TAKEIHOー雑記特化型ブログー

仮想通貨、ホームシアター、カメラなどを紹介

MENU

【Altcoin.io】アトミックスワップ搭載の分散型取引所(DEX)とは?GOXリスク無しの次世代型取引所!

f:id:taaaaho:20180128010938j:plain

コインチェックで過去最大規模のGOX(ハッキング被害)がありましたね。。

被害額は当時の時価で580億円と言われており、今回の事件で取引所のセキュリティに不安を覚えた方も多いと思います。

関連記事:コインチェックで580億円相当のGOX(ハッキング)被害!原因と今後の対応は?

そこで注目を浴びているのが「分散型取引所(DEX)」です。

分散型取引所は、通常の取引所と違いハッキングなどの恐れが極めて低いなどのいくつかの特徴があります。

今回は今現在事前登録実施中のAltcoin.ioを紹介します。

Altcoin.ioとは

altcoin.ioはブロックチェーン上に展開される分散型取引所(DEX)になります。

現在開発中となっており、2018年初頭にオープンの予定となっています。

つい先日から事前登録が開始されており、オープンして混雑する前に早めの登録がおすすめです。

Altcoin Exchange | Decentralized Exchange via Atomic Swaps

 

分散型取引所(DEX)とは

f:id:taaaaho:20180128011107p:plain

近頃Twitterでもちらほら目にすることがあるのでは無いでしょうか。

DEXは、「Decentralized Exchange」の略であり、直訳すると「非中央集権型取引所」となります。

非中央集権てもちろん聞いたことありますよね?

ブロックチェーンの仕組みそのものです。

DEXというのはブロックチェーン上に展開される取引所のことを指しています。

 

対して、管理者がいる取引所を中央集権型の取引所と言ったりします。

日本にあるコインチェックやzaifなどは全て管理者が存在する中央集権型の取引所になります。

管理者がいることによって、GOXなどのハッキング事件の被害に会う可能性があります。(カウンターパーティーリスク)

DEXの場合、そう言った管理者がいることによるリスクというのを排除して仮想通貨の取引が行えるようになります。

もちろんそう言ったメリットがあればデメリットも存在するので以下にAltcoin.ioの

 

Altcoin.ioの特徴

大きく2つの特徴があります。

それが「分散型取引所であるという点」「アトミックスワップに対応している点」です。

この2つが利用できることにより、高セキュリティで自由度の高い取引が可能となります。

分散型取引所(DEX)のメリット

秘密鍵を自分で管理し、ウォレットからの直接取引が可能です。

取引所に資金をおく必要が無いため、GOXによって資金が失われることもありません

本人登録も不要となっており、資産を慎重に運用したい方におすすめの取引所となっています。

また、間に取引所が入らないため手数料が発生しません

あくまでもブロックチェーンを利用するだけで個人間の取引となるためです。

 

分散型取引所(DEX)のデメリット

取引の度にブロックチェーン上に直接取引の記録を行うので取引速度が遅いです。

ただし、ここに関してはオフチェーンという仕組みを使うことによって技術的に解決が可能となっています。

Altcoin.ioではRAIDENと呼ばれる仕組みでここを実現しようとしています。

f:id:taaaaho:20180128011143p:plain

これが実現されれば、取引速度の問題は解決されます。

 

アトミックスワップのメリット

まずアトミックスワップとは何ぞやというところですが、大石さんの記事に詳しく記載があります。

アトミックスワップとは、相手を信用する前提をおかずに、互いのコインを交換することができるという手順である。

アトミック・スワップが拓く4つの未来 | ビットコイン研究所

簡単にいうと、個人間での仮想通貨の取引が行える技術になります。

さらに現在は異なる仮想通貨を直接やりとりできる「クロスチェーンアトミックスワップ」という技術も一部の通貨では成功しています。

これができることによって、大石さんの記事にも記載がありますが、以下のようなことが可能となります。

BTCは手数料が高く遅いが、安全が高い。通常はBTCに資産をおいておくが、必要なときに小銭をくずして高速なLTCで支払い等を行い、残った分を戻す、という使い方が可能がしたい。

アトミックスワップを使うと、BTCからLTCにスワップし、LTCで支払いなどをおこなったのち、最後はBTCに戻す、という使い方が可能になる。

つまり、利用用途に応じて好きなチェーンに乗り換えて利用するという使い方ができるようになる。

これはかなり夢がある話しで、仮想通貨の普及にはアトミックスワップの普及が重要であることがわかります。

 

アトミックスワップのデメリット

アトミックスワップに対応している通貨が今現在では少ないです。

現時点ではビットコインやライトコイン、モナコインなどの一部の通貨のみが対応しています。

クロスチェーンアトミックスワップが成功したのは、ビットコインーアルトコイン間になります。

つい最近はライトコインーモネロ間でのアトミックスワップの対応が進んでいます。

今後はアトミックスワップ対応通貨も次第に増えてくることが予想されます。

 

24時間体制のサポート

f:id:taaaaho:20180128011255p:plain

ここは公式サイトで挙げられているメリットです。

実際に稼働して使ってみないとわからないですが、あらかじめ取引所の方からこのように明言されているのは安心感が持てますよね。

 

驚くべき使いやすさ

f:id:taaaaho:20180128011425p:plain

こちらも公式サイトからですが、Altcoin.ioではUXを意識した作りとなっているようです。

デモサイトが公開されていますが、ざっくりとしたUIは以下のような感じ。

f:id:taaaaho:20180128012005p:plain

面白いのがUIの組み換えが行えるという点ですね。

自分の見やすい画面にカスタマイズできるようです。

うーむ、まぁカスタマイズするかは分かりませんが、今までの取引所にはなかったような仕組みなので面白さはありますね。

f:id:taaaaho:20180128012125p:plain

 

Altcoin.ioの全体像

細かい仕組みは分かりませんが、全体的な構成は以下の図のようになっているようです。

f:id:taaaaho:20180128012352p:plain

 

Altcoin.ioの取り扱い通貨

公式からは未だに公表がされていませんが、取り扱い通貨の上場投票が行われています。

Altcoin.ioの上場投票はこちら

 

Altcoin.ioの事前登録方法

現在は開発中となっていますが、事前登録が可能となっています。

メールアドレスのみで事前登録が可能となっており、1分で登録が完了できます。

以下のページから登録が可能です。

Altcoin.ioの事前登録はこちら:Altcoin Exchange

 

開発状況はブログで報告がされています(英語ブログ)

Altcoin.io Exchange – Altcoin.io Exchange

 

関連記事