。。

Quarice®のスペック

1.フルHD対応、2.1200lm、3.コントラスト比1000:1、4.垂直補正が可能、5.USB/SD/AV/HDMI/VGA/IR、6.Bluetooth未対応、7.Wifi/スマホ投影/リモコン

ちょっと本流と話しがそれますが、このプロジェクターは多数のキャンペーンが行われており、Amazonで本プロジェクターを購入すると、懐中電灯やVRゴーグルが貰えるようです。 

貰えるVRゴーグルは以下

 

1万円以下のプロジェクターの特徴まとめ

  • フルHDに対応している
  • 基本は1500lm
  • コントラスト比は1000:1
  • 垂直補正(台形補正)に対応
  • HDMI / VGA / USBに対応
  • Bluetoothは未対応(スピーカー接続は有線)
  • スマホ投影 / リモコン / 天吊り

最近のプロジェクターは1万円のコスパが良いですねー。強いて言うならやはりBluetoothに対応していないのでスピーカーの接続どうしよっかなってぐらいですかね。35mmイヤホンプラグのみ対応なのでそこから接続可能な5.1ch組み立てるとか?

どの機種もHDMIは対応しているのでFireTVStick対応使えますね!Fire TV Stick使えばスマホ投影もwifiで可能になるので、個人的にはそこは重要なポイントでした。Amazonプライムビデオがお手軽に見れるってのももちろんあるけど!

関連記事:プロジェクターとAmazon Fire TV Stickの組み合わせ最高!

 

 

10,000〜20,000円の製品

このクラスになると音声がBluetooth対応になったり、明るさが3,000lmを超えてきたりします。スペック面だけで見ると下手すりゃ10万円レベルと同程度のスペック誇ってたり。。。コスパっていう面でいうとこの辺りが一番良いかもしれませんね。

HECION 小型LEDプロジェクター

なんとこの値段でwifiとBluetooth対応です!!!つまりスマホの画面を投影するのも、スピーカーと接続するのもコードいらず、全て無線で行えます。あとはHuluとかNetFlixとかプライム会員になっていればスマホ1台で映画もドラマも大画面で楽しみ放題です!

HECIONのスペック

1.フルHD対応、2.1500lm、3.コントラスト比3000:1、4.垂直補正が可能、5.USB/TF/HD/VGA/AV/TV/HDMI、6.Bluetooth対応、7.Wifi/3D/スマホ投影/リモコン

Bluetooth対応ってとこでテンション上がってましたが、よく見ると3Dも対応しています!!

別途専用の3Dメガネが必要になりますが、3D対応ってハイスペック感がありますね。

明るさに関して1万円以下クラスと同様の1500lm。コントラスト比は少しスペックアップしてますね。 

かなりコスパの良い商品ですね!

 

LESHP LEDプロジェクター

1万円以下のモデルが値段分スペックアップしたような感じですね!

HECIONのスペック

1.フルHD対応、2.3200lm、3.コントラスト比3000:14.垂直補正が可能、5.USB/HDMI/AV/VGA/Y.Pb.Pr、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/リモコン

特段目立ったスペックはないですが、無難に良いスペックといったところです。Bluetoothに対応していればよかったのですが、そこが惜しいですね。。

3,200lmであればかなり明るいですね。僕が持っている8万円クラスのプロジェクターですら2,200lmなので。。。

関連記事:プロジェクターって明るいの?2200ルーメンってこんなもの!!

 

WIMIUS プロジェクター

WIMIUSの上位機種ですね。こちらも先ほど紹介したものと同様に値段分スペックアップしています。

WIMIUSのスペック

1.フルHD対応、2.3200lm、3.コントラスト比2000:1、4.垂直補正が可能、5.USB/HDMI/AV/VGA/Y.Pb.Pr、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/リモコン

個人的にはWIMIUSは割と信頼しているメーカーですが、スペックだけで比較すると先ほどのLESHPの方が良さそうですね。

 

ELEPHAS LEDプロジェクター

聞きなれないメーカーですが、最近発売されたプロジェクターですね。他のプロジェクターと比べると形が少し独特でサイズ感も一回り小さいですね。

スペックも1080PのフルHD対応で明るく投影のスペックは高いですが、wifiもBluetoothも対応していないのでその点の使い勝手は微妙ですね。

ELEPHASのスペック

1.フルHD対応、2.3300lm、3.コントラスト比2000:1、4.補正の記載無し、5.USBx2/HDMIx2/AV/VGA/、6.Bluetooth未対応、7.リモコン

 

 

もう一つちょっとおもしろプロジェクター紹介します!

TopSuper® フルHD 

手のひらサイズの小型プロジェクターです。充電式でフルHD対応、 最大70インチまで投影が可能です。

TopSuper®のスペック

1.フルHD対応、2.30lm、3.コントラスト比800:1、4.補正不可能、5.USB/HDMI/AV/VGA/Y.Pb.Pr、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/充電式70分

本体サイズ的にハイスペックは期待していませんでしたが、思いの外数値上のスペックは低いですね。。。

部屋を真っ暗にしてなんとか見える程度ですかね。。。

これもチャレンジが好きな方におすすめします。←

 

 

1〜2万円のプロジェクターの特徴まとめ

  • フルHD対応(解像度:1280x800)
  • 1500〜3500lmまで
  • コントラスト比も良いもので3000 : 1
  • 垂直補正(台形補正)対応
  • 入力口は豊富(USB/HDMI/AV/VGA/Y.Pb.Pr)
  • Bluetooth対応機種も一部あり
  • wifiや3D、充電式などバラエティー豊か

この価格帯だと機能面ではwifi+Bluetoothなど高機能な機種もありますが、他のスペックとの兼ね合いはそこまで取れていない様子。

また、補正機能に関しても垂直補正はあるものの、水平補正に関しての対応はできていないようです。

1万円以下のモデルと比べると確実にスペックアップしているが、まだ「便利な機能」を取るか、「便利機能はないけど投影機能がハイスペック」を取るか。といったところです。またコントラスト比はまだまだ低いので色鮮やかな映像には遠いかもしれませんが、ルーメンが3000台クラスの製品などはかなり明るく鑑賞が可能だと思います。

この価格帯も今までの大手の日本メーカーが出してきた製品と比べるとかなりコスパが良いと言えると思います。

 

 

20,000〜50,000円の製品

この価格帯まで来ると買うのを悩まれる方も出て来るかと思いますが、今までの日本メーカーの製品と比べるとこの価格帯でもかなり安いです。(技術の発展って素晴らしい。。)

EUG 高解像度プロジェクター

目立った特徴はありませんが、価格の分だけ無難にスペックが上がってきていますね。ルーメン自体は下位のものとそこまで変わりませんが、コントラスト比が上がっています。つまり下位のものよりより鮮やかな映像が投影できます。

EUGのスペック

1.フルHD対応、2.3600lm、3.コントラスト比4500:1、4.垂直補正可能、5.USBx2/HDMIx2/VGA-In/AV、6.Bluetooth未対応、7.スマホ投影/天吊り

 

EUG 高画質プロジェクター

またしても、EUGのものになってしまったのですが、これは先ほどのモデルに+でWifiとBluetoothがついたような製品になります。その分お値段が上がっていますが、十分その価値を発揮できるかと思います。

EUGのスペック

1.フルHD対応、2.3600lm、3.コントラスト比4500:1、4.垂直補正可能、5.USBx2/HDMIx2/VGA-In/AV、6.Bluetooth対応、7.Wifi/スマホ投影/天吊り

 

EPSON プロジェクター EB-S05

5万円あればEPSONのプロジェクターも候補になりますね!本来はビジネス用のプロジェクターですが、家庭用としても十分使えます。

スペックに関してはやはりEPSON。。。コントラスト比が15000:1と他のプロジェクターより圧倒的に数値が高いです。さらに3LCD方式というEPSONの投影技術が採用されているため、他のプロジェクターより鮮やかな映像が投影できることが分かります。

どうせなら綺麗な映像で楽しみたいですしね!!予算があるのであれば、このクラスは欲しいですね。

EPSONのスペック

1.フルHD対応、2.3200lm、3.コントラスト比15000:1、4.垂直/水平補正可能、5.USB/HDMI/VGA/AV、6.Bluetooth未対応、7.3LCD/Wifiはオプションで可能/天吊り

ビジネス用途のため、Bluetoothは未対応となっているのが残念なところ。それ以外に関してはかなりの高スペックですね!

 

2〜5万円のプロジェクターの特徴まとめ

  • フルHD対応(解像度:1280x800)
  • 1500〜3500lmまで
  • コントラスト比も良いもので15000 : 1
  • 垂直補正(台形補正)対応
  • 入力口は豊富(USB/HDMI/AV/VGA/Y.Pb.Pr)
  • Bluetooth対応機種も一部あり
  • wifiや3D、充電式などバラエティー豊か

明るさの基準であるルーメンに関しては、1〜2万円台のものとそこまでの差はありません。しかし、コントラスト比が上昇しているため、より鮮やかで綺麗な映像が投影可能となっています。また、大手EPSONの製品もこの価格帯だと視野に入ってきます。

 

これより上位モデルは投影方式が高級仕様になっていたり、コントラスト比が更に大きくなったり映像の鮮やかさ、綺麗さが向上していきます。予算が許す範囲でできるだけ良い製品を探してみてください。

ただ、今回この記事に置いて紹介させてもらった機種はどれもAmazonで良い評価をされているものになるので、この中から選べば失敗はないかなと思います。

 

プロジェクターと一緒に買うべきもの 

このあたりは一緒に買っとくと良いと思います。

1.Fire TV Stick
2.Bluetooth対応のスピーカー
3.スクリーン

1.Fire TV Stick

一番のおすすめはこれ!!プロジェクターがwifiに対応してなくても、これをプロジェクターに指すだけでスマホ映像の投影もできるし、AmazonプライムビデオやHulu、NetFlix、Youtube、U-NEXTなどの動画を楽しむことができます。

で、まだプライム会員でないならこの際会員になるべき!月額たったの325円で映画・ドラマ見放題、音楽聞き放題、電子書籍読み放題で損することはほんとないです!

関連記事:Amazonプライムがお得すぎ!!メリットだらけで入らない理由が分からない!!

プロジェクターを購入する人はホームシアター目当てで買う人が多いと思うのですが、最近の映画はDVDももちろんですが、ほとんどがネット上のストリーミングサービスで鑑賞が可能で、その料金も月額たったの1000円とかです。

で、その主要なサービスは上記であげた、プライムビデオ・Hulu・NetFlix・U-NEXTが主流です。それらを全てプロジェクターで鑑賞可能にできるFireTvStickはプロジェクターとの相性が抜群と言うわけです。

ついでに今、挙げた映画やドラマが月額制で見放題のサービスに入るのもおすすめです。だいたいのサービスは無料体験が可能なのでその期間だけ契約とかかなりありかと。

関連記事:ホームシアターで観よう!!動画配信サービス(VOD)の特徴まとめ!無料体験も活用しよう!

 

2.Bluetooth対応のスピーカー

ホームシアター用のおすすめスピーカーを以下記事でまとめています。

関連記事:ホームシアターにおすすめのスピーカーシステム!!5.1chやワイヤレス対応機種も紹介!

 

3.スクリーン

白い壁があれば特段いらないのですが、一応買い忘れが内容に記載しておきます。

スクリーンも壁に固定するものだったり自立式のものだったり種類があります。そのため、設置する環境に合わせて選んできださい。

 

以上、長文になりました!

素晴らしいホームシアター生活を!!

 

関連記事:
プロジェクターでテレビは見れる!大画面でテレビを楽しもう!!
大きいテレビ買うより100インチのプロジェクターが絶対おすすめコスパ最高!