TAKEIHOー雑記特化型ブログー

雑記、仮想通貨、ホームシアター、資産運用などを紹介

MENU

【ふるさと納税】1万円で辛子明太子1kgに明太チューブ、ラーメンまでついてくる北海道増毛町の返礼品が素晴らしい

ふるさと納税してますか?

僕は去年からふるさと納税を初めました。いろんな人が言ってますが、これはやらない手は無い節税です。一人暮らしであれば1年間の米はふるさと納税だけで事足ります。

関連記事:ふるさと納税を110%お得に利用するには?ふるさと納税のメリットを最大限に生かそう!

 

去年は、米、肉、旅行券などをGETしました。米と肉は高還元で人気どころなのでとりあえず抑えておいて、旅行券はちょうど行きたかった草津温泉で使える券が還元率50%であったのでそれを利用して温泉旅行に行ってきました。

関連記事:草津温泉が最高すぎた(ふるさと納税で格安旅行)

北海道増毛町の辛子明太子の返礼品を注文してみた 

とまあなんともお得な制度なので今年も色々もらおうと思っているのですが、今回は辛子明太子1kgを貰ってみました!!!

個人的には結構おすすめできる返礼品です!

いつものごとく、ポイント狙いで楽天からの注文です。

やっぱり、ふるさと納税するなら楽天からするのが一番お得ですね。


【ふるさと納税】[A-023]人気No.1!辛子明太子たっぷりセット

 

 こちらは寄付金1万円で 

  • 辛子明太子1kg
  • ほぐしたらこ 辛子明太子味 130g
  • ましけ甘エビラーメン1食

返礼品としてもらえます。

還元率は、辛子明太子1kgが2000円相当、たらこチューブが1000円相当、甘エビラーメンが500円相当なので、だいたい25〜30%程度です。

ちょっと還元率が低めですが、内容的には満足できるかと思います。

(ここ数年盛り上がっているふるさと納税ですが、盛り上がりすぎて政府から規制がかかっています。そのため、規制上は、還元率30%がMAXとなるため、現在の肉とかの還元率が徐々に下がって行くことが予想されます)

  

辛子明太子1kgは圧倒的なビジュアル!!!

f:id:taaaaho:20170730155222j:plain

辛子明太子は冷凍で届きます。

来てすぐに開けてとったのでまだ凍っている状態です。

食べる際には冷蔵庫に入れて解凍してから食べます。

辛子明太子1kgのボリュームがあまりわかっていなかったのですが、だいたい30本(?)ぐらい届くようです。

それと+αで明太チューブとラーメンのセットです。

f:id:taaaaho:20170730155424j:plain

 さっそく解凍してみました。

f:id:taaaaho:20170730155517j:plain

いやー、いいですね。しっかりとした立派な明太子さんです!!←

そのままご飯に乗っけたり、パスタにしたり、サラダに混ぜたり活用できる幅が広いのも魅力です。正直男で一人暮らししてたら相当好きじゃ無い限り明太子買わないですからね!そういった点でも、普段買わないようなものを気軽に頼める(だって実質無料だし)のがふるさと納税の魅力ですね。

ほぐしめんたいことラーメンはまだ食べていませんが、試してみたらまた追記しますね。

 

明太子の活用例(調理例)

いや、ほんと明太子たまらんですわ。。。

そのままご飯に乗っけた図

f:id:taaaaho:20170730160022j:plain

 

明太子パスタにした図

f:id:taaaaho:20170730160108j:plain

 

明太子グラタンにした図

f:id:taaaaho:20170730160134j:plain

30本もあれば余裕で1ヶ月は持ちますね。

 

ふるさと納税の規制がキツくなる前に早めに頼んどいた方が良いよ

もともとふるさと納税は地域活性化のために実施されましたが、どこの自治体も自分のところへの寄付を集めようと思って魅力的な返礼品がもはや競い合われるように提供されて来ました。

その結果、以下のような問題が発生するようになりました。

  • 結局は返礼品が豪華な自治体にお金が集まる。
  • 豪華な返礼品を貰ってオークションなどで転売する人が出始める。

これらはもともとのふるさと納税の趣旨とは異なる内容となっています。

我々納税者からすると競争が激化して返礼品が豪華になるのは喜ばしいことですが、国としてはそうも言っていられません。

そのため、ふるさと納税が本来の目的にそうように、より各自治体にとって公平になるように規制をかけ始めています。

そこで、今年の4月には以下のような規制が出されました。

  • 寄付額に対して返礼品の額が3割以下とすること
  • 換金性の高いもの・資産性の高いものを返礼品としないこと

未だこれが守られていない自治体はありますが、ここに関してはどんどん規制が強くなっていくと思われます。

そのため、高還元率の返礼品は淘汰されていくでしょう。。

僕が去年返礼品として貰った「くさつ温泉感謝券」は寄付した金額の5割の額が群馬県草津町の大多数の施設で使える金券として返礼品がもらえたのですが、今年(2017年)の10月1日からは返礼額が3割になります。

今まで1万円の寄付で5000円相当の金券が貰えていたのが、3000円相当の金券しか貰えなくなるということです。

このように返礼品の縮小化が進んでいるため、申し込みは早めが大事です。

 

ふるさと納税でもらえる返礼品はこちらから確認できます。