TAKEIHOー雑記特化型ブログー

雑記、仮想通貨、ホームシアター、資産運用などを紹介

MENU

ふるさと納税やってない人必見!!ふるさと納税の4つのメリットを紹介!!

f:id:taaaaho:20171105110225j:plain

ふるさと納税もだいぶ一般化してきてきましたね。会社で周りの人に聞いても以前は制度自体を知らない人も多くいましたが、最近ではちらほらやっているという話しを聞きます。

みんながどこに納税して何をもらってるのか、おすすめの返礼品とか聞くのって楽しいですよね。ふるさと納税をまだしたことがないって人は絶対にした方が良いです。

ふるさと納税をやってないって人はどこか難しいイメージを持たれているかと思います。

「ふるさと納税ってなんか難しそう」

「節税って確定申告とか手続きが難しそう」

だけど実際には、ほんと驚くほど簡単にできるのでそのやり方や制度について簡単に説明します。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は、納税とはいいますが、地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できる制度のことをいいます。自分の生まれ故郷だけでなく、お世話になった地域や応援したい地方など、好きな自治体に寄付金を贈ることができるのが特徴です。そして、そのお礼として、その土地のお米やお肉といった特産品や名産品が「お礼品」として貰えることから人気を集めています。

参考:さとふる

この貰える「お礼品」がめちゃめちゃ豪華なので人気があります。納税なので支払った金額の大部分は返ってくるため、実質無料(※)で「お礼品」が貰えます。 
※自己負担金として、2000円かかります。

 

ふるさと納税の仕組みとは?

ふるさと納税の簡単な流れは以下です。

ふるさと納税の流れ

1.納税者が地方自治体に寄付を行う

2.納税をした地方自治体から「お礼品」と「受領書」が届く

3.ふるさと納税の申告を行う

4.所得税の還付や個人住民税の控除が受けられ、実質の負担金が2,000円にできる

※所得税の場合は当年分から、個人住民税の場合、翌年6月以降分から減額されます

 

上記の説明でも分からない方に簡単に説明すると、

「税金の先払いをして申請すると、高級なお肉やお米などのお礼品が2,000円の負担で貰える」

ってことです!!つまり2,000円でいろんなもの貰える

なんとなくイメージ分かりましたか?

 

ふるさと納税の4つのメリットとは?

先ほど、ざっくりとした流れやらメリット的なことを書きましたが、まとめておきます。

 ふるさと納税の4つのメリット  1.寄付するとお礼の品が貰える
2.「確定申告」または「ワンストップ制度」の申請で税金還付・控除
3.寄付する自治体・用途が選べる
4.複数自治体に寄付できる

 

1.寄付するとお礼の品が貰える

ふるさと納税は地方自治体への寄付金制度のことであり、寄付を行うことでお肉やお米、果物、お酒、家電などのお礼の品が貰えます。

各自治体によってお礼の品は異なります。

 

2.「確定申告」または「ワンストップ制度」の申請で税金還付・控除

サラリーマンの方であれば、「ワンストップ制度」を利用することで、税金の還付・控除が行えます。つまり、寄付したお金の大半が返ってきます。そのため、自己負担金額は2,000円のみです。

ワンストップ制度も書類1枚にマイナンバーとか簡単な内容を記入して寄付を行った自治体に送付するだけの簡単な手続き。書類を書くだけなら5分程度で完了します。返送用の書類を入れてくれているところもあるのでほとんど手間はかかりません。

 

3.寄付する自治体・用途が選べる

寄付をどこにするかは返礼品で選ばれることが多いですが、単純に地元を発展させたいという目的で地元の自治体に寄付を行うこともできます。

ふるさと納税ができる前までは住んでいる自治体への支払いがほぼ強制的だったので特に地方の税収が少なくなるという問題がありました。

お礼の品ばかりが取り上げられていますが、実際にはその問題を解決するために作られた制度がふるさと納税です。

 

4.複数自治体に寄付できる

寄付を行う自治体は複数の自治体を選ぶことができます。「ワンストップ制度を利用する場合は5つの自体まで」といった制限もありますが、従来住んでいる一つの自治体にのみ納めていた税金を応援したい自治体に分散させることができます。

もちろん、お礼の品も複数の自治体からもらうことができます。

 

 

ふるさと納税の手順は?

具体的な手順について説明します。

ふるさと納税の手順 1.ふるさと納税の控除上限額を調べる
2.ふるさと納税のサイトから欲しい返礼品が貰える自治体を選ぶ
3.クレジットカードなどで決済を行う
4.後日、「お礼の品」と「受領書」と「ワンストップ制度申請書類」が届く
5.「ワンストップ制度申請書類」に必要事項を記入の上、送付する

以上で一連の流れは終了です。

 

上記でわかりにくい点について説明します。

ふるさと納税の控除上限額の調べ方

「ふるさと納税は簡単に言うと、税金の先払い」と言う話しを先ほどしたかと思いますが、税金の納税額は納税者の所得によって変動します。

そのため、ふるさと納税で寄付して還付・控除される金額も個人によって異なります。

なので、まずは自分がいくらまで寄付することが可能かを知る必要があります。

控除金額はシュミレーターを利用することで簡単に計算することが可能です。

寄付上限額を計算する>>>控除金額シミュレーター

 

ふるさと納税はどこからどうやって行うのか

「ふるさと納税のサイト」ですが、いくつか存在します。

有名どころとしては「さとふる 」などがありますが、僕のおすすめとしては楽天から行える「楽天ふるさと納税」です!!

理由は、「楽天ふるさと納税」は楽天ポイントが溜まるからです。

 

「さとふる」と「楽天ふるさと納税」は何が違うの?

 それぞれメリットがあります。

「さとふる」のメリット

 ・多くの自治体、返礼品が掲載されている。
  →返礼品の掲載数は楽天より多いです。ニッチな返礼品もあります。

 ・ふるさと納税に関する情報が多い。
  →ふるさと納税に特化したサイトのため、情報が洗練されています。

 さとふる公式サイト>>>納税で高級和牛を!さとふる

 

「楽天ふるさと納税」のメリット

 ・ふるさと納税でポイントが溜まる。

  →自己負担金2,000円を超えるポイントゲットも可能です。

 ・楽天の会員であればすぐにふるさと納税が行える。

  →ふるさと納税用に会員登録をするなどの手間が省けます。

 楽天ふるさと納税公式サイト>>>楽天ふるさと納税

 

ワンストップ特例制度とは

確定申告を行わずに税金の還付・控除が行える制度です。2015年から施工されています。この制度ができる前はふるさと納税をした際には確定申告が必要でした。

しかし、確定申告って記入することも多くなかなか手間な作業になります。
そこでもっと手軽にふるさと納税が行えるようにするためにできたのが「ワンストップ特例制度」です。

ワンストップ特例制度は以下の2つの条件を満たす方が対象です。

 ・1年間のふるさと納税寄付先の自治体が5つ以下

 ・確定申告をする必要がない方(※)

※今まで確定申告してないよって人は基本的にはする必要がない方です。
※参考までに確定申告をする必要がある方を簡単に記載すると、
  ・給与所得を2ヶ所以上からもらっている。
  ・給与所得が2,000万円を超えている
  ・配当や不動産などでの収入が年20万円を超えている

もし、上記の条件のいずれかに合致する場合には、確定申告が必要になるため、ワンストップ特例制度は利用できません。(あまりいないと思いますが)

 

寄付を行うと、寄付先の自治体から「特例申告書」が送られてきます。

そこに住所・氏名・マイナンバーなどを記入し、マイナンバーカードや運転免許証のコピーを同封して送付するだけで完了です。

 

まとめ

  • ふるさと納税は自己負担金2,000円でお肉やお米、果物がもらえる制度
  • ネットショッピングの感覚でふるさと納税はできる
  • 送られてくる書類に必要事項を記入して返送するだけで手続きはOK
  • 楽天ふるさと納税なら楽天ポイントも溜まって更にお得!

いかがでしたか。

ふるさと納税って「納税」って言葉が付いている分ちょっとややこしいイメージがありますが、実際にやることはネットショッピングとほぼほぼ変わりません。

僕はふるさと納税をしてからお米を買う必要がなくなりました。

更に高級肉や明太子、いくらなど普段買わない豪華な食材まで貰っています。

 

f:id:taaaaho:20171105105442p:plain

最近申し込んだやつを3つほど。楽天ポイントがもらえるので買い回りのタイミングに合わせて一気に頼みました!!おかげでポイント9倍。これだけで3,600円分のポイントゲットです!!!

ふるさと納税のおかげで節税どころか逆に資産が増えています。←

 

誰でも利用できる制度なので、ぜひ有効活用してください。

 

以上