TAKEIHOー雑記特化型ブログー

仮想通貨、ホームシアター、カメラなどを紹介

MENU

【XVG(ヴァージ)】人気沸騰中の匿名通貨のメリットとは?世界最大手の取引所「Binance(バイナンス)」で購入可能!!

以前に記事にしたToken Payの話しの中でもチラチラと登場させていた匿名通貨「XVG(VERGE)」を紹介します!

コイン自体のスペックが高いだけでなく、マカフィーなどの著名人からも愛される仮想通貨は今後の高騰も期待できるため、注目の仮想通貨です。

XVG(ヴァージ)とは

絶賛ICO中の人気通貨Token Payやコインチェックで購入可能なDash、Moneroなどと同様に匿名系の仮想通貨の一つです。

匿名系通貨はビットコインの課題であるセキュリティー面が優れているため、近年全体的に価格が上昇している傾向があります。(といっても、今はほぼ全ての通貨が上昇ですが。)

f:id:taaaaho:20171219235639p:plain

XVGは既に実用化もされているため、今後の伸びが期待できます。

今はまだ、1XVG=7円とかなのでかなり買いやすいですね!
※2017/12/24時点で一時30円を超えています。

 

XVG(ヴァージ)の特徴

XVGは他の仮想通貨や匿名通貨にはない特徴がいくつかあります。

ブログに中毒性がある

最初にこれを持ってきてすみません。。後の説明で引用したりするのでちょっとウォーミングアップがてら紹介させてください。

Verge Japanの公式ブログがあるのですが、そのブログがなかなかはっちゃけてます。

medium.com

一度読むとわかるのですが、かなり癖のある文章です。。が、ハマります。←

さて、前置きは済んだので次から真面目に紹介していきます。

 

透明性と匿名性の共存「レイスプロトコル」

これがXVGの特徴とも言える機能で、XVGで送金や決済をするときに匿名・非匿名を選ぶことができます。

簡単な図で説明すると以下のような感じです。

f:id:taaaaho:20171220002753p:plain

この機能は何に使うのかって点は先ほど紹介された公式ブログから引用します。

え、でもプライベートとパブリックの両方なんて要ります…??

(そりゃオトナなら色々あるだろ)そうですね!では、チルドレンにもわかる事例をご紹介しますね?

パブリック:
たとえば、営業チームのミーティングランチを税務費用として書き留めたい時。レイス・プロトコルをオフにして通常のTorのブロックチェーンで取引を完了し、それを一般に見えるようにします。将来この取引の証拠が必要な場合、それを見せれば良いだけです。

プライベート:
例えば、匿名でスタートアップに大金を投資したいとき。第三者機関を介さず、かつ詮索の目を避けるためにクロスチェーンアトミック・スワップを使用します。そしてトランザクションの追跡を防ぐためにレイス・プロトコルをオンにしてステルス・アドレシング機能を有効にします。極めつけは、文体の癖から人物を特定するスタイロメトリーのような監視プログラム( PRISM/LEO)を避けるため、暗号化チャット(VISP)を通して取引の商談を進めます。

イカしたメンバーを紹介するぜ!あと、重要っぽい話とかその他色々。(レイス・プロトコル11月6日リリース!)

活用方法は他にも結構あるかなと思います。この機能の必要不要はともかく面白い機能だなと言うところ。

 

取引所を介さない取引「アトミックスワップ」

これもレイスプロトコルに続いてなかなかすごい機能。。

取引所を介さずに個人間での仮想通貨の取引が可能になると言うものです。

ブログから簡単な図を引用

f:id:taaaaho:20171220004716p:plain
※画像引用:ATOMIC アナウンスメント&クラウドファンドキャンペーン – VERGE JAPAN official blog – Medium

 

処理速度が早い

RSKスマートコントラクトを使用することで、秒間400件の処理を可能とします。また、最終的な目標としては、Luminoと呼ばれる2層レイヤーの技術を使用することで秒間2,000件の取引を処理可能とします。

これって地味にかなりすごいこと。今現在のビットコインの処理速度は、6〜7件/秒となっており、取引が頻繁に発生するとよく処理が追いつかなくて送金がなかなか完了しないといった事象が発生しています。

2,000件/秒はクレジットカードレベルの決済速度であるため、今現在抱えているビットコインの問題すら解決できるような技術になります。
※Luminoの技術はまだ研究中で、ライトコインで試験が行われているようです。

XVGはただの匿名通貨でなく、機能面でもかなり優れた匿名通貨と言えます。

  

取り扱っている取引所が多い

f:id:taaaaho:20171220005728p:plain

現在21の取引所でXVGが入手可能です。

更に大型取引所への上場も狙っているとのこと。。

まぁ最近Binanceが世界最大手の取引所になりましたけどね!扱う取引所が増えればそれだけ価格も上がりやすくなるので保持者としては嬉しいことです!

現状XVGを買うなら、扱いやすさや手数料、日本語対応などを考えるとBinance一択ですね。

 

既に実用化されている

f:id:taaaaho:20171220010503p:plain

日本ではまだ使用できるところはありませんが、実際に実用化されています。今後も実用化は進めていくらしく、さらなる価値上昇が期待できます。

運営がちゃんとしているとユーザーとしてもかなり期待できます。

 

公式キャラクターが可愛い

ここも個人的に気に入っているポイントで、DiscordのチャットやTelegramなどでコミュニケーションが活発に行われているのも良いのですが、何より公認のキャラクターのバージリスクが可愛い!!

f:id:taaaaho:20171220005346p:plain

公式のTwitterアカウントもあります。ブログの雰囲気同様割と適当な感じです。ただし良いキャラしてる。

f:id:taaaaho:20171220010621p:plain

なんと、LINEスタンプまで販売されています。。。

 

あのマカフィーが名指しで推している

セキュリティソフトで有名なマカフィーさんは匿名仮想通貨推しでTwitterでは名指しでXVGについておすすめコインとして発言されています。

 

1年間で1,900倍の価格に高騰

実際にこの一年で価格はなんと1,900倍に!!1年前に10万円買っておけば今頃億り人ですねー。。。これだから仮想通貨は夢があります。 

既にコインチェックなどで扱われている匿名仮想通貨のMONEROは現在4万円、DASHは13万円を超えているため、現在最高値で30円のバージはまだまだ将来性がありますね!

今から1000円になるだけでも30倍!10万円分買っておけば300万ですね!

 

まとめ

XVGは今までの匿名通貨とは一線を画す通貨であることがわかったかと思います。

レイスプロトコルやアトミックスワップはまだ実装前とのことなので今後進展があるごとに価格の高騰が期待できます。

1桁円の内に買っておきたい通貨ですね!

XVGを買うならBinance一択です!

※Binanceでは日本円で直接購入はできないので、ZaifCoincheckなどでビットコインを購入して送金する必要があります。

 

関連記事