TAKEIHOー雑記特化型ブログー

雑記、仮想通貨、ホームシアター、資産運用などを紹介

MENU

プロジェクターって明るいの?2200ルーメンってこんなもの!!

 

プロジェクターでホームシアターって憧れますよね。ただ、正直プロジェクター選びは難しいです。家にセットして実際に見てみないと本当に良いかどうかは分かりません。プロジェクターのスペックって分かりにくいんですよね。。。。今回はプロジェクターのスペックの中でも気になる人が多いであろうルーメン(明るさ)について私が所持しているプロジェクターを用いて解説します。

スペックの見方については以前に紹介しているので参考にしてください。

 

ルーメン(lm)とは? 

LEDの明るさの単位になります。照明器具はW数で明るさが決まっていましたが、照明の主流がLEDとなり、W数だけでは判断できなくなったため、ルーメンという単位で記載されています。一般電球の60Wが約810lmと言われています。

 

プロジェクターとしては1000lmのものから4000lmを超えるものまであります。ホームシアターとして使用されるものには2000〜3000lmのものが多くあります。私が所有しているプロジェクターはホームシアターの入門機と言われるタイプになりますが、2200lmとなっています。

2200lmってどれだけ明るいの? 

  • 部屋を暗くした場合
  • 日中に光が入ってきている部屋の場合
  • 蛍光灯などの照明をつけている場合

※スクリーンを使用せずに白い壁に対して写しています。壁から2メートルほど離し、80インチ程度のサイズです。

部屋を暗くした場合

恐らくは部屋を多少暗くして観る方が多いと思うのでこれが標準になるかと。正直この場合は思っていたよりもかなり綺麗に観れました。特にアニメ映画などのコントラストが強い作品に関してはかなりくっきりです。ドラマや実写映画で全体的に暗いシーンなどでも部屋を暗くした状態だとかなりはっきり観れます。

f:id:taaaaho:20170804015219j:plain

アニメ映画はこんなにくっきり

 

f:id:taaaaho:20161224025243j:plain

実写の暗めのシーンでも普通に観れます

 

 

日中に光が入ってきている部屋の場合

この状態だと明るいシーンやコントラストが強いアニメ映画でないと少し観にくいかなと感じます。日中にカーテン等閉めずに観賞したい場合はルーメンの値がさらに高いものの方がお勧めになります。

f:id:taaaaho:20161224025601j:plain

日差しが左側から入ってきています。全体的にちょっと白っぽくはなりますが、まだ観れる範囲内です。

 

f:id:taaaaho:20161224025713j:plain

こちらも同様に全体的に白っぽくなります。

 

蛍光灯などの照明をつけている場合

あまりこのようなシーンでプロジェクターを使用するかは分かりませんが、照明がっつりつけている場合だと見えないことはないですが、かなり白っぽくなってしまいます。

f:id:taaaaho:20161224025919j:plain

かなり白っぽさが目立ちます。。。

 

※映画シーンのはこれより見辛かったので、写真すら撮りませんでした。。

 

プロジェクターに適した環境とは?

2200lmの機種の場合、投影している画面に直接光が当たるとかでない限りは日中でも使用は可能かなと思います。ただ、くっきりはっきり観たいのであれば、カーテンを閉めるなり、ある程度外からの光を遮る必要があります。光を遮っている状態であれば、どのような映画でも綺麗に楽しむことが可能です。

 

また、10万円未満の製品に関しては黒の描画が弱いと言われているため、日中カーテンを開けた状態では暗いシーンなどは少し見辛くなります。。比較的明るい環境で観ることが多いのであれば、よりルーメンとコントラスト比が高い上位機種をおすすめします。

 まとめ

  • 直射日光がスクリーンに当たらなければ特には問題なし。
  • 暗くすればテレビと変わらないぐらい綺麗。
  • 蛍光灯とか照明つけた状態で観るなら3000lm以上は必要。

 

ぜひ、参考にしてください。

※お手軽ホームシアターにはプロジェクターとFire TV Stickの組み合わせがおすすめです。